ベジ・リゾット/ veg risotto

うちでいちばん頻繁に作るのはリゾットかもしれません。幸い夫マークはライス好き。日本米もインディカ米も、玄米にいたるまで喜んで食べてくれるので助かります。リゾットはパスタよりもカロリー低めに仕上げられますし、何より野菜をふんだんに使えるのが魅力。リゾット用のイタリア米は日本米よりも容易く手に入りますし。

このレシピはベジタリアンの親族のために作ったものなので野菜オンリーです。

日持ちするのでバターナッツ・スクォワッシュ(butternuts squash)を常備していて、このレシピでも使っていますが、日本にお住まいのみなさまは、かぼちゃをお使いください。アイルランドではなかなか、かぼちゃが買えないのです。ハロウィンの頃にはたくさん出回るようになってきたのですが、水っぽいタイプがほとんど。食用でなくディスプレイがメインのようで。

スクォワッシュは年中買えてとても重宝。最初は日本のかぼちゃと比べてしまい、ちょっと見下していたのですが、フライパンで焼いてバルサミコ酢をちょっとかけるなど、おいしい食べ方を見つけてからは、欠かせない食材になりました。

「ベジ・リゾット/ veg risotto」

【材料】2人分
オリーブオイル 小さじ1
たまねぎ 1個 みじん切り
にんにく 3カケ みじん切り
マッシュルーム 5〜6個 スライス
リゾットライス(または日本米) 1カップ
バター 小さじ1/2
水 3カップ
塩 小さじ1/4
昆布    2×5cm くらいの大きさ1枚分
にんじん 1/2 本 粗みじん
スクォワッシュ(またはかぼちゃ) 3cmほどの角切りを1カップ強
ズッキーニ 1/2 3cmほどのいちょう切り
味噌(なんでも)小さじ1
牛乳 大さじ2
サラダリーフ(下ゆでの要らない葉物ならなんでも。小松菜やパクチョイなど)一つかみ
パセリ みじん切り 小さじ1

【作り方】
1.厚手の鍋にオリーブオイル、たまねぎ、にんにくを入れて炒める。しんなりしてきたらマッシュルームを足し、さらに炒める。
2.洗わない米を1に加え、バターを入れて1〜2分炒める。
3.水半分を注ぎ、塩、昆布、にんじんを加え、沸騰したら火を弱めの中火にして煮る。
4.10分たったら残りの水の半分を注ぎ、再度沸騰してきたらスクォワッシュ(またはかぼちゃ)を入れてさらに煮る。(10分たつ前に水分が少なくなってきてしまったら、前倒しで水を足してください。)
5.5分たったところで最後の水を全部注ぎ、ズッキーニを加えてさらに3分煮る。
6.味噌をまぜこみ、牛乳を加え、サラダリーフを足してさっと混ぜ合わせて出来上がり。お皿に盛りつけたらパセリをちらして。

★水を加えたところから、だいたい18〜20分でお米に火が通ります。白状しますが、わたしはお米のアルデンテがいまひとつ好きになれないので、少しやわらかめの仕上がりです。そのかわり、ズッキーニはアルデンテ。スクォワッシュがやわらかすぎるのも好きでないので、後から加えています。そのあたりのさじ加減は、お好みで。
★初めてリゾットを作る方には、面倒な感じに見えるかもしれませんけれど、手順を覚えてしまえばこっちのもの。トマト味にしたり、クリーム系にしたり、楽しい料理です。
★ふつうはパルメザンチーズを加えますが、これはさっぱりと仕上げたかったので抜いています。塩気も少なめなので、そこもお好みで調整してください。

[Ingredients] Makes  2
Olive oil  1 teaspoon
Onion  1 (chopped)
Garlic 3 cloves (chopped)
Mushrooms  5~6  (sliced)
Risotto rice  1 cup
Butter 1/2 teaspoon
Water 3 cups
Sea salt  1/4 teaspoon
Kelp   about 2cm×5cm
Carrots  1/2 (roughly chopped)
Butternut squash  (3cm cubes) 1 cup
Zucchini (courgette) 1/2 roughly chopped
Miso paste (any type) 1 teaspoon
Milk 2 tablespoon
Young spinach or pakchoi  handful
Parsley chopped  1 teaspoon as a garnish

1.Put olive oil, onion, garlic into heavy pan, fry them until they soften. Add mushrooms and fry them a bit more.
2.Add butter and rice (unwashed) into the pan, fry for 2 min.
3.Add half the water into the pan then put salt, kelp, carrots. When water starts to boil, turn down the heat to between moderate and low.
4.After 10min add half of the remaining water into the pan, when it starts to boil again,  add butternut squash then boil for another 5 min. (if the water evaporates too soon, you can add another half the remaining water)
5.Add the rest of the water and zucchini (courgette), boil for 3 more minutes.
6.Mix  miso, milk, young spinach then turn off the heat.
7.When you serve, put parsley as a garnish.

★It seems complicated but it’s not. If you make this recipe a few times it’ll become very handy.  You can choose tomato or creamy flavor.
★I omitted cheese but of course you can add if you wish.

Stay safe & keep healthy !!
Yumiko



  • 材料が多くてちょっと身構え(苦笑)、絶対慌てる!と思ったので、先に全部野菜を刻んでからスタートしました。小さいうつわにいろんな刻み野菜がずらりと並んで料理番組みたーい、と可笑しくなりました。こんなふうに下準備して料理すること、ふだんはないので〜(笑)。
    かぼちゃがなかったので、さつまいもを使いました。
    いろんな食感のいろんな野菜、さっぱりとした味つけ、とてもヘルシーなリゾットですね。
    夫はすぐにチーズを足してましたが、食卓に出してからもそれぞれの好みで味を足していいのか、そうか、いいんだよね!と気が楽に(!?)なりました。

    • 春らしい感じ〜野菜、たくさん使えるでしょう?お肉入れればすぐに味が出ますけど、野菜の力に頼るときは、いろいろ入れた方がおいしくなるので。あと、ブロッコリのじくとか、キャベツの芯とかもいい戦力です。薄めの味付けにしておいて、各自食卓で仕上げるようにしています。お塩も、調理中に加えていくより、最後に食卓で加える方が使用量を減らせるはずなんですよね。ばーっとかけちゃわなければ・笑外食すると、わりとよく見かけるんです。チップス(フライドポテト)にざーっとお塩かけてるおじさんたち。なので、さじ加減のわかっている方にお出しするときだけ、お塩控えめです。ゆみこ

  • 爽やかな5月なれど、気圧の変化も激しくて、脳が一回トラブってからはなかなか折り合いをつけるのが難しい季節…。
    お買い物に出る気力もなく、この際冷蔵庫にちょっとずつ残ってるお野菜をここで投入してみよう!アイルランド流ならレシピ通りじゃなくてもアレンジ歓迎のはずだ!と思い作ってみましたー。
    結果、お米を煮てお味噌と牛乳入れるぐらいしかレシピに則っていないにもかかわらず、(ごめんなさい)ちゃんと美味しくできました!
    お肉っ気ゼロでも野菜からお出汁が出て、優しくもしっかりしたお味。
    なんでお味噌いれてるのに洋風のお味になるんだろ…。
    不思議、だけど、懐かしくも滋養に溢れたお味でした!

  • おおざっぱなレシピですみません〜でも、その方が”しばり”がなくて、いいでしょう?笑
    お味噌、牛乳にあうんですよね。今週末は、ヒマールのインスタライブに山口洋さん出演ですから、エネルギー補給してください!わたしはスマホ持ってないので、見らんないの・苦笑。
    うちでの元気づけは、庭で見られる子羊と牧羊犬の追っかけっこ。どちらも母屋の住人のペットですが、和みます〜 晴天が続いているので、いちごの花もたくさん。バラのつぼみも大きくなってきました。今まで以上に、自然環境に励まされる今日この頃です。ゆみこ

  • 追伸:色鮮やかですてきです!器もいつもかっこいい。つゆだくなのも、わたし好み・笑 ゆみこ

    • しばりのないおおらかなレシピ大歓迎です!笑
      うちの器、ほとんどが以前勤めていた特別支援学校の生徒が作ったものなんです。他校の生徒が文化祭で売ってるものを買ったり、自分の学校で生徒が作ったからあげる!ってくれたものだったり。褒めていだだいて嬉しいです!
      素敵なお庭の様子、まるで絵画のように目に浮かびます〜。うっとり。

  • ゆみ子さん!このリゾット、なんておいしいの~
    私、天才かも!って思っちゃったけど、レシピ考えた人はゆみ子さんだったわ(笑)
    マッシュルームだけはどうしても入れたかったから買いに行ったけれど、あとはすべて残りものの野菜で。ピーマンが半分、小さいトマトが数個、ネギのはじっこ…なんかも入れて、野菜9種。10種にしたかったけど、ほかにはもうジャガイモしかなかったので入れたい気持ちをぐっと抑えました(笑)
    肉好きの私としてはやっぱりお肉入れちゃいたい…って思って、実はチキンを解党して用意してました。でも入れるタイミングを逃しちゃった。出来上がりをひと口食べて、入れなくて正解!
    リゾット初挑戦。またまた新しい体験をありがとうございました。
    P.S. このお皿、食べ終わると底にミッフィーがいるの!

  • 夏のリゾットですね!おいしそう〜 いえいえ、レシピはあくまでガイドライン。なんども書いちゃいますが、調理される方の腕前で、おいしい一皿に仕上がるのだと思います。マッシュルームは大事ですよね!またのご投稿、お待ちしていまーす ゆみこ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です