Yumikoのサバイバル・クッキングレシピ

アイルランド在住の料理家・松井ゆみ子さんから届く、いま作りたい&作ってもらいたいレシピと日々のエッセイ。

この画面は、簡易表示です

sweet things

キャロットケーキ/ carrot cake

不動の王道焼き菓子。国民みんなが好きにちがいない。

友人宅で作るのを手伝ったとき、にんじんの皮むきをひたすら続けた。こんなに使うんだ!が、まずびっくり。焼き上がりのしっとり、おいしいのにまたびっくり。量の多さにまたびっくりだったので、これは少数家族向きのバージョン。小麦粉1パックとか、書けませんもん。

「キャロットケーキ/ carrot cake」

これはミニパウンド型を使って焼いてみたもの。ふつうのパウンド型はお好きな厚みにカットしてどうぞ。

【材料】1/2パウンド型 1本分
にんじん 150g
小麦粉 130g
ベーキングパウダー 小さじ1
重層 小さじ1/2
三温糖 50g
シナモン 適量
卵 2個
オリーブオイル 100ml
ウォールナッツ 30g
レーズン 大さじ1

【作り方】
1.にんじんを粗くすりおろす。
2.小麦粉、ベーキングパウダー、重層、三温糖、シナモンとにんじんをまぜあわせる。
3.2に溶き卵、オリーブオイルを加えてさっくりまぜわせ、ウォールナッツ、レーズンも混ぜ入れた後、型に流し入れる。
4.190℃に予熱したオーブンで25分ほど焼く。

★アイシングがポピュラーなトッピングだけれど、わたしはヨーグルトに少しハチミツを加えたもので。ちょっとにんじんをトッピングにあしらうとかわいい。クリームチーズをのせたりすることもあり。トッピングはお好みで。小麦粉に全粒粉をまぜるのもいいですね。



ブラウンブレッド/ brown bread

アイルランドの伝統的な小麦全粒粉でつくるパン、ブラウンブレッドは、イーストを使わずに重曹と発酵した牛乳「バターミルク」で作る簡単かつ健康的なパンです。

バターミルクは、牛乳のうわずみ(バターのもとになるクリーム部分)のすぐ下のあたり。アイルランドでは、ブラウンブレッドを作るためのバターミルクが市販されていて、どこでも容易く買えますが、日本ではなかなかに困難。ですが、ヨーグルトで代用ができます。びっくりするほど簡単に作れますが、そこからが「伝統」の始まり。各家庭のお母さんたちが「うちの味」を作り上げて、こどもに伝承していくのです。

夫の実家ヌーナン家の味は、マークが引き継ぎました。わたしは嫁として継いでいくべきなのですけど、追求心が旺盛すぎて、いまだに自分のブラウンブレッドがつかみきれていません。あ、ふつうにというか、かなりおいしいです、念のため。でもいつも「ああしてみよう、こうしてみよう」が先に立って「これが、わたしの味」って決められないのよね〜。最近凝っているのは、近海でとれる海藻を乾燥させたものを混ぜ込むこと。

アイルランドに来始めて30年! ずいぶんたくさんのブラウンブレッドを食してきましたけれど、数年前にマークの親戚の作ってくれたものは「え、何この味??」と分析不可能なおいしさで、アイリッシュブレッドの奥の深さに愕然。ゆっくり検証して、後日確認してみたら糖蜜がキーポイントでした。

小麦粉もいろいろあるので、どれを使うかでスタイルが決まります。
小麦全粒粉といっても、粗挽きや古代小麦のスペルト、ブラン(ふすま)を加えるのか、オーツ(オートミール)を加えるのかで食感もぐっと異なってきますし。

正解はありません。そこがアイリッシュ。あなたは、どこを目指し、どこに着地するのか。あなた次第。この国のパンづくり(どの国も同じかもしれないけど)は哲学です。

ハードル上げちゃいましたけど、もとい。簡単にできるパンです。
ぜひトライしてみて、さらに “自分の味” に近づけてみてください!

「ブラウンブレッド/ brown bread」

ローフはブラウンブレッド、スライスは甘いバージョン。
ブラウンブレッドにアイリッシュチェダーのっけ。ワイルドガーリックがよく合います。
甘いバージョンをさらに進化させたもの。三温糖を小さじ2から1に減らし、オレンジマーマレード大さじ1を加えました。しっとり仕上がるみたい。ぜひお試しを。

【材料】1/2パウンド型 1本分
小麦全粒粉 160g
薄力粉 20g
重曹 小さじ1/2
三温糖 小さじ1(お好みで)
塩 (上質な海塩) 小さじ1/4
ヨーグルト 大さじ2
水 大さじ6
牛乳 大さじ2

【作り方】
1.オーブンを予熱180℃にする。
2.粉物をすべて混ぜ、次に水気もの(ヨーグルト、水、牛乳)をまぜあわえて加える。
3.型に流し込み、予熱したオーブンで30分焼く。
4.オーブンから取り出したあと、15分ほど置いて型から出す。

*オーブンによって、焼き時間は若干異なります(引っ越したての今の家のオーブンは、20分で焼けてしまうんです〜ほんとか??と心配で、余熱で10分置いておいたりしたのですが、どうもここは20分で焼けちゃうよう)。なので、オーブンから取り出したら一応、パンに竹串を刺してみて、すっと生地がついてこない状態だったら焼けてます。さらに型から出して、底をぽんぽんとたたいてみて、乾いた、いい音がしたらさらに安心。もしも心配だったら、オフにしたオーブンに5分ほど入れておくと安全です。あるいはスライスしてみてください。

★甘いバージョンは、上記の材料の小麦全粒粉160gと薄力粉20gを、薄力粉オンリーで180gにし、三温糖を小さじ2に。レーズンなどのドライフルーツを大さじ1〜2加えるのが異なるだけで、あとの材料もプロセスも同じです。ほんのり甘く、ブラウンブレッドとは一味ちがう仕上がりになるので、お試しください。

[Ingredients} Makes  1/2 pound tin 1
Wholemeal wheat flour  160g
Plain white flour 20g
Baking soda 1/2 teaspoon
Raw cane sugar 1 teaspoon (OP)
Natural  sea salt  1/4 teaspoon
Plain yoghurt  2 tablespoon
Water  6 tablespoon
Milk 2 tablespoon

1.Preheat oven to 180℃.
2.Mix flour, baking soda, sugar, salt. Then mix yogurt, water, milk, add to mixed flour. Combine well.
3.Put it into a tin, bake for 30min.
4.After taking out from the oven, leave for 15min then take the bread out from the tin.

★You can make sweet bread too. Just change the flour and amount of sugar.
Plain wheat(or Spelt) flour  180g
raw cane sugar 2 table spoon
dried fruit like raisins  1~2 table spoon
omit salt

Stay safe & keep healthy !!
Yumiko



オレンジマーマレード&アイリッシュウィスキーのプディング/Orange marmalade & Irish Whiskey pudding

スティームドプディングとよばれる湯煎にかけて作るお菓子は、クリスマスプディングが代表格。失敗することが少ないのが大きな魅力。そして、あったかくて、おいしい。

これも料理本でよく見かけるのに長年食べたことがなかった。おお!と感嘆する出来で。

あつあつのプディングに、アイスクリームを添えるのもおススメ。

「オレンジマーマレード&アイリッシュウィスキーのプディング/Orange marmalade & Irish Whiskey pudding」

【材料】争って食べる量の2人分
300ml の生地がゆったり入る耐熱ボウル1個
バター 50g +耐熱ボウルの中に塗る分
三温糖   50g
オレンジマーマレード 50g +トッピング用大さじ2
アイリッシュウィスキー  大さじ2(お酒が苦手な方や子ども用には無しで!)
卵 1個
小麦粉 50g
ベーキングパウダー 小さじ1

【作り方】
1.バターと三温糖をまぜてクリーム状にし、マーマレードとウィスキーをまぜこむ。
2.溶き卵を加えて、小麦粉、ベーキングパウダーを足し、さっくりまぜる。
3.耐熱ボウルにバターを塗り、トッピング用マーマレードをまず底に入れ、2の生地を入れる。ボウルに水が入らないようホイルで塞ぐ。
4.鍋にボウルを入れ、熱湯をボウルが半分かくれるまで注いで火にかける。沸騰してから40分茹でる。湯がボウル半分を下回ったら、湯を足すこと。竹串を刺してみて生地がついてこなければできあがり。あつあつを召し上がってください。

[Ingredients] Makes  sharing small potions between 2
Use a pudding basin (for 300ml)
Butter 50g + for greasing the basin
Brown sugar 50g
Orange marmalade 50g +  2 table spoon for topping
Irish Whiskey 2 table spoon (op)
egg 1
plain flour 50g
baking powder 1 teaspoon

1.Creamed butter and brown sugar, add marmalade & Irish whiskey, mix well.
2.Add beaten egg  then flour and baking powder and mix them. Grease the basin by butter, put marmalade at the bottom. Then add 2.
3.Use tin foil to seal the top of the basin.
4. Put the basin in a pan, add boiling water just cover the basin half way then heat the pan. Boil for 40min. Keep the water the same depth.

Stay safe & keep healthy !!
Yumiko



ロック・バンズ/Rock Buns

巣ごもり中(Cocooning)のアイルランドでは空前のベーキング・ブーム。小麦粉が品薄になるほどで、ビスケットにまぜるチョコチップは売り切れ続出。この国は肥満率が高くなっているので少々心配ではありますが、あまりガマンばかりじゃ気の毒なので大目に見ましょう。

バンズはお菓子の総称としてよく使われます。アイリッシュのともだちに手製のマドレーヌを持って行ったときに「posh(こじゃれた)な buns !」と言われたことも・笑

ロック・バンズはその対極にあるレトロなお菓子です。これもまた、料理本ではしばしば見かけるのに、店先で見ることの少ない一品。ロック・ケーキとかドロップ・スコーンとよばれることもあり、ビスケットよりはケーキ寄りと言えるかな。ちなみにドロップ・スコーンはフライパンで焼く小さめのパンケーキの形状の方が多い気がします。

アイルランドでもポピュラーですが、そもそもはイギリスのお菓子で、バンズのコンセプトは、小さくて丸い。固いかやわらかいかは二の次のようです。

失敗するほうがむずかしいお菓子。家中にバターのいい匂いが広がるので、巣ごもり中には最適。

「ロック・バンズ/Rock Buns」

【材料】8個分
薄力粉 100g
*買い物に大手をふって出かけられるようになったら、古代小麦のスペルトを探してみてください。ビスケットやタルト生地には最適です。グルテン分が少なく、どっしりした仕上がりに。
ベーキングパウダー 小さじ1/2
バター 40g
三温糖 40g
レーズン 大さじ1
溶き卵 1/2 個分(うずらの卵2個でもいい)
牛乳 大さじ1

【作り方】
1.オーブンを予熱200℃にする。
2.薄力粉とベーキングパウダー、バターを手でまぜて、そぼろ状態に。粉がしっとりしてきたらオッケー。
3.三温糖、レーズンを加え、卵、牛乳をまぜあわせて生地にまとめ、8等分する。
4.オーブントレイの上に(あれば)ベーキングシートをのせ、生地を丸めてならべ、上からちょいと押さえて形をととのえる。予熱したオーブンで10〜12分焼く。

ビスケットをグラス瓶に入れるのは危険。ついつい手が出て食べすぎちゃいます。好きなんだけどな〜この感じ!

[Ingredients] makes  8
Butter 40g
Plain white flour  (preferably spelt )  100g
Baking powder  1/2 teaspoon
Raw cane sugar  40g
Raisins 1 tablespoon
Beaten egg 1/2 or 2 quail eggs
Milk 1 tablespoon

1.Preheat oven to 200℃.
2.Rub butter into flour and baking powder in a bowl. When flour becomes a yellowish colour, it’s fully mixed.
3.Add sugar, raisins, beaten egg, milk, mix well. Form the dough, then make 8 small balls.
3.Put onto a baking tray. Lightly press down the top of the dough balls. Bake for 10~ 12 min.

Stay safe & keep healthy !!
Yumiko




top