今日のヒマール

革小物制作と店の日々。

Archive for 12月 28th, 2011

原発国民投票プロジェクト

コメント 2 件

原発都民投票を求める署名集めの受任者になりました。

もうちょっと詳しく言うと、
東京電力管内の原子力発電所の稼働について、その是非を問う住民投票を行なうよう、東京都に都民投票の条例の制定を求めるため、その直接請求に必要な署名を集める「受任者」に登録しました。

ああ、ややこしい……。

こちら、原発推進を訴えるものでも、脱原発を呼びかけるものでもなく、あくまでも、原発の稼働に賛成か反対か、主権者である国民に投票で決めさせてくれ、という考えで進められています。
詳しくはこちらをご覧いただくとして……。

この、都民投票を求める署名、東京都の選挙人名簿に名前のある人で、受任者登録をした人しか、集めることができないそうです。
なので、「一筆でも多く署名を集めるには、一人でも多く受任者に登録していただくことが不可欠なんです」と署名を集めている方に言われ、「そうだよね」と思って受任者登録したわけですが……。

なんだか、すごいの、これ……。

1冊につき10名が署名できる規定の署名簿に、まず、受任者が名前や住所を書くのですが、この記載が選挙人名簿とちょっとでも違っていたら、署名簿1冊まるまる無効、とか。

私たちは杉並区の有権者なので、同じ選挙区である杉並区の人の署名しか集められない、とか。

一般的な署名とは違って、住所や氏名のほかに捺印(拇印も可)してもらわなきゃいけない、とか。

一行でも空けて書いたら無効、署名日が前後してたら無効、署名簿のホチキスどめが一枚でも外れていたら無効、とか。

……とにかく、やる気をなくさせるように決められてるとしか思えないほど、決まりごと(法律です)でがんじがらめ。
まあ、そんな簡単に、バンバン直接請求されても困るんだよ、ってこともあるんでしょうけど……、たいへんです。

でも、この直接請求はぜひとも成し遂げねば、と思っております。
原発のことに限らず、重要なことは国民一人ひとりが考えて決めるよ、ってとこを見せなきゃいけないんじゃないかと思うのです。
選挙で議員や首長を選ぶことはできるけど、あらゆる政策すべてに同意できる候補者というのはなかなかいないものだし、そうでなくても選挙時の公約なんて守らないのが当たり前になりつつある世の中ですから。

そんなわけで、杉並区の有権者の方はウチで署名ができます。
そのほかの市区町村の方は、こちらに署名できる場所が紹介されていますので、よろしければご参照ください。

投稿者: (じ)

12月 28日, 2011 at 11:06 pm

カテゴリー: 未分類