今日のヒマール

革小物制作と店の日々。

Archive for the ‘himaar(2017年からの店)’ Category

月1ヨガ空き募集

コメントなし

からだづくりワークショップ「月1ヨガ」に久しぶりに空きが出ましたので、1名ですが新規参加者を募集します。
*「月1ピラティス」は現在満員です。

講師は小松美保さんです。

日時:毎月1回、第3または第4木曜の18:30〜19:30(展示会の開催等によりずれる場合もありますが、必ず木曜に実施)。
次回は、1月31日(木)です。

参加費:1,500円(ミニドリンク付き)

持ち物:ヨガマット(どなたも必ず)、レッスン中の水分補給用飲み物と汗拭き用タオル(必要と思われる方)
*動きやすい服装で。着替えをしたい方はトイレをご利用ください。

お願い:
・喫茶スペースで行ないます。床はフローリングで、ワークショップ前には清掃しますが、ふだんは土足のスペースであることをご了承ください。
・男女混合レッスンになります。店の者も参加しますことをご了承ください。
・月1回のペースで実施していますが、続けることも大切なレッスンであることから、参加者は前回参加者を優先して受け付けています。新たな参加者募集は定員に空きが出た場合のみ行ないますので、ご理解いただけますようお願いします。
・2回続けてお休みされる場合、またはご連絡なく欠席された場合には、一旦メンバーから外れていただくようお願いしています。ご了承ください。

募集人数:1名(先着順。大人を対象にしたワークショップです。お子様連れの参加は原則できません。)

お申し込み:メールまたは店頭でお申し込みいただけます。
メールはこちらのお問い合わせフォームより、「ヨガ希望」と明記のうえ、以下の必要事項を書いてお送りください。

1.お名前
2.ご住所
3.電話番号
4.メールアドレス

ご参加をお待ちしております!

投稿者: (じ)

1月 6日, 2019 at 10:45 am

カテゴリー: himaar(2017年からの店)

2019年はじまり!

コメントなし

新年あけました。
2019年もよろしくお願いします!

店の営業は明日5日(土)から。
仕入れや展示替えなどを今日のうちに済ませ、新年初日のご来店を迎える準備万端です。
ヒマールは2019年も何屋だかわからない感じで、新たな試みにも手を出して、たのしいことをさらにいろいろ、たくさんお届けしていく予定です。
ぜひ一緒にたのしんでくださいね!

まずは、今年のおたのしみ第一弾、2月のリクオさんライヴにご期待ください!!
ファンの方に喜んでいただけることは間違いないですが、初めての方にみてもらうことを考えたら、もうなんか自然と顔がにんまりしてしまって〜。それくらいたのしみでわくわくするライヴですー!ぜひご一緒に!!

 

 

【1月の店休日】
毎週月曜+15日(火)と29日(火)

投稿者: (じ)

1月 4日, 2019 at 4:21 pm

カテゴリー: himaar(2017年からの店)

十二月の静謐を終えて、一年の感謝を

コメントなし

北岡幸士陶展「serene 十二月の静謐」にご来場くださったみなさま、ありがとうございました。
北岡さんとのつきあいはかれこれ6〜7年になりますが、今回初めて個展をお願いして、引き受けてもらえて本当によかった。北岡さんが作り続けて定番となってきたものの安定感と、新たな試みから生まれてきているものへの期待感とを見せてもらえた、とてもよい展示だったと感じています。北岡さん、ありがとうございました。

さて、店の営業はまだ29日まで続きますが、2018年もあとわずか。
今年もヒマールにおいでくださったみなさま、本当にありがとうございました!
いろんな意味でなかなかにわかりにくい店だと思うのですが、みなさんがそれぞれに好きなところをみつけて通ってくださること、心から有り難く思っています。
作品や演奏を届けてくださったりワークショップの指導をしてくださったり、さまざまなかたちでヒマールに関わってくださる方々にも、心からの感謝を。なかなかブレイクしない店なもので(苦笑)申し訳なく思うことも度々ですが、引き続きどうかよろしくお願いします。
店と私たちふたりのことを気にかけてくれている友だちと家族にも、この場でお礼を。いつもありがとう。今年もなんとかがんばったよ。

今年最後の展示「serene 十二月の静謐」というタイトルには、私なりにいろんなおもいを込めました。
すべての人がひとときでもおだやかに過ごされ、そして希望ある新年を迎えられるよう、心から祈っています。

【年末年始の営業】
26日(水)〜28日(金)12:00〜18:00
29日(土)12:00〜15:00
30日(日)〜1/4日(金)休み

新年は5日(土)より通常営業いたします。

投稿者: (じ)

12月 25日, 2018 at 7:00 pm

カテゴリー: himaar(2017年からの店)

12月と2019年1月の読むロバの会

コメントなし

今日は12月の読むロバの会(読書会)でした。
参加者は7名。ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。

今月は。同じ課題図書を読んできて感想などをおしゃべりしあういつもの読書会ではなく、昨年に続いて12月の恒例にしたいと思っている「今年読んだ中で一番おもしろかった本・人におすすめしたい本」をお互いに紹介しあう読書会でした。
7名それぞれが紹介した本はこちら。

「ネバー・ホーム」レアード・ハント著/柴田元幸訳
「優しい鬼」レアード・ハント著/柴田元幸訳と「子どもの『手づかみ食べ』はなぜ良いのか?」山口平八・清水フサ子著
「鳥の物語」中勘助著
「ぼくらが漁師だったころ」チゴズィエ・オビオマ著/粟飯原文子訳
「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」新井紀子著
「岩国市史」
「風が強く吹いている」三浦しをん著(写真には森見登志彦の「熱帯」がかわりに写っています)

それぞれの人から、なぜその本がよかったのか、どうおもしろかったのか、という話を聞いていたら、全然知らなかった本、書店や図書館で見ただけだったら興味を持つこともなさそうな本も、それぞれになんとなくおもしろそうに思えてきて、読んでみようかなーと思うのですから、ふしぎです。
これはまた来年も、恒例にしたいですね。

さて次回、2019年1月の読むロバの会は…
日時:1月23日(水)18:00〜(1時間程度)
課題図書:「墨攻」酒見賢一著(文春文庫)と「墨子」森三樹三郎訳(ちくま学芸文庫)

小説「墨攻」と、小説を読んだらもっと知りたくなるであろう「墨子」の思想を2冊あわせて読んでみましょう。
2冊読めない方は、まずは小説「墨攻」からどうぞ。

読むロバの会は月に一度開催している読書会です。毎月の課題図書を各自であらかじめ読んできて、その感想などをおしゃべりしています。喫茶1ドリンクのご注文で、参加費無料・ご予約不要でご参加いただけます。どうぞお気軽に参加してみてくださいね。

投稿者: (じ)

12月 12日, 2018 at 10:04 pm

12月のおたのしみと店休日

コメントなし

12月ですよ。びっくり。
年末といっても店としてはまあ棚卸しがあるくらいで、そのほかはいつもどおり、なんの区切りも終わりもあるわけじゃないので。世の中の師走感とは無関係に、今月もゆっくりと静かな店をおたのしみいただこうと思います。

そんなヒマールが2018年の最後にお届けするおたのしみは、こちらの展示会。
北岡幸士 陶展「serene 十二月の静謐」

福岡から北岡さんをお迎えして、静かなうつわをご覧いただきます。
クリスマスの賑やかさや年末の慌ただしさからちょっと離れて、どうぞひと息つきにいらしてください。
初日15日(土)は北岡さんが在店されますので、ちょっとだけ賑やかだと思います。北岡さん、話し始めるとよくしゃべる人なので、ぜひ話しかけてみてくださいね。

【12月の店休日】
毎週月曜+11日(火)
*24日(月)は営業します。
*26日(水)〜28日(金)は12〜18時、29日(土)は12〜15時の短縮営業です。
*30日(日)より年末年始休み。

今月もお出かけをお待ちしています!

投稿者: (じ)

12月 1日, 2018 at 11:39 am

カテゴリー: himaar(2017年からの店)

11月と12月の読むロバの会

コメントなし

昨日は11月の読むロバの会(読書会)でした。
参加者は6名。ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。
課題図書はジョセフ・コンラッドの「闇の奥」。
黒原敏行訳の光文社古典新訳文庫で読んできた人が4名、中野好夫訳の岩波文庫で読んできた人が1名、両方を読んできた人が1名。読み較べると、やはり新しい訳のほうが読みやすいようでした。
が、読めるし、話の筋もわかるんだけれども、うーむ……というのが全員に共通した感想で、「難解」と評されるのはこういうことだったのか?と。
みなさんといろいろ話していて、そうか!120年も前に発表された小説なんだ、と気づかされてハッとしたことをここに記しておきます。

さて次回、12月の読むロバの会は……
日時:12月12日(水)18:00〜(1時間程度)
12月は課題図書はありません。昨年に続き、毎年恒例にしたいと企んでいる「今年読んだ本の中で一番おもしろかった本・人におすすめしたい本」を紹介しあう回です。
あなたが今年読んだ本の中から一冊(ジャンルは問いません。漫画や冊子のようなものでもOK。課題図書以外で!)を持ってご参加ください。
ご予約不要、参加費無料、喫茶1ドリンクのご注文だけお願いいたします。
初めての方もぜひ。ご参加お待ちしています!

投稿者: (じ)

11月 28日, 2018 at 1:41 pm

「リクオ&ピアノ2019」live@himaar開催決定!

コメントなし

リクオさんのライヴをみるたび「岩国のみんなに見せたい!」と思ってきました。
さあ、ついに見ていただきますよー!
岩国初登場!ヒマール初のピアノライヴでもあります。
初めての人も絶対にたのしい!どなたにも心からおすすめします!!

おなじみ「ブロッコリグリル」のおいしい料理とお酒、「ヴェールジョーヌ」の焼き菓子もご用意しますので、金曜の夜、お仕事帰りの方も安心しておなかをすかせてどうぞー。

「リクオ&ピアノ2019」live@himaar

日時:2019年2月8日(金)18:30開場/19:30開演
前売:3,000円/当日:3,500円(いずれも要+1ドリンクオーダー)

前売り券のお求めは、1.店頭販売2.電話予約(0827-29-0851/月曜定休+不定休あり/10-19時)、3.メール予約(名前・枚数・電話番号を明記のうえ、info@himaar.comまで)、以上のいずれかをご利用ください。

ご来場お待ちしています!!!!!

投稿者: (じ)

11月 27日, 2018 at 10:17 pm

ホットアップルシナモン、はじめました

コメントなし

昨日あたりからぐぐっと気温が下がって、季節は秋からもう冬ですね。
店の喫茶では冬季限定ドリンク「ホットアップルシナモン」、はじめました。
シナモンが苦手な方は「シナモンなし」にもできます。
シナモン好きな方は気持ち多めにしますのでリクエストしてください。

冬になると変わること。

挽いた豆が静電気でものすごく飛び散るようになる。ので、今年は試しにコーヒーミルにアルミ箔を巻いてみました(効果がある、と書いてある記事を見て)。効果は、うーん、ちょっとはある、ような気がする、かな。

私は土踏まずがすーすーしてくると靴下を2枚重ねばきにします。素材もウールに。
もっと寒くなったらズボンの下にスパッツを履きますが、一度履くと春までもう脱げなくなってスパッツ生活が長くなるので、こちらはまだギリギリまで我慢しているところ。

朝にしていた洗濯を夜するようになり、部屋のエアコンの風が当たるところに干します。すぐ乾くし、室内の乾燥も防げて一石二鳥。綿ぼこりが増えるのと、急に人が遊びに来たときに慌てるのがマイナスポイントだな。

入浴剤はエッセンシャルオイル入りのバスソルトが好きで使っているのですが、冬は無性にザ・入浴剤の湯に浸かりたくなります。去年は「日本の名湯」(だったと思う)のシリーズが気に入りでした。

私は夜に豆乳を飲んでいて、冬はもちろん温めて。そのときに、はちみつひと舐めが加わります。セイヨウミツバチの百花蜜か、去年は高麗人参入りも試して、今年もそれを舐め始めました。夫は豆乳は飲みません。はちみつはお湯に溶いて飲んでいます。

寒いのが苦手で、とにかく暖かく過ごすことを最優先で考える冬。
ちょっとした風邪をひくくらいはまあ仕方ないとして、インフルエンザや酷い風邪には罹らないように気をつけて乗り切りたいと思います。
みなさんもどうぞお元気で!愉しい冬を!!

投稿者: (じ)

11月 23日, 2018 at 5:52 pm

カテゴリー: himaar(2017年からの店)

「幻影」を終えて、大島をおもう

コメントなし

日曜に「幻影」の会期が終了し、休みの間に撤収など諸々の作業を終えて、一瞬の一息。

オカベさんと結城さん、今回も夢のような展示をみせてくださったこと、3年半ぶりにふたたびここを「幻影」の場所として選んでくださったこと、とてもありがたく思っています。
おふたりがヒマールの空間を気に入ってくれているから決して来店客が多いとは言えない店でも展示に来てくださるのだと思うものの、おふたりの展示への熱量とその内容の素晴らしさに応えるだけのお客さんに来ていただけていないこと、自分たちの力不足が身にしみます。ほんと、いやになる。

引き続きがんばりますけどね。来年の展示やライヴや新しい試みの話も着々と進めてますし。大丈夫。やります。

そしてこの頃は、毎日の中でずっと大島の人のことをおもっている日々でもあります。

もう4週間近くも続いている断水。
一見いつもどおりに見える暮らしで、水道の水だけが出ない、という状況がどういうことなのか。ごはんをつくるたび、手や顔を洗うたび、トイレで水を流すたび、お風呂に入るたび、洗濯をするたびに想像してみる。ポリタンクを車にのせて給水所まで行って並んで重い水を運んで、使うときにはそこからいちいち汲まなければならないことを想像してみる。
この数日はだいぶ寒くなってきたので、給湯器のボタンを押して水道からお湯を出して洗い物をするとき、大島でお湯を使いたかったら汲んできた水をやかんか電気ポットかに移して沸かさないといけないから、きっと水のまま使っていて手が冷たいだろうな、とか。疲れがたまっているだろうから寝る前にお風呂で温まれたら少しは疲れもとれるだろうに、冷えたまま布団に入っているのかも、とか。

水道が使えない、というだけでも相当な不便と心労を強いられているだろうに、さらに気の毒だと思うのは橋の通行規制。強風(風速5m以上、と聞いています)で全面通行止め。リアルタイムの交通情報をチェックしてたら、かなりの頻度で通行止めになっている。出たいときに島を出られるかどうかわからないから予定がたてられない。出られても帰れるかどうか、わからない。コインランドリーに洗濯しに行ったら、最悪その日のうちに家に帰れないこともあるかも、ってことでしょ!?……むむー。

この状況が、早くても12月の初めまでまだ続くとか。長すぎる……。

大島には知り合いや、店に来てくださるお客さんもたくさん住んでおられます。店でも販売している「島のはちみつ」の内田さんや、のりをさんのライヴにゲスト出演もしてくれた中村明珍さんたちが中心になって活動している「島のむらマルシェ」が、断水中は毎週「こんなときだから、みんなであったかいごはんを食べよう」という会をやることにしたと聞いて、今度の日曜(18日)、そのvol.3にコーヒーを出しに行くことにしました。島内在住の方には無料で。島外から来られた方には会への支援金として100円〜お願いすることにして。店にコーヒー豆を卸してくれている東京のMAMMOTH COFFEEさんも協力してくださいました。

そういうわけで、18日(日)の店は臨時休業です。
橋が通行止めだと行けなくなってしまうので、どうか強い風が吹きませんように!たのむ!!

投稿者: (じ)

11月 15日, 2018 at 9:58 pm

カテゴリー: himaar(2017年からの店)

北岡幸士 陶展「serene 十二月の静謐」

コメントなし

巡回二人展「幻影 -凩-」をおたのしみいただいているところですが、そろそろの次のお知らせも。
今年最後にお届けする展示会です。

北岡幸士 陶展「serene 十二月の静謐」
2018年12月15日(土)〜25日(火)10:00-19:00
作家在店日:15日(土)
※会期中は17日(月)のみ休み。24日(月)は営業します。

福岡で作陶する北岡幸士さん。北岡さんは会うととても饒舌でたのしい人なのだが、決して軽い人ではない。むしろ頑固で真面目で、仕事について言えば自分の作るべきものをわかっている人だと思う。「作りたいもの」ではなくて「作るべきもの」だ。だから、それに向けて試行錯誤はしても、揺らぐことはない。そのうつわはいつ見ても潔いし、佇まいには動じない静けさがある。私はそんなふうに感じています。
なにかと忙しい年の瀬に、静かな空気をお届けします。ぜひお出かけください。

投稿者: (じ)

11月 6日, 2018 at 2:00 pm

カテゴリー: himaar(2017年からの店)