豚肉の味噌漬け/ marinated pork with miso & Irish whiskey

アイルランドで暮らすことがなかったら、自分で豚肉の味噌漬けを作ろうなんてしなかったと思います。魚の西京漬けもどきも作りますが、キーポイントはアイリッシュウィスキーを使っているところ。和食を作るときに日本酒が手に入りづらいので、何か代用できるものはといろいろ試して行き着きました。代用以上の役割をしてくれて、今や台所にアイリッシュウィスキーは欠かせません。

スコッチウィスキーはクセが強くて料理には不向きと感じました。アイリッシュの、豊穣な香りと甘みが料理を大きく引き立たせてくれるのです。醤油や味噌など、調味料との相性も抜群。

というわけで、アイリッシュウィスキーと味噌の出会いを楽しんでいただけたら嬉しいです。

豚肉の味噌漬け/ marinated pork with miso & Irish whiskey

ど〜ん!笑
オーブンペーパーは2枚重ねのほうがいいかもです。

【材料】2人分
味噌 大さじ4(どんなタイプでも)
アイリッシュウィスキー 大さじ1強(なければ赤ワインか日本酒で!)
ハチミツ 大さじ1
豚肉(厚切りのとんかつ用切り身)2枚(約250g)

【作り方】
1.味噌、アイリッシュウィスキー、ハチミツをまぜあわせる。
2.豚肉2枚がおさまる深皿(プラスティック製不可)に、1の半分を敷きつめて豚肉をのせる。1の残り半分を豚肉にぬり、別の皿などで覆い(なるべくラップを使わないよう努力)冷蔵庫で一晩置く。
3.翌日、オーブンペーパーの上に豚肉1枚を味噌だれごとのせて、ゆるく包む。もう1枚の豚肉も同じようにオーブンペーパーで包み、オーブントレイにのせ、200℃に熱したオーブンで15〜20分焼く。

*アイリッシュウィスキーは、日本では「JAMESON」と「TULLAMORE DEW」が比較的手に入れやすいと思います。大きめの酒屋さんやスーパーで見つかります。(ヒマール)

[Ingredients] Makes 2
Miso paste  4 table spoon
Irish Whiskey  1 tablespoon
Honey  1 tablespoon
Pork fillet 2 (around 250g)

1.Combine miso paste, Irish Whiskey, honey.
2.Put half of 1 into a dish then put pork fillets onto it.
3.Add rest of 1 onto the pork fillets. Cover the dish and put it into a fridge, leave it overnight.
4.The next day. Place each pork fillet onto individual pieces of baking paper, make into parcels and fold them to make “en papillote”.
5.Preheat the oven 200℃. Place the parcels on a baking tray and bake in the oven for 15 ~ 20 min until just cooked.

★You can use red wine instead of whiskey. But Irish whiskey makes lovely sweetness and depth to the dish I think. I hope you can try it.

Stay safe & keep healthy !!
Yumiko


  • カテゴリー:

  • ゆみ子さん こんにちは。
    日本は本日こどもの日です。こども達は今まさに食べ盛りで、特に息子は大の肉好きなので、豚肉の味噌漬けレシピは「これ絶対息子好み!」と思い、娘と一緒に作りました。(ゆみ子さんのレシピは娘と作るのがふつうになりつつあります^ ^)
    今回も息子のお味噌で作ったのですが、出来上がりは比較的甘めに仕上がり、ご飯のおかわりがすすんだ夕飯になりました!「お味噌はどんなタイプでも」とあるので、今度は八丁味噌もブレンドして作ってみたいなと思っています。
    一晩漬ける楽しみっていいものですね!焼く時も食べる時もとてもわくわくしました。
    アイルランドの発酵についても、いつかエッセイを書いていただけるかもしれないとのこと^ – ^!楽しみにしております!
    いつも美味しいよろこびをどうもありがとうございます!

  • インスタにアップしたら、すっかりここにもアップした気になって、写真を消してしまいました!ので、へんなスクショで失礼します!

    つながるさん、このレシピほんとうに、前夜に仕込むときも焼くときも食べるときも、わくわくするレシピでしたよね!
    我が家もごはんがすすみまくり!でした。
    生野菜もいっしょに食べるとおいしいので、もりもり食べられますね。

    アイリッシュウィスキー、やるなあ。

  • himaar さん
    漬け込みレシピのわくわく感は本当たまらないですよね!himaarさんのも美味しそうです!!他の方の投稿を見て、それぞれのご家庭での味の違いにも興味津々です。
    わたしはお菓子・パンと発酵系はレシピ通りに作っているのですが、お料理はいつも「あんばい」で、レシピ通りに作るというのをあんまりしたことがなかったので、ゆみ子さんのレシピをレシピ通りに作ってみることを通じて、レシピに込められた思いやエネルギーみたいなものを感じさせていただいています。
    himaar さんいつもありがとうございます。
    この企画から、新しいお料理の世界が広がっています!

    • つながるさん、同じレシピから作っているのに、それぞれの料理ができあがっていて、ふしぎでおもしろいですよね!
      こちらこそ、こうして企画にご参加くださって、ありがとうございます。
      おかげさまで、ゆみこさんも私たちもとても励みになり、たのしく続けられています。

  • つながるさん、お嬢さんと一緒にお料理されているって嬉しいご報告!ごはんが進んだのは、おふたりの腕前ですよ、絶対。八丁味噌バージョン、楽しみです。ハチミツとの相性はばっちり。すこ〜しバルサミコ酢を入れると味がまろやかになる気が。でもそのへんは、つながるさんが遊んでください・笑
    つながるさんも、ヒマールさんのも、仕上がりが洋風ですね!わたしはこれ作ると、どんぶりのっけみたいな昭和な一品になるのに〜今度は洋風にしてみよう。このレシピは鮭や鶏肉でも使えますから試してみてくださいね〜ゆみこ

    • ゆみ子さん
      なるほど!確かに!バルサミコ酢美味しそうです!いろいろな組み合わせで作ってみます!

  • 黒酢好きだったのですけど、ここでは買えず、バルサミコ酢をいろいろ試しています。いちばんのお気に入りは、アイルランドのリンゴ農家が作り始めた”サイダー・ヴィネガー”で作ったバルサミコ酢!甘みがあって、こっくりしていて、すごくおいしいんです。イタリア産のそこそこお高いのとかも試しましたけど、アイルランドのこのバルサミコにはかないません。Llewellyn’s というファームです。ググってみてください。どうやって、りんごがバルサミコ酢になるかは聞かないでくださいね。わたしもよく仕組みがわかっておらず、これを機会にちゃんと調べてみます〜ゆみこ

  • アイリッシュウィスキーを口にするのがはじめてで、昨日から楽しみでした。
    焼いているときからいい香り。今まで食べたことがある味噌漬けと違い、甘みがまろやかでとってもおいしかったです。これがアイリッシュウィスキーのチカラかっ!! 父の晩酌にもあったようで、あっという間に食べ切りました。
    キャロットスープも添えて。ごちそうさまでした♪

  • 晩酌がすすむ、はとっても嬉しいご報告です!アイリッシュウィスキー、すぐれものでしょう?お菓子にも使えるし、万能なんです。スープと合わせるとヘルシー度増しますね。二日酔いなし・笑。ゆみこ

  • ポークがひと切れちょうど余っていたので、前に見ておいしそう!って思ってたのを思い出し作ってみました。
    簡単でおいしい~。グリーンピースのバター炒めを添えたら、キャンティーンのご飯みたいになっちゃって見た目がイマイチですが(笑)
    ウィスキー&味噌+ハニー、これでいろいろ応用できそうです♪

  • 思いっきりアイルランドのレストランのディナーテーブルだ〜!てんこ盛りのグリーンピースって、日本では新鮮な盛り付けだと思いますが、ここではよくあるんです。なおこさん、好例をご披露くださって感謝です!ゆみこ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です