今日のヒマール

革小物制作と店の日々。

「幻影」を終えて、大島をおもう

コメントなし

日曜に「幻影」の会期が終了し、休みの間に撤収など諸々の作業を終えて、一瞬の一息。

オカベさんと結城さん、今回も夢のような展示をみせてくださったこと、3年半ぶりにふたたびここを「幻影」の場所として選んでくださったこと、とてもありがたく思っています。
おふたりがヒマールの空間を気に入ってくれているから決して来店客が多いとは言えない店でも展示に来てくださるのだと思うものの、おふたりの展示への熱量とその内容の素晴らしさに応えるだけのお客さんに来ていただけていないこと、自分たちの力不足が身にしみます。ほんと、いやになる。

引き続きがんばりますけどね。来年の展示やライヴや新しい試みの話も着々と進めてますし。大丈夫。やります。

そしてこの頃は、毎日の中でずっと大島の人のことをおもっている日々でもあります。

もう4週間近くも続いている断水。
一見いつもどおりに見える暮らしで、水道の水だけが出ない、という状況がどういうことなのか。ごはんをつくるたび、手や顔を洗うたび、トイレで水を流すたび、お風呂に入るたび、洗濯をするたびに想像してみる。ポリタンクを車にのせて給水所まで行って並んで重い水を運んで、使うときにはそこからいちいち汲まなければならないことを想像してみる。
この数日はだいぶ寒くなってきたので、給湯器のボタンを押して水道からお湯を出して洗い物をするとき、大島でお湯を使いたかったら汲んできた水をやかんか電気ポットかに移して沸かさないといけないから、きっと水のまま使っていて手が冷たいだろうな、とか。疲れがたまっているだろうから寝る前にお風呂で温まれたら少しは疲れもとれるだろうに、冷えたまま布団に入っているのかも、とか。

水道が使えない、というだけでも相当な不便と心労を強いられているだろうに、さらに気の毒だと思うのは橋の通行規制。強風(風速5m以上、と聞いています)で全面通行止め。リアルタイムの交通情報をチェックしてたら、かなりの頻度で通行止めになっている。出たいときに島を出られるかどうかわからないから予定がたてられない。出られても帰れるかどうか、わからない。コインランドリーに洗濯しに行ったら、最悪その日のうちに家に帰れないこともあるかも、ってことでしょ!?……むむー。

この状況が、早くても12月の初めまでまだ続くとか。長すぎる……。

大島には知り合いや、店に来てくださるお客さんもたくさん住んでおられます。店でも販売している「島のはちみつ」の内田さんや、のりをさんのライヴにゲスト出演もしてくれた中村明珍さんたちが中心になって活動している「島のむらマルシェ」が、断水中は毎週「こんなときだから、みんなであったかいごはんを食べよう」という会をやることにしたと聞いて、今度の日曜(18日)、そのvol.3にコーヒーを出しに行くことにしました。島内在住の方には無料で。島外から来られた方には会への支援金として100円〜お願いすることにして。店にコーヒー豆を卸してくれている東京のMAMMOTH COFFEEさんも協力してくださいました。

そういうわけで、18日(日)の店は臨時休業です。
橋が通行止めだと行けなくなってしまうので、どうか強い風が吹きませんように!たのむ!!

投稿者: (じ)

11月 15日, 2018 at 9:58 pm

カテゴリー: himaar(2017年からの店)

北岡幸士 陶展「serene 十二月の静謐」

コメントなし

巡回二人展「幻影 -凩-」をおたのしみいただいているところですが、そろそろの次のお知らせも。
今年最後にお届けする展示会です。

北岡幸士 陶展「serene 十二月の静謐」
2018年12月15日(土)〜25日(火)10:00-19:00
作家在店日:15日(土)
※会期中は17日(月)のみ休み。24日(月)は営業します。

福岡で作陶する北岡幸士さん。北岡さんは会うととても饒舌でたのしい人なのだが、決して軽い人ではない。むしろ頑固で真面目で、仕事について言えば自分の作るべきものをわかっている人だと思う。「作りたいもの」ではなくて「作るべきもの」だ。だから、それに向けて試行錯誤はしても、揺らぐことはない。そのうつわはいつ見ても潔いし、佇まいには動じない静けさがある。私はそんなふうに感じています。
なにかと忙しい年の瀬に、静かな空気をお届けします。ぜひお出かけください。

投稿者: (じ)

11月 6日, 2018 at 2:00 pm

カテゴリー: himaar(2017年からの店)

11月のおたのしみと店休日

コメントなし

急に寒くなりました。季節は早足で秋から冬へ。

店では、オカベマキコ×結城琴乃 巡回二人展「幻影 -凩コガラシ-」を開催中です(月曜休み、11日まで)。
3年前の「幻影」は3月で、『主がいなくなった部屋』の春の景色をご覧いただきましたが、今回は秋から冬への幻影が現れています。3年前にもご覧くださった方には、ほぼ同じレイアウトで、違った景色をご覧いただけるというおたのしみも!
ぜひお出かけください。

そろそろ、冬季限定のホットアップルシナモンも再開します。

【11月の店休日】
毎週月曜+13日(火)と25日(日)

投稿者: (じ)

11月 1日, 2018 at 11:48 am

カテゴリー: himaar(2017年からの店)

10月と11月の読むロバの会

コメントなし

昨日は10月の読むロバの会(読書会)でした。
参加者は6名。ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。

課題図書は「海うそ」梨木香歩。
昭和の初めに人文地理学者の主人公が調査に訪れた島での話と、50年後にその島を再訪することになる話。
私は梨木香歩さんの小説を読むとどれもいいなあと思って好きになっていますが、これもとてもよかった。
島を歩く主人公が出会う植物や鳥や動物、知っていたらさらに情景が浮かんでおもしろく読めるんだろうなあと思っていたら、参加者のおひとりが図鑑を持ってこられて、話に出てくるゴイサギの鳴き声を聞かせてくれました。
岩国の人には馴染みのある「獺越(おそごえ)」という地名の話も出てきます。
気になった方はこれからでもぜひ読んでみてくださいね。

さて次回、11月の読むロバの会は…
日時:11月27日(火)18:00〜(1時間程度)
課題図書:闇の奥/ジョゼフ・コンラッド
中野好夫訳(岩波文庫)、黒原敏行訳(光文社古典新訳文庫)などいくつかの本が出ています。
どれでも各自で自由に選んでください。
映画「地獄の黙示録」のベースにもなっている古典作品です。

読むロバの会は、月に一度開いている読書会です。毎月の課題図書をあらかじめ各自で読んできて、その感想などをおしゃべりしています。課題図書を読んできた方ならどなたでも、喫茶1ドリンクのご注文で、参加費無料・ご予約不要でご参加いただけます。
初めての方もどうぞお気軽にいらしてくださいね。

投稿者: (じ)

10月 18日, 2018 at 12:09 pm

本の売り場リニューアル!

コメントなし

小さな棚ひとつ分のヒマールの本の売り場を、このたび大々的に(見た目には小さいですが)リニューアルしました!

どうリニューアルしたか、というと、取り扱う本のジャンルを限定しました。
「海外文学」オンリー!
それと、これまでヒマールに講演などで来てくださった方の本。

というわけで、「海外文学の本」であり「これまでヒマールに講演などで来てくださった方の本」でもある「柴田元幸さん訳の本」がとりわけたくさんあります。なかでも、私が読んでものすごい衝撃を受けた「レアード・ハント著/柴田元幸訳」の本を特におすすめしています。絶版にしたくないので(すでに一冊なっている…)どんどん買ってどんどん読んでいただきたいと思います。

毎月の読書会(読むロバの会)に参加している「本好きな人」でも、ふだんから「小説」を読んでいるという人は少なかったので、読書会もちょっと前からは課題図書に文学作品を、国内文学と海外文学とを交互に選ぶようにしています。参加者が課題図書をできるだけ買いやすいように、手に入れやすい文庫本から選ぶようにしているのですが、たとえば近所の書店のひとつは、海外文学は「ハヤカワepi文庫」だけで、単行本は新刊のときに置いてあるだけだったりします。海外文学に親しもうと思っても、何を読んだらいいのかわからない以前に、そもそも目にする機会さえあまりない状況なのだと知り、かなり危機感を覚えました。

それが、本の売り場のジャンルを「海外文学」に限定しようと考えた理由のひとつですが、なにぶん超弱小な本売り場なので、揃っていると言えるほど豊富にはありませんし、自分たちの売りたい本を取次から入れさせてもらえなかったりもします。それでも、小さな棚に個性が生まれ、地域でみたとき手にできる本にひろがりが生まれることを願って、がんばってみるつもりです。

読みたかった本、知らなかった本を、どうぞ手にとってみてください。

投稿者: (じ)

9月 28日, 2018 at 6:42 pm

10月の店休日

コメントなし

毎週月曜+2日(火)、13日(土)・14日(日)、30日(火)

13〜15日は3連休、ということになります。

31日(水)からは「幻影 -凩-」がはじまります。
どうぞおたのしみに!

投稿者: (じ)

9月 25日, 2018 at 2:11 pm

カテゴリー: himaar(2017年からの店)

9月と10月の読むロバの会

コメントなし

昨日は9月の読むロバの会(読書会)でした。
参加者は7名。ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。

9月の課題図書はカズオ・イシグロの「日の名残り」。
私は再読でしたが、読んでいるあいだ中、どうにも可笑しくて。笑わせようと書かれたわけではないでしょうからどうかと思いましたが、同じように読んでいた人がほかにもいて安心(?)しました。
読む時間がなさそうだから、と朗読された作品(そんなのがあるんですねー)を購入した人がいて、俳優の田辺誠一さんが朗読されているのですが、10時間もの大作で、結局最後まで聴き終えられず、最後だけ慌てて本で読みました、と(笑)。そりゃ読んだほうが早い!
おしゃべりの中で出た「ダーリントン卿の仕事」について、会が終わってからじわじわと考えていて、このことについて読んだ人とまた話をしてみたいなと思っています。

さて次回、10月の読むロバの会は…
日時:10月17日(水)18:00〜(1時間程度)
課題図書:海うそ/梨木香歩(岩波現代文庫)

読むロバの会は、月に一度開催している読書会です。あらかじめ各自で課題図書を読んできて、その感想などをおしゃべりしています。課題図書を読んだ方ならどなたでも、喫茶1ドリンクのご注文でご予約不要でご参加いただけます。初めての方もどうぞ気軽に参加してみてくださいね。

投稿者: (じ)

9月 20日, 2018 at 3:16 pm

幻影 -凩- オカベマキコ×結城琴乃 二人展

コメントなし

季節は夏から秋へ。
この夏の暑さは「夏好き」にもこたえる酷暑でしたが、夏が終わるとやっぱり寂しい。秋はあんまり好きじゃない。
店も、この夏はライヴが3本に展示会とワークショップと、特別なイベント続きだったので、それらが終わってほっとしてはいるけれど、やっぱり寂しいというか、ちょっと気分が下がってきております。

そんな感じで、しばらくは、いつも以上にスローなモードの店をおたのしみください(苦笑)。
秋も深まり冬の足音が近づいてくる頃に、スペシャルなおたのしみをお届けできるように準備しています。

幻影 -凩コガラシ-
オカベマキコ(硝子/岡山)×結城琴乃(針金・木・紙/高知)

2018年10月31日(水)〜11月11日(日)10:00-19:00
作家在店日:10/31(水)
※月曜休み。最終日17:00まで。

2013年から展開されているオカベさんと結城さんの巡回展「幻影」。ここ岩国では2015年3月に、「小さきものの棲みか」をテーマに「主の消えた部屋」がつくり出されました。
あれから3年半、ふたたびとなる「幻影」は、「木枯らし、積もる落ち葉、時雨」をテーマに「冬の始まりの景色」をご覧いただくことになるようです。
あるとき現れ、そして消えゆく、儚くも永遠の幻影の世界、今回もどうぞお見逃しになりませんよう。

投稿者: (じ)

9月 13日, 2018 at 1:42 pm

カテゴリー: himaar(2017年からの店)

多謝!山口洋ソロライヴ2018

コメント 2 件

山口洋(HEATWAVE)ソロツアー「YOUR SONGS 2018」@岩国ヒマール公演にご来場くださったみなさま、ありがとうございました!

雨が降り続いて肌寒いくらいの初秋の夜。こんなに冷えると思わなくて、温かいドリンクメニューを準備していなくてすみませんでした。でもきっと、山口さんの演奏で、みなさん熱くなりましたよね!(そういう狙いだった、ということで!)

土曜の夜だったこともあり、広島や福岡や、遠くは東京からもご来場いただきました。本当にありがたいことです。岩国でのライヴ、いかがだったでしょうか?ほかの会場で山口さんのライヴをご覧になっている方も多いと思いますので、よろしければ、率直なご意見やご感想など聞かせていただけたら嬉しいです。

今回、店として一番嬉しかったのは、2年前に山口さんのライヴを店でやるようになってからファンになった、地元・岩国の人たちからも曲のリクエストがあったことです。毎回たのしみに待っていてくれる人たちもだんだん増えて、今回初めて来られた人たちからも「たのしかった」「いい時間でした!」と言ってもらって、最初は私たちふたりが大好きで演奏に来てもらうようになったのですが、こうして毎年ライヴをしに来てもらえるようになって本当によかった、毎回のプレッシャーはそりゃあもうたいへんなんですけど(苦笑)これからも頑張ろう、と思っております!

今回の飾りつけは、岩国の切り絵作家で友だちの門田栄子さんが、和紙を使った切り絵に蝋引きして作ってくれました。門田さんの作品のおかげで、「YOUR SONGS」にぴったりの、やさしくて力強い空間が作れたと思います。栄子さん、ありがとう!

いつも手伝ってくれる姉妹店「ブロッコリグリル」は今回初めてフードも用意してくれて、CD「山口洋の頭の中のスープ」にちなんだ「冷たい(!)ジャガイモのスープ」と「肉団子」を、ほんとの姉妹の「ヴェールジョーヌ」は前回もご好評いただいた「ギネスクッキー」などの焼き菓子を、出してくれました。撮影はすべて、PEG.の長束晃さんです。
みんな、いつも協力してくれて本当に本当にありがとう!私たちふたりだけじゃ絶対にできないのです。心から感謝しています。
そして、広島のボンバーさんも、お客さんとして来られたのにスタッフのようにサポートしてくださり、ありがとうございました!

山口洋さん、素晴らしい演奏をいつもありがとうございます。会場として、次はさらにもっとよくなるように、そして長く続けていけるように、からだも鍛えて精進しまっす!


撮影:長束晃(PEG.)

投稿者: (じ)

9月 10日, 2018 at 5:15 pm

9月のおたのしみと店休日

コメントなし

猛烈に暑かった今年の8月が終わり、雨とともに9月がやってきました。
台風シーズン到来。被害がないようくれぐれもお願いしたいです(台風に)。

さあ、9月のおたのしみはすぐそこ!8日(土)山口洋(HEATWAVE)ソロライヴです!!
前売券をご希望の方はお急ぎを!
ネット通販は4日(火)のお求め分までチケットを郵送でお届けします。5日(水)以降はメールでの入場整理番号発行に代えさせていただきます。

今回のライヴでは、姉妹店「ブロッコリグリル」の協力によりフードをご用意しています。ほかのライヴではお出ししたこともありますが、山口洋ソロライヴでのフード提供は初の試み。
ちょっとしたおつまみと、CD「山口洋の頭の中のスープ」にちなんで冷たいスープも。スープは1ドリンクのかわりに選んでいただくこともできます。
昨年好評だった、ほんとの姉妹「ヴェールジョーヌ」のギネスクッキーも再登場。
ライヴとあわせて、どうぞおたのしみに!

2019年のダイアリー(スケジュール帳)をはじめ、新しい商品も随時入荷しています。
9月もたくさんのご来店をお待ちしております!

【9月の店休日】
毎週月曜+9日(日)と18日(火)
※8日(土)はLIVE営業のみ。

 

投稿者: (じ)

9月 1日, 2018 at 11:37 am

カテゴリー: himaar(2017年からの店)