今日のヒマール

革小物制作と店の日々。

東京出張

コメントなし

革小物himaar個展「Whatever will be, will be」@西荻窪ギャルリーノン、会期終了いたしました。
ご来場くださったみなさま、ありがとうございました!

私たちも搬入・設営&初日・2日目在店のため、久しぶりに東京へ。
東京に滞在するのは2年ぶりくらいで、日ごろ本やら雑誌やらを見て「次に東京へ行くときには行ってみたい」と思っていた店もありましたが、歩いたのは結局、宿泊先の吉祥寺と個展会場の西荻窪だけ。
まあ、仕事で行っているわけですからあちこち見てまわれる時間もないですし、住んでた頃から吉祥寺と西荻だけで満足していたので、それで全然オッケーでした。

西荻は、妹との二人暮らしと結婚してからの夫との二人暮らしとあわせて22年も住んでいたまちなので、とても馴染みがあり落ち着きます。久しぶりに来ると新しくできた店もたくさんあって、変わったなあと思う場所もあるけど、変わらない店ももちろんたくさんで、個人経営の店が多いのでお店の人もあまり変わらず、ついこの間お話したばかりのような気がします。

ギャルリーノンさんも、西荻に住んでいた当時に大好きで通っていた店のひとつ。
2日間の在店中にあらためて観察してみると、西荻に遊びに来て初めて入ってみたという感じの方もたくさん来られるけど、それ以上にいつも通っておられる顔見知りのお客様、とりわけご近所の方が多い印象。東京のお店っぽくない。そして西荻のお店っぽい。
「入荷したらご連絡しますね」と名前も連絡先も聞かずに言う店員さんに「見かけたときに声かけてくれたらいいよ」とか、DMを置きに来た人が「これからまわるんで、ついでにあれば〜」とノンさんのDMも預かっていったりとか(そうやってたくさんのお店を、DMを置きつつ預かりつつ、まわっておられるらしい)、いいなあと思いました。

そんなお店で定期的に個展を開かせてもらい、いくつかのアイテムはふだんからお取り扱いしていただいていればこそ。以前お求めいただいた財布の経年変化を見せに来てくださったり、「次はこれを買おう」と待っていてくださったり。本当に有り難いことです。

一人で作っているものだから、たくさん作れるわけじゃない。私たちが信頼しているお店が、そのお店を信頼しているお客さんに届けてくれる。それが一番大事。作り手であり店でもある我が身を振り返り、大事にすべきことがずれてきていないか、再確認する。だから、こういう出張はたまには必要。

友人、作り手なかま、西荻在住時に通ったお店の方、今月ライヴに来てくださった山口洋さんをきっかけに知り合った方たちもたくさん来てくださいました。会期中、私たちがいない日に来てくださった方も、この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました!
ノンのみなさん、いつもありがとうございます。お世話になりました!

 

投稿者: (じ)

11月 22日, 2017 at 1:03 pm

コメントを投稿する