おすすめ投稿

12月の読むロバの会(オンライン読書会)

こちらは「読むロバの会(オンライン読書会)」の会場です。
日々のブログの更新は、ひとつ下の投稿から始まります。

読んで書く、文章に親しみ愉しむ読書会です。
本を読んで感じたこと、考えたこと、それを言葉に、ましてや文章にするのはなかなか難しいかもしれませんが、どうぞ気軽に書いてみてください。

12月の「読むロバの会(オンライン読書会)」
テーマは……
「今年の一冊」
毎年恒例の12月のテーマ。
この一年にそれぞれが読んだ本の中から、一冊を紹介しあいましょう。
今年読んだ本であればOK。今年出た本でなくて構いません。
一冊といわず、何冊紹介してもらっても構いません。
本として出版されているものであれば、ジャンルは問いません。

12月末までの1ヶ月間、上記のテーマで選んだ本について、このブログのコメント欄に書いていってください。

匿名でもOK。
何度書いてもOK。
誰かのコメントに返信してもOK。
書き方は自由です。

ご参加をお待ちしています!

2021年11月の読むロバの会「テーマ:K-BOOK」はこちら
2021年10月の読むロバの会「テーマ:酒」はこちら
2021年9月の読むロバの会「テーマ:老い」はこちら
2021年8月の読むロバの会「テーマ:戦争と平和」はこちら
2021年7月の読むロバの会「テーマ:夏」はこちら
2021年6月の読むロバの会「テーマ:ともだち」はこちら
2021年5月の読むロバの会「テーマ:仕事」はこちら
2021年4月の読むロバの会「テーマ;自然/nature」はこちら
2021年3月の読むロバの会「とにかくうちに帰ります」はこちら
2021年2月の読むロバの会「広場」はこちら
2021年1月の読むロバの会 「わたしたちが光の速さで進めないなら」はこちら
2020年12月の読むロバの会 「今年おすすめの一冊!」はこちら
2020年11月の読むロバの会 課題図書「地下鉄道」はこちら

「読むロバの会」がオンライン開催になったいきさつはこちら

12月のおたのしみと店休日

12月です。師走です。
年末に向けて忙しくなる時期ですが、たのしいこともたくさんです。

ヒマールでも3つの店内イベントがあります。

12/3(金)〜10(金)12:00-18:00 ※月曜休み
北岡幸士・渡辺キエ 二人展

福岡で作陶されている北岡さん、栃木で作陶されている渡辺さん、当店ではもうおなじみ、ご愛用者も多いおふたりのうつわを、あわせてご覧いただきます。
どちらも、ふだん使いにはもちろんですが、それぞれに凛とした印象があるので、クリスマスやお正月の食卓にもおすすめしたいうつわです。
おふたりの在店予定はありません。

12/18(土)・19(日)12:00-18:00
まいにちノッティング展示販売会

広島でノッティングの椅子敷きを制作されているササムライクコさん。
倉敷本染手織研究所で学ばれました。
民藝の伝統柄のほかに、ササムラさんならではのモダンな柄、愛らしい柄、小ぶりな丸い椅子敷きも素敵で、地元を中心にファンが増えています。
当店では昨年に続き2度目の開催。
両日ともササムラさん在店され、ノッティングの実演をご覧いただだく予定です。

12/21(火)〜29(水)12:00-18:00 ※月曜休み
13月の遊園地 pa.co.木工アート展

なんと7年ぶり、ほんとうに久しぶりのpa.co.(パコ)さん個展です。
常設では、そのときどきの“ブーム”(pa.co.の中でのそのとき流行っているもの)を届けてもらっていますが、今回の個展ではどんな世界を繰り広げてくださるのか、とてもたのしみです。
クリスマスをはさんでの開催、年末の忙しさを忘れて、pa.co.ワールドへどうぞ。
pa.co.さんの在店予定はありません。

***

店内でのおたのしみのほかに、オンラインで今月も読書会「読むロバの会」を開催します。
12月のテーマは、毎年恒例「今年の一冊」。
今年それぞれが読んだ本から、おもしろかった本、記憶に残っている本、おすすめしたい本を紹介しあいます。
初めての方もご参加いただきやすいテーマだと思いますので、ぜひ、お気軽に、コメントしてみてくださいね。

***

菓子工房ヴェールジョーヌの「ケーキの日」もあります。
12月といえばクリスマスケーキですが、9日の「ゆずのシフォンケーキ」に生クリームやフルーツを添えてクリスマスっぽくアレンジしてもらうのもたのしいと思いますし、23日の「チーズケーキ」は濃厚でコーヒーはもちろん、ワインやウィスキーなどお酒のお供にもぴったりでおすすめです。ぜひ。

***

12月は土曜の定休日もほぼ営業、日曜もほぼ営業します。
しばらくご来店いただいていない方にはちょっと驚かれるほど品物も増えていますので、ぜひ覗いてみてください。
平日も週末も、ご来店をお待ちしています!

【12月の店休日】
6日(月)
11日(土)/12日(日)/13日(月)
20日(月)
27日(月)
30日(木)/31日(金)
ヒマールは土曜と月曜が定休日ですが、12月は第2土曜以外営業します。
日曜は不定期営業で、12月は第2日曜以外営業します。
年内の営業は29日(水)まで。年始は未定です。

「転校生の花子さんとヨゲンジュウ」完成!&特典缶バッジ

まもなく発売のヒマッコブックス(ヒマールとこぶな書店の共同出版レーベル)第1弾、楢喜八「転校生の花子さんとヨゲンジュウ」、印刷所より第1便が届きました!
良いです〜!

正式発売日は11月12日ですが、ヒマール店頭では11月9日(火)より販売開始です!

さらに、明日11月8日(月)から銀座のギャラリー路地裏で始まる楢喜八さんの個展「あの頃のミステリとSF・挿し絵展」会場で先行発売いたします!(11月20日まで)

ヒマール店頭と楢さん個展会場でこの絵本をお求めの方には、もれなくオリジナル缶バッジをプレゼント!
ヒマールのオンラインストアでのお求めには「複数ご購入特典」として、2冊以上まとめてご注文の場合にプレゼントいたします(2冊ご注文で2個、3冊ご注文で3個……)。

絵柄は2種類。ヒマール店頭と個展会場ではお好きなほうをお選びください。通販はおまかせとなります。

読めば、きっと誰かにあげたくなるこの絵本。ぜひ、プレゼント用もあわせて2冊、3冊とお求めくださいね!

12月の予告!

来月のことになりますが。
ヒマールにしてはめずらしく、ひと月に3つも!展示会がめじろ押しなので、早めにお知らせしておきます!!!

一気に年末感!ですよね!!
12月はみなさんもいろいろとご予定が入る月かと思いますので、まずはヒマールへご来店いただく日をお決めいただいて!3つの展示会、すべてお見逃しのないようお出かけいただけましたら幸いです!!!

10月から11月へ

10月31日の衆院選が終わって、がっかりしなかったと言えば嘘になりますけど、よかったこともいっぱいあったな、というのが今の正直な気持ちです。

一番がっかりしたのは投票率。55〜56%!? もう少し高くなるだろうと思ってました。なにより、山口県は全国で最低の49%台……まじですか……。
山口の小選挙区は4区共に、自民候補が開票と同時に当確が出る強さで、投票前からそれが当然みたいな雰囲気もありましたから、与党支持者は「自分が投票に行かなくても」という人も多かったでしょうし、野党支持者は「自分が投票に行っても」という人も多かったでしょう。その気持ちもわからなくはないんですけど、当選する人が変わらないとしても、投票することはすごく重要だ、と思うんです。
どういうことかいうと、まず、投票する人の数は「ちゃんと仕事するか、見ているぞ!」という人の数、わずかでも政治に関心を持っている人の数と言えるんじゃないでしょうか。投票率が高ければ高いほど、政治家にはプレッシャーになります。また、当選したとしてもほかの候補に投票した人の数が多ければ、当選した人は自分に投票しなかった大勢のほうも向いて仕事をしていかざるをえなくなりますよね、次の選挙のことも考えて。

一番よかったと感じたことは、さまざまな運動に出会えたこと。我が家はテレビがなく新聞もとっていませんが、インターネット上で「みんなの未来を選ぶチェックリスト」をはじめ、各党や各候補者へのアンケート回答や社会問題に対する考えをまとめたサイトをいくつも見ることができましたし、「Choose Life Project」をはじめとするネットメディアや、TwitterのスペースやInstagramのインスタライブなどを活用したトーク配信などでもたくさんの人の考えを聴くこともできました。
「表現と政治」プロジェクトのメンバーが運営された#投票ポスター2021という企画、「GO VOTE JAPAN」の#わたしが選挙に行く理由の発信、東京で行なわれた投票マーチ、広島で行なわれた「投票所はあっちじゃけえ」の活動などなど、一人ひとりがそれぞれのやり方で、「自分ごと」としてそれぞれ政治に参加されていることに、とても元気づけられました。
追伸:あと、ラジオ! とくに荻上チキさんの投票日の放送は、今からでも聴くといいです。

ともあれ、選挙の前だけ急に「投票に行こう」とか「政治に関心をもとう」とか言われても、なかなか難しいのだなということも実感。自分自身、まだまだ不勉強なところもありますし、知りたいこともたくさんあるので、これからも日々、本を読んだり本を届けたりすることを中心に、店でももっとみなさんとおしゃべりするようにしていきたいな、と思っています。政治って生活のあらゆること・ものと切り離せないものだと思いますから。

さて、すっかり長くなりましたが。

10月は「伊東製靴店の受注会2021」へのご来場、たくさんのご注文、ほんとうにありがとうございました!
11月は店でのイベントの予定がありません。
そのかわり、12月は3つも(まもなくお知らせします!)展示会の開催を予定していますので、どうぞたのしみにしていてください。

店内イベントはなくても、おたのしみはありますよ!

11月12日にはミニ絵本「転校生の花子さんとヨゲンジュウ」を発売します!
ヒマールとこぶな書店が一緒につくる共同出版レーベル「ヒマッコブックス」からの第1弾です。

夏の間お休みしていた菓子工房ヴェールジョーヌの「ケーキの日」も、長いお休み(ずっと暑かったですもんね)を終えて復活!
ただいま11月11日お渡しの「アールグレイのミルクティー・シフォンケーキ」のご予約を承り中です。

オンラインで開催している「読むロバの会(読書会)」は、今月開催の「K-BOOKフェスティバル」にヒマールが書店として参加するのと連動して、テーマ「K-BOOK(韓国の本)」で、すでに会場をオープンしています。
どうぞお気軽にコメントを書き残してくださいね。

なんとなくずっと落ち着かなかったので、11月は通常運転でペースを取り戻すリハビリ期間という感じでしょうか(苦笑)。
のんびりと、ご来店をお待ちしています。

【11月の店休日】
1日(月)、2日(火)
6日(土)、7日(日)、8日(月)
13日(土)、15日(月)
20日(土)、21日(日)、22日(月)
27日(土)、29日(月)

11月の読むロバの会(オンライン読書会)

こちらは「読むロバの会(オンライン読書会)」の会場です。
日々のブログの更新は、ひとつ下の投稿から始まります。

読んで書く、文章に親しみ愉しむ読書会です。
本を読んで感じたこと、考えたこと、それを言葉に、ましてや文章にするのはなかなか難しいかもしれませんが、どうぞ気軽に書いてみてください。

11月の「読むロバの会(オンライン読書会)」
テーマは……
「K-BOOK(韓国の本)」
ヒマールは、今月開催の「K-BOOKフェスティバル」参加書店。
全国30店のポップアップストアの1店として、さまざまな韓国の本を店頭に並べています。
11/16(火)〜21(日)の6日間は、オンラインでさまざまなイベント(イ・ランさんのライブ&トーク、小泉今日子さんの朗読&トーク、キム・ヨンスさん✕星野智幸さんの対談など)も開催されます。

11月末までの1ヶ月間、上記のテーマで選んだ本について、このブログのコメント欄に書いていってください。

過去に読んだ本から選び、オススメ紹介文を書いてもよし。
テーマをもとに自分自身の今月の一冊を選んで、読んだ感想などを綴ってもよし。
匿名でもOK。
何度書いてもOK。
誰かのコメントに返信してもOK。
書き方は自由です。
ヒマール店頭でも、今月のテーマで本をセレクトして並べますので、よかったらチェックしにいらしてください。

ご参加をお待ちしています!

2021年10月の読むロバの会「テーマ:酒」はこちら
2021年9月の読むロバの会「テーマ:老い」はこちら
2021年8月の読むロバの会「テーマ:戦争と平和」はこちら
2021年7月の読むロバの会「テーマ:夏」はこちら
2021年6月の読むロバの会「テーマ:ともだち」はこちら
2021年5月の読むロバの会「テーマ:仕事」はこちら
2021年4月の読むロバの会「テーマ;自然/nature」はこちら
2021年3月の読むロバの会「とにかくうちに帰ります」はこちら
2021年2月の読むロバの会「広場」はこちら
2021年1月の読むロバの会 「わたしたちが光の速さで進めないなら」はこちら
2020年12月の読むロバの会 「今年おすすめの一冊!」はこちら
2020年11月の読むロバの会 課題図書「地下鉄道」はこちら

「読むロバの会」がオンライン開催になったいきさつはこちら

11/12発売決定!「転校生の花子さんとヨゲンジュウ」

先日お知らせした、こぶな書店とヒマールの共同出版レーベル「ヒマッコブックス」からの第1弾!出ます!!

ヒマッコブックス1
「転校生の花子さんとヨゲンジュウ」楢喜八

定価1,100円+税
A6横(縦105✕横148mm)中ミシン上製本 24ページ
ISBN 978-4-9912195-1-1 C8793
2021年11月12日刊行

花子さんが、A小学校に転校してきた。
ヨゲンジュウたちを連れて……!

アマビエだけじゃない! ヨゲンジュウ(予言獣)を知っていますか?
『学校の怪談』シリーズで「花子さん」を描き続けてきた楢喜八による、初のミニ絵本。
あの花子さんがヨゲンジュウたちを連れて帰ってきました!

長引くコロナ禍で、たくさんのできないことや、たくさんの決まりごとを受け入れて学校生活を送っている子どもたち。
制限と制約の多い毎日に、せめて、のびのびと空想して少しでもたのしく過ごしてもらえたら……。
そう考えて、楢喜八さんが描く花子さんにお願いして、おなじみアマビエをはじめとするヨゲンジュウたちを学校へ連れて来てもらおう!と思い立ち、お守りになるような絵本をつくりたいと企画しました。

正体不明、でも、なんだかかわいいヨゲンジュウたち。
ちょっと怖くて、どこかユーモラス、隅から隅まで何度も見ずにはいられない、楢喜八ならではの絵の世界が小さな一冊に広がります。

花子さんに初めて出会う子どもたちにも、子ども時代を花子さんと過ごした世代にも、いつもそばに置いて繰り返しおたのしみいただけることを願っています。

絵:楢喜八 1939年樺太に生まれる。金沢美術工芸大学油絵科卒業。1968年ミステリマガジン(早川書房)8月号で挿画デビュー。ミステリー・SF・ユーモア小説を中心に幅広いジャンルで多数の装画・挿画を手がけ、大人から「学校の怪談」シリーズ読者の子どもまでファン層も幅広い。個展などで定期的にオリジナル作品も発表し続けている。1978年講談社出版文化賞(さし絵部門)受賞。2004年田河水泡賞受賞。2018年ヒマールにて「学校の怪談」同窓会展を開催。2020年『誰かが見ているーー楢喜八作品集』(こぶな書店)を刊行。

協力:常光徹(国立歴史民俗博物館名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授)

ブックデザイン:辻川文俊(ヒマール)
構成・編集:小鮒由起子(こぶな書店)/辻川純子(ヒマール)

手のひらサイズのミニ絵本です。
本日より、ヒマールのオンラインストアにてご予約販売を開始しました(お届けは発売日前後になる予定です)。そちらにサイズ感のイメージ写真をアップしていますのでご覧ください。
また、11月8日(日)より東京・銀座で開催の楢喜八個展での先行販売を予定しています。こちらの詳細は追ってお知らせします!

10月のおたのしみと店休日

10月です!
でも、岩国はきょうも最高気温30℃超え。真夏か!?
思いがけない暑さが続き、今になって夏バテしています……。

さて、とはいえ10月。
10月のおたのしみは、なんといっても2年以上ぶりに開催の「伊東製靴店の受注会」
革靴選びの気分が盛り上がるように、秋らしくなることを期待しています!!
すでにご愛用中の方も、初めての方も、どうぞお気軽に試し履きにいらしてください。

10月の読むロバの会(オンライン読書会)の会場もオープンしています。
今月のテーマは「酒」。
「酒」が主題の本でなくても、印象に残るお酒のシーンとか、酒に溺れた登場人物の行動とか、自由に「酒」に絡めて書いてみてください。どうぞお気軽に!

今月は、夏の間お休みしていた菓子工房ヴェールジョーヌの「ケーキの日」も再開します。
日程やケーキの種類は追ってお知らせしますので、チェックしていただけましたら。

そして、まもなく、ヒマールの出版なかま「こぶな書店」より、新刊が発売になります!
税所篤快著「僕、育休いただきたいっす!」
子育て中の人にも、そうでない人にもおすすめしたい、爽快な一冊です!
ヒマールには早ければ15日〜19日頃に入荷予定。ぜひ!

今月もご来店をお待ちしています!!!!!

【10月の店休日】
2日(土)/3日(日)/4日(月)
9日(土)/10日(日)/11日(月)
16日(土)/17日(日)/18日(月)
25日(月)
*ヒマールは土曜と月曜が定休日ですが、22〜31日の「伊東製靴店の受注会」期間中は月曜のみ休みます。
*日曜は不定期営業。10月は前半休み、後半営業します。

10月の読むロバの会(オンライン読書会)

こちらは「読むロバの会(オンライン読書会)」の会場です。
日々のブログの更新は、ひとつ下の投稿から始まります。

読んで書く、文章に親しみ愉しむ読書会です。
本を読んで感じたこと、考えたこと、それを言葉に、ましてや文章にするのはなかなか難しいかもしれませんが、どうぞ気軽に書いてみてください。

10月の「読むロバの会(オンライン読書会)」
テーマは……
「酒」

10月末までの1ヶ月間、上記のテーマで選んだ本について、このブログのコメント欄に書いていってください。

過去に読んだ本から選び、オススメ紹介文を書いてもよし。
テーマをもとに自分自身の今月の一冊を選んで、読んだ感想などを綴ってもよし。
匿名でもOK。
何度書いてもOK。
誰かのコメントに返信してもOK。
書き方は自由です。
ヒマール店頭でも、今月のテーマで本をセレクトして並べますので、よかったらチェックしにいらしてください。

ご参加をお待ちしています!

2021年9月の読むロバの会「テーマ:老い」はこちら
2021年8月の読むロバの会「テーマ:戦争と平和」はこちら
2021年7月の読むロバの会「テーマ:夏」はこちら
2021年6月の読むロバの会「テーマ:ともだち」はこちら
2021年5月の読むロバの会「テーマ:仕事」はこちら
2021年4月の読むロバの会「テーマ;自然/nature」はこちら
2021年3月の読むロバの会「とにかくうちに帰ります」はこちら
2021年2月の読むロバの会「広場」はこちら
2021年1月の読むロバの会 「わたしたちが光の速さで進めないなら」はこちら
2020年12月の読むロバの会 「今年おすすめの一冊!」はこちら
2020年11月の読むロバの会 課題図書「地下鉄道」はこちら

「読むロバの会」がオンライン開催になったいきさつはこちら

新レーベル「ヒマッコブックス」

30年来の友人・小鮒由起子さんが2019年に立ち上げた “ひとり出版社” こぶな書店(その刊行物の卸を含む販売はヒマールが担当しています)と、ヒマールとで、「一緒に本をつくろう!」ということになりました。
こぶな書店とヒマールの共同出版レーベル「ヒマッコブックス」、はじめます!

そのきっかけのはじまりはこちらにちらっと書いてありますので、ご覧いただけましたら。
まもなく、新レーベル「ヒマッコブックス」からの第1弾、お知らせできると思います!

こぶな書店がこれまでに出した本は、小俣直彦さんの「アフリカの難民キャンプで暮らす」、楢喜八さんの「誰かが見ている」。そして、まもなく出る本が、税所篤快さんの「僕、育休いただきたいっす!」。
ヒマールがこれまでに出した本は、アンディ・アーヴァイン歌詞集「旅に倦むことなし/NEVER TIRE OF THE ROAD」、松井ゆみ子さんの「アイリッシュネスへの扉」。
一見すると、まったく別の方向性のように思われるかもしれませんが、もっと大きなところで、わたしたちの志はずっと同じ方を向いています。
それぞれに出す本と、共同で出す本、よかったら、どうぞこれから追いかけてみてください。

ヒマッコブックスは、ヒマールの「ヒマ」と、こぶな書店の「コブ」をあわせて命名しました。
で、それと同じ発想で、そのロゴをつくりました!

シンボルマークは、神話に登場する「ヒッポカンポス」の“ロバ+ふなバージョン”。
そんなこと言われても、わかる人、いませんよね?(笑)

たのしい本をたのしくつくっていますので、たのしみにしていてくださいね!!