今日のヒマール

革小物制作と店の日々。

8年目へのご挨拶と6月の店休日

コメントなし

ヒマールの店は、この6月で開店から丸7年が経ち、8年目の営業に入ります。
日頃より店を支えてくださっているお客さま、さまざまな分野の作り手のみなさん、友だち、家族、いつも本当にありがとうございます!
今後とも、必要とされている限り、いろんな意味での体力が続く限り、やっていけるように頑張るつもりです。よろしければ、どうぞおつきあいください!

1周年の御礼パーティーを開いて以降は、周年だからといって特別なことをするでもなく過ごしていますが、ここ数年は「周年のお疲れさん休み」というのを6月にとることにしていて、みなさんにもだいぶ認知していただいてきたようです。
今年はまとまった長い休みをとるのが難しそうだったので、ちょこちょこっと休むことにしました。ご不便をおかけすることもあるかもしれませんが、何卒ご了承ください。

引き続きヒマールをどうぞよろしくお願いいたします!

【6月の店休日】
毎週月曜+5日(水)と6日(木)、23日(日)と25日(火)

ご来店をお待ちしています!

投稿者: (じ)

5月 26日, 2019 at 1:23 pm

カテゴリー: 未分類

多謝!「ふちがみとふなと」LIVE2019

コメントなし

日曜の「ふちがみとふなと」ライヴにご来場くださったみなさま、ありがとうございました!!!!!

ほぼ3年ぶり、2度目の公演。前回に続いての方も初めての方も、1歳の子も小学生も、20代の若者も70代の方も、たくさんの方においでいただき、たのしい時間をご一緒できて、とてもとても嬉しかったです。

心地よい緊張感に包まれながら涙がにじんできたりにやにやしてしまったりする「ふちふな」ライヴは知っていましたが、今回みたいに全員で歌ったり(!?)踊ったり(!?)してしまう「ふちふな」ライヴは、私自身は初めてだったので、数日経った今日も「奇跡の夜だったなー」と思い出してはぼーっとしています。ライヴって本当にそのときその場限りのもの、ホントおもしろいなー。

ふちがみさんとふなとさん、素晴らしい演奏をふたたびヒマールに届けに来てくださって、本当にありがとうございました!どうかまた、きっとおいでいただけますように!!

今回もいつものように、こころの姉妹店ブロッコリグリルと、ほんとの姉妹ヴェールジョーヌが当日のあれこれを手伝ってくれました。写真撮影はすべて、友達のナガツカアキラさんです。
いつもいつも快く協力してくれて、本当にありがとう!

あー、たのしかったーーーーー!!!!!

投稿者: (じ)

5月 23日, 2019 at 3:22 pm

カテゴリー: 未分類

まもなく!「ふちがみとふなと」LIVE

コメントなし

たのしみが近づいてきました!
2年ちょっとぶりの「ふちがみとふなと」ライヴは、いよいよ来週末19日(日)。

ここにきて、まだ「何系?」とか「ジャンルは?」とか聞かれるのですが、そういうの気にせず観に来てみませんか?
ぜったいに「観てよかった」と言ってもらえる自信を持ってます。

「気にはなるけどライヴとか行ったことがないから」と言われることも多いのですが、大丈夫です。いつもと同じヒマールです。いつもと同じヒマールふたりがお待ちしてますので、安心していつもと同じようにおいでください。
とくに「ふちがみとふなと」ライヴは、そういうちょっと気後れしている方のライヴデビューにもすごくすごくおすすめですので。

先入観とか予備知識とか、むしろないほうがいい人たち(ふちふなさん)なので、音源をピックアップしてご紹介するのは迷うところ、なのですがー。

アフリカの本を世に送り届けはじめたヒマールとしては、アフリカつながり(括りが大きすぎるけど・苦笑)ということで、ふちふなさん(アフリカで出会われたおふたり)がエマーソン北村さんとのケニア公演を前につくられたMVをご紹介してみようと思います。ケニアで人気のポップスのカヴァー曲です。YouTubeページでスワヒリ語歌詞のふちがみさん訳もぜひご覧いただけましたら。

ふちがみとふなととエマーソン北村「キゲウゲウ」

ご紹介はしたものの、これに惑わされず(!?)においでくださいね。
お待ちしています!

「ふちがみとふなと」LIVE@ヒマール
5月19日(日)16:30開場/17:00開演
前売¥2,500/当日¥2,800
前売券のお求めは店頭またはヒマールオンラインストアで。
電話(0827-29-0851)、お問い合わせフォームなどからのご予約もお受けしています。

投稿者: (じ)

5月 10日, 2019 at 12:36 pm

カテゴリー: 未分類

5月のおたのしみと店休日

コメントなし

ゴールデンなウィーク、いかがお過ごしですか?
このところちょっと肌寒かったですが、そろそろいい感じの気候になりそうです。
ツバメもよく見かけるようになりました。
いい季節!

さあ、5月!
5月のおたのしみは、なんといっても「ふちがみとふなと」ライヴ
前回(2年ちょっと前)のライヴをご覧になった方は同意してくださると思うのですが、ふちがみとふなとを知らない初めての人でも間違いなくたのしめまるライヴですし、たとえばロックが好きだったりクラシックが好きだったり、好みの音楽がある人でもジャンルを超えてきっとおたのしみいただける音楽です。
ちょっとでも気になる方は迷わずぜひ、ご覧になることをおすすめします!
前売券は店頭にて絶賛発売中のほか、電話やメールでのご予約も承りますので、どなたさまもお早めにぜひぜひー!

そのほかの5月のおたのしみはこちらです!
「月1ピラティス」5/9(木)18:30〜 *定員満員
「月1ヨガ」5/23(木)18:30〜 *2名空き募集あり
読むロバの会」5/29(水)18:00〜 課題図書「父と暮せば」井上ひさし

今月もご来店をお待ちしています!

【5月の店休日】
毎週月曜+7日(火)と21(火)

投稿者: (じ)

5月 1日, 2019 at 10:00 am

カテゴリー: 未分類

刊行!「アフリカの難民キャンプで暮らす」

コメント 1 件

みなさんにぜひ読んでもらいたい本が、出ます!

「アフリカの難民キャンプで暮らす
 ブジュブラムでのフィールドワーク401日」
小俣直彦・著
こぶな書店・刊

出版するのは、25年来の友人でフリー編集者の小鮒由起子さんが「この本を世に出さねばならない」の決心で立ち上げた“ひとり出版社”「こぶな書店」。
ヒマールは、この本の宣伝・販売を全面的に担当します。

本の流通についてご存知の方には、わけがわからないことでしょう。本の流通ルートに通じているわけでもない、出版社でも取次でも書店でさえもない、地方のまちで革小物をつくったり雑貨を売ったりライヴをやったりしている店、夫婦ふたりだけでやっている小さな店が、いったいどうするつもりなんだ、と。ああ、少部数の自費出版なのか、と思われるかも。

いやいや!そうじゃないです。ベストセラー、ロングセラーにする気満々です!

「出ます!」と書きましたが、じつはもう完成しています。
ついさっき、印刷所からあがってきましたー!
刊行日は6月20日「世界難民の日」なのですが、“超”先行発売として、ヒマール店頭で発売開始します、いや、しました!本日より!!
連休明けには、ヒマールのオンラインストアでの通信販売も始めます。
そして刊行日に向けてだんだんと、全国の書店さんでも取り扱っていただけるよう奔走中!
全国の書店さん(に限らず、この本を販売してみようかなと思われるお店のみなさん)、資料等をお送りしますので、まずはどうぞお気軽にお問い合わせください(メール info@himaar.com、お問い合わせフォームはこちら)。

刊行日の6月20日「世界難民の日」にあわせ、著者の小俣直彦さんがイギリスより帰国されて都内で講演会の予定もあり、もちろんそちらの会場でも本をお求めいただくことができます。
講演会の詳細はあらためてお知らせいたします。

ヒマールとしては、これまでに、個人でものづくりをしている人のクラフトや音楽を、これは本当に素晴らしいものだから知ってもらいたい!届けたい!と思ってご紹介してきたのとまったく同じ気持ちで、この本の仕事を始めます。
ぜひぜひ、読んでみてくださいね!

投稿者: (じ)

4月 27日, 2019 at 12:30 pm

カテゴリー: 未分類

4月と5月の読むロバの会

コメント 1 件

今日は4月の「読むロバの会(読書会)」でした。
参加者は6名。
ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。

4月の課題図書はアゴタ・クリストフの「悪童日記」。
「悪童日記」というのは邦題ですが(直訳だと「大ノート」)、主人公である“ぼくら”はとてもいい子たちで「悪童」というタイトルに違和感があった、という人もいれば、悪ガキって感じですかね、という人がいたり、もちろん「悪童」がしっくりくる人もいて、いつもながら、読んで感じること・思うことは参加者それぞれでした。

私は30年近く前(?)にこの本がものすごく話題になったときに読んで以来の再読でしたが、すごい本だな!という印象は二度目でもやはり感じて、このわかりやすい強烈さと、いくらでも深読みできそうな読後感は、いまだにとりわけ若い年代に読まれているようですが、それも納得だなーと思いました。

さて次回、5月の読むロバの会は

日時:5月29日(水)18:00〜(1時間程度)
課題図書:「父と暮せば」井上ひさし(新潮文庫)

戯曲です。これを基に脚色して、黒木和雄監督が宮沢りえ・原田芳雄出演で撮った映画(同タイトル)もありますので、両方読んで観てみるのもいいかもしれませんね。

読むロバの会は、月に一度開いている読書会です。
毎月の課題図書をあらかじめ各自で読んできて、感想などをおしゃべりしています。
喫茶1ドリンクのご注文で、参加費無料・ご予約不要で、どなたでもご参加いただけます。
初めての方もどうぞお気軽にいらしてくださいね。

投稿者: (じ)

4月 24日, 2019 at 8:36 pm

多謝!タマオエントツパンチ展

コメントなし

長崎よりTAMAOOさんとENTOTUさん、熊本よりキタカゼパンチさんを迎えての「タマオエントツパンチ展」(みっつのいきおい)、会期終了いたしました。
ご来場くださったみなさま、誠にありがとうございました!

日頃からなかよしの3組。賑やかでたのしい雰囲気は、そのまま展示にもあらわれて、ご来場のみなさんもにこにこ笑顔で作品をご覧になっていて、こちらも和やかにあたたかい気持ちで過ごさせてもらった会期中でした。
何人ものお客様から「やってくれてありがとうございます」「またやってください」という声をいただいて、とてもありがたかったです。

3組の方々が初日から2日間の在廊を終えて帰られたときには寂しくてしんみりしてしまったのですが、明日の定休日にはこの素晴らしい展示をもう撤収しなくちゃいけなくて、そう思うとあの日以上に寂しい気持ちになっています。
素敵でおもしろくてたのしい展示をしてくださった、タマオさん、エントツさん、パンチさん、本当にありがとうございました!

初日の朝。

まもなくゴールデンウィーク。そのはじまりには、ヒマールの「書籍部のようなもの」からみなさんにお届けする第一弾の本について発表いたします。
そして、5月のおたのしみは「ふちがみとふなと」ライヴ。こちらは絶賛前売り発売中です!
ゴールデンウィークもそのあとも、たのしいことをご一緒にー。

投稿者: (じ)

4月 21日, 2019 at 9:22 pm

カテゴリー: himaar(2017年からの店)

5月は「ふちがみとふなと」!

コメントなし

ふちがみとふなとライヴまで、気づけばあと1ヶ月!
大型連休の予定がいっぱいでその先のことなんて考えられない、という方も多いかもしれませんが、それだけに、連休があけたらすぐにやってきそうなおたのしみ。うっかり忘れてた!なんてことにならないように、いまからカレンダーに印をつけて、ぜひお早めにご予約をー!!!!!

ふちがみとふなとLIVE@himaar

2019年5月19日(日)
16:30開場/17:00開演
前売 ¥2,500/当日 ¥2,800(いずれも+1オーダー)
チケットのお求めは
・ヒマール店頭
・電話予約 0827-29-0851(営業日の10〜19時)
・メール予約 info@himaar.com(名前、枚数、電話番号を明記)

投稿者: (じ)

4月 18日, 2019 at 5:12 pm

YOUR SONGSのライヴ盤

コメントなし

去年、山口洋さんがソロツアー「YOUR SONGS」で、みなさんのリクエスト曲を届けに来てくださって。
そのツアーでの演奏を収録した2枚組ライヴ盤「日本のあちこちにYOUR SONGSを届けに行く2018」が、3月25日に発売になりました。
そうなんです、ヒマールでの演奏も、そのアルバムに入っているのです!

店を始める前から、いつか山口さんに演奏に来てもらいたいなあと思い続けて、その願いが叶っただけでも感激なのに、さらにライヴ盤に収録されるなんて。店を始める前の自分が聞いたら、マジ驚くわー。
店に響く演奏。あの日の空気、湿度。呼吸する音さえ立てたくないくらいの気持ちで聴き入っていたお客さんおひとりおひとり。そんなことがぶわっと蘇って、何度聴いても泣きそうになる。
店の者としては、ライヴの当日はいろんなことに気が行っているので、演奏は聴いているようであまり聴けていないのです。なので、あの日、山口さんが「今日はウエットだねー」と言っておられたことにも「そうかなー?」と思っていたのですが、聴いてみたらウエットでした(苦笑)。

青森から石垣まで、各地の演奏も聴けたことで、ああ、これがヒマールの音か、と感じられて嬉しかった。

山口さん、ありがとうございました!
あの日の演奏を一緒につくってくださったお客さんたち、ありがとうございました!

ヒマールでの演奏からは、ライヴで演奏されることの少ない「ファイティング・マン」と宇宙まで続く「地平」が収録されています。「地平」ヤバイですよ。是非、聴いてください!

ちなみに、ジャケットのオモテ面には岩国の名店ブロッコリグリルと岩国発山陽本線の写真がどーんと。ヒマールは写真ないのかー、と思ったら、あった!けど、気づく人おるかなあ。

投稿者: (じ)

4月 1日, 2019 at 9:59 pm

ヒマール書籍部みたいなもの

コメントなし

いったい何屋なんだか、もはや自分たち自身でも説明できないヒマールが、ついに(やはり、か!?)今度は「書籍部みたいなもの」をスタートさせます!

といっても、夫婦ふたり体制に変わりはなく。

で、なぜ「出版部みたいなもの」と言わないかというと、自分たちで本をつくって出版もするのですが、それだけじゃなく、友達が立ち上げるひとり出版社の本の宣伝・販売も受け持つからです。
すでに流通ルートを持っているわけでもなんでもないヒマールが、出版社や取次みたいなことまでできるのか!?と思われるでしょうが、そこはこれまで店などをやってきたのと同じように、ヒマールなりのやり方で、試行錯誤でやってみよう、と。そうしかできないし、そのほうがおもしろい!はず!!

ということで第一弾の、友達が立ち上げるひとり出版社の記念すべき一冊めについて、まもなくお知らせできるかと思います(5月中旬刊行予定)。
そして、ヒマールからの本も、今秋の刊行をめざして進行中です!

書籍部みたいなもの、をはじめても、代わりにやめてしまうものはなく、店も革小物制作もますます張り切ってやっていきますので、みなさん、引き続きどうぞよろしくお願いします!

投稿者: (じ)

3月 29日, 2019 at 3:34 pm

カテゴリー: himaar(2017年からの店)