投稿者「ヒマールじゅんこ」のアーカイブ

読むロバの会の日

でした(昨日になりましたが)。
参加者は2名。

それぞれに読んでおられたのは…
『日本幻想文学集成 内田百閒』
ジョイス・キャロル・オーツ(栩木玲子訳)『とうもろこしの乙女、あるいは七つの悪夢』

新編が出ている『日本幻想文学集成』シリーズですが、旧版から『内田百閒』の巻を持って来られました。前回の読書会の日に、ちょうど楢喜八のヨゲンジュウ原画展を開催中でクダン(件)の話になり、「百閒先生の『件』を読みたくなって」再読とのこと。「やっぱりいつ読んでも百閒先生はいい。おもしろい」と。

『とうもろこしの乙女、あるいは七つの悪夢』は、「タイトルにひかれて買ってみた」とのこと。『とうもろこしの乙女』というタイトルの中編のあとに6つの短編が続くようですが、それらが関連があるのか、全体で『七つの悪夢』になるのかは「まだわからないけど、たぶん関連はないんじゃないかな」とのこと。

わたしは、梨木香歩『歌わないキビタキ』を。毎日新聞での連載エッセイをまとめた一冊。百閒先生と同じく、やっぱりいつ読んでも梨木香歩はいいです。おもしろい。鳥や植物の話、政治の話、親戚の人や自分の病気の話……ばらばらに見えて決してばらばらでない、人生だなあ、と思いました。百閒先生を読んでいた人と、海外文学を素晴らしい翻訳で読めるのはもちろんありがたいことだけれど、こうして日本語で書かれた素晴らしい文章をそのまま味わえることを体験すると、ほんとうに得をした気持ちになるね、というようなことを話しました。ありがたい。

次の読むロバの会は、3月7日(木)15時から16時ごろまでやります。
読むロバの会は、読書時間と読書空間を共有する読書会です。
各自で読みたい本を黙って読み、最後に読んでいた本を見せあったりしています。
なんの準備も(予約も)いりませんので、どうぞお気軽にご参加くださいね。

読むロバの会の日

でした。
参加者は2名。

それぞれに読んでおられたのは…
松井ゆみ子『アイリッシュネスへの扉』
ジャン・エシュノーズ(関口涼子訳)『ラヴェル』

『アイリッシュネスへの扉』は、前回に続いて。アイルランドが舞台の新作映画「コット」を観てこられたばかりだそうで、その映画とこの本に重なる部分も見つけながら(たとえば、水の事故で亡くなったこども、ゴム長など)いっそうおもしろく読み進めている、と話してくださいました。

『ラヴェル』は、「ボレロ」などで知られるフランスの作曲家・ラヴェルの晩年を描いた小説。「まるで音楽のような文章!」とのこと。ラヴェルはとてもユニークな人だったようで、アメリカへの演奏旅行の船旅では一日に何度も服を着替え、パジャマだけでなんと27着も持って行っていて「今日はエメラルドグリーンのパジャマにしよう、と着替えたり、読んでいて笑えておもしろい」そうです。

わたしは、岡真理『ガザとは何か』を。昨年10月の早稲田大学と京都大学での講義内容をまとめて緊急出版された一冊。ちょうどその頃に、わたしは広島の大型書店へ行く機会があって、書店員さんに「パレスチナ問題について書かれた本が読みたいのですが、どのへんにありますか?」と尋ねたところ、「そういう本はまだないですね。ウクライナとロシアの本ならあるんですけど」と言われ、いろんな意味ですごくショックを受けたことがありました。その後、あまり詳しくない人でもわかりやすく読める本はないだろうかと自分なりに調べてみて、選択肢はあまり多くないなと感じ(絶版で仕入れられなかった名著も多いです)、この現状こそがまさに、日本(世界も)のほとんどが70年以上パレスチナを見ないようにしてきたということなのだなと感じました。遅いことはわかっているけれど。「まずここから」の一冊として、この本はとてもわかりやすかったのでおすすめしたいです。

次の読むロバの会は2月27日(火)15時から16時ごろまでやります。
火曜は定休日ですが、この週は「北岡幸士・渡辺キエ 二人展」会期中につき営業します。
読むロバの会は、読書時間と読書空間を共有する読書会です。
ご都合のつく方はぜひ。いっしょに本を読みましょう。

読むロバの会の日

でした。
木曜の夕方17時。
3人がご参加くださいました。ありがとうございました!

それぞれに読んでおられたのは……
鎌田東二『超訳 古事記』
松井ゆみ子『アイリッシュネスへの扉』
『冬の本』

『超訳 古事記』、古事記は原文・読み下し文で読むのはとても難しく、たくさんの「訳本」が出されていますが、これは超訳というだけあって「とても読みやすくて、一気読みできそう」と。「ちょっと前に町田康さんの『口訳 古事記』も読んだのですが、おもしろかったです!」とのこと。そういえば、以前に課題図書を読むロバの会でも古事記を読んだことがあったね……という話になり、どの訳本を読んだんだったっけ?と思い出せずにいたら、読書会を一緒にやっている人から帰宅後に連絡もらい、福永武彦『現代語訳 古事記』でした!

『アイリッシュネスへの扉』は、「最近、続けてアイルランド関連のニュースを目にすることがあったので、今日来て店頭で見て、気になって手にしてみました」とのこと。読みながらたくさん書き込みをされているようでしたが、「歴史とともにある生活なんだなあ、と。松井さんの文章がとてもいい。じっくり読みます」とおっしゃっていました。ヒマールで出版した本なので、読んでいただけて感想も伺えて、とても嬉しいです!

『冬の本』は、冬を描いた本、冬を連想させる本など、「冬」と「本」をテーマに、84人が書いたごく短い(見開きページくらいの)エッセイをまとめた一冊だそう。短いエッセイは、どんどん読めそうないっぽうで、「続けて読むと、文体などがばらばらなのが気になって、入り込めない感じもある」とのこと。「青山南さんが取り上げている本(昔のニューヨークへ行きたいと強く願っているうちに、写真を見ていたらタイムスリップできるようになった……というSF小説?←追記:ジャック・フィニー『ふりだしに戻る』でした!)がおもしろそう」と話されているのを聞いていたら、わたしもそれが読みたくなってきました。

わたしは、オスタップ・スリヴィンスキー(ロバート・キャンベル訳)『戦争語彙集』を。著者はウクライナの詩人で、ウクライナの西の端・リヴィウ在住。2022年2月のロシアのウクライナ侵攻以降、爆撃が多い地域からの避難者が急増したリヴィウでボランティアをしながら、避難者たちの話を聴き、そこから77の言葉とその証言を記録した文芸ドキュメントを発表しました。訳者のキャンベルさんは、そのドキュメントを英訳から日本語に訳し、言葉の背景に近づくために著者とオンラインで対話を重ね、さらにはリヴィウを訪れて著者の聴き取りにも同行、そのときの手記もあわせて収録されています。戦争に巻き込まれ犠牲になっているのは、当たり前だけど一人ひとり名前のある人間で、それはたまたまわたしじゃないだけで、わたしであってもおかしくはないんだってこと、考えずに忘れていたいと思ってしまうこともあるのですが、覚えていなくちゃいけないです。

さて、次の読むロバの会は、2月18日(日)15時から16時ごろまでやります。
各自で黙って好きな本を読む、読書時間と読書空間を共有する読書会です。ご予約不要。お気軽にご参加ください。
以前やっていた課題図書を読むロバの会も、そろそろ再開してみたいなと思っています(各自で読むロバの会は続けつつ)。ご意見やリクエストなどありましたら、どうぞお聞かせください。

多謝!キセルLIVE

キセル ワンマンツアー「春隣」番外編 at ヒマール 満員御礼!
ご来場くださったみなさま、ありがとうございました!!

初めてお迎えしたキセル。
個人的にはキセルのライブを生で観るのは3回目で、CDを聴いたり配信ライブを観たりもしていますが、やっぱり、生ライブは最高に素晴らしかったです!!!
楽器の音色と歌声、言葉とメロディーとリズム、信念と柔軟さ、空のようなひろがりと針のような鋭さ、結成25周年の積み重ねと進化……みたいなものが響きあって、全身に染み渡っていくようでした。とてもほぐされたし、すごく刺激を受けました。

けっこうな雨降りで、ご来場にはたいへんなお天気になってしまいましたが、雨の夜のキセルも、いいもんだなあと思いました。

ヒマールにとっては、ドラムセットのあるライブは初めてで、楽器の数も多かったりして、リハーサルが終わるまでは楽しみなどきどきよりもプレッシャーのほうのどきどきが勝っていたので(苦笑)、無事に演奏をお届けできてほっとしています。
ステージと客席の高さが同じ会場なので、席によっては見えにくくてすみませんでした……お楽しみいただけましたでしょうか。

写真はすべて、ナガツカアキラさんの撮影です。
いつもありがとう!(毎回手伝ってくれる妹も)

キセルとつないでくださった中村明珍さん、二階堂和美さん、ありがとうございました。
素晴らしいライブを開催できたこと、心から感謝しています!
(ニカさんには、ガンジーさんのドラムセットもお借りしました!)

最後になりましたが、キセルのおふたり、辻村豪文さんと辻村友晴さん、岩国まで演奏を届けに来てくださって、ほんとうにありがとうございました!!
今回、ぐっと近くでおふたりの演奏にふれることができて、ますますキセルのファンになりました。
また来ていただけますように!お待ちしています!!!


読むロバの会の日

でした。
参加者は1名。
読んでおられたのは、『「その他の外国文学」の翻訳者』。
図書館や書店などで「その他の外国文学」として棚にまとめられる、日本語に翻訳され紹介されることの少ない、つまりは学習者が少ない言語で書かれた外国文学の、翻訳者へのインタビュー集。今日の読書会中には、丹羽京子さん(ベンガル語)、吉田栄人さん(マヤ語)、青木順子さん(ノルウェー語)へのインタビューを読まれたそうです。日本でその言語の翻訳者はその人一人だけ、という方もいて「おもしろすぎる」とのこと。翻訳者がいてこそさまざまな国の作品を読むことができるので、読者としてはとてもありがたい存在だし、マイナーな言語を学ぶのってたのしんだよなあ、とお話を聞きながら(わたしも広東語とハングルを学んでいます)。

わたしは、ハン・ミファ著(渡辺麻土香訳/石橋毅史解説)『韓国の「街の本屋」の生存探究」を。昨年のK-BOOKフェア参加店から「飾り付けコンクール」の優秀賞に選ばれたごほうびで、「韓国の書店を巡る旅」にご招待いただいたので、行く前に韓国の書店事情を少しでも知っておきたいと思って読み始めました。まだ途中ですが、日本と似ているところもあったり違うところもあったり、書店としてのヒマールをこれからどうしていくか考えているところでもあるので参考になる点も多く、とてもおもしろく読んでいます。ソウルで案内していただける予定の書店も紹介されていて、ますます訪問がたのしみになっています!

さて、次の読むロバの会は2月8日(木)17時から18時ごろまでやります。
夕方遅めのほうがご都合のいい方、ぜひご参加ください。

各自で読みたい本を読む、読書時間と読書空間を共有する読書会です。
ご予約不要です。お気軽にどうぞ。

読むロバの会の日

でした。
今年になって初めての読書会。
久しぶりに夕方17時から開いてみました。
が、参加者はいつもと変わりませんでした(苦笑)。

参加者は2名。
それぞれに読んでおられたのは…
ヨハンナ・シュピリ(松永美穂訳)『アルプスの少女ハイジ』
春暮康一『オーラリメイカー』

『アルプスの少女ハイジ』は、日本ではスタジオジブリのアニメ作品として一番知られているかもしれませんね。アニメは「原作のままと言っていいと思う」そうです。小説で読むほうが「少し、キリスト教色を強く感じるかな」とのこと。どうしてもアニメのハイジやクララの顔が浮かんでしまうので、「違う違う」とふり払いながら読んだそうです(笑)。

『オーラリメイカー』、「日本にもこんなハードSFを書く作家がいたのか!とびっくりしながら読んでいる。おもしろい!」とのこと。第7回ハヤカワSFコンテスト優秀賞受賞作品だそうです。

わたしは、コラム・マッキャン(栩木玲子訳)『無限角形』を。年末に読んでいた人から借りて読み始めました。それぞれ理不尽に娘の命を奪われた、パレスチナ人の父とイスラエル人の父。二人が出会い、話し、共に行動していく、実話をもとにした物語です。まだ読み終えていないから、というのもありますが、この小説を読んでいる今の気持ちはここにさらっと書くことはできません。わりと分厚くて値段もする本ですが、図書館で借りてでもいいので、多くの人に読んでもらいたいと思います。

次の読むロバの会は1月27日(土)15時から16時頃までやります。
読みたい本を持って、どうぞお気軽にご参加ください。

仕事はじめ

2024年の店の営業、今日からでした。
仕事はじめ、とはいえ、年始休みのあいだに棚卸しをやっていたので、仕事はもうはじめていたのでした。

棚卸し、年々商品の種類が増え、点数が増え、仕入れ先が増え……
たとえば、書籍ひとつとっても、仕入れ先によって卸掛け率が異なる……
もはや、アナログで、個人でやるには、無理な規模の店だ……
と、昨年も思ったのですが、今年はもう「いよいよ限界だぞ!」と自分自身に言い聞かせました。
POSレジのようなものを導入するのも人を雇うのも、それはそれでめんどうでもあるので、ここを限界と定めて、事務仕事を増やすことがないように気をつけていかねば、と年始に誓ったところです。
視野を大きくもっておもしろいことを考えられる余裕は残しておかねば。

革小物部門が縮小されてきたので、よし(!?)と思ったのですが、Tシャツ部門が拡大してきたので、むむむ(!?)と思ったりも。

今年最後の、読むロバの会の日

でした。
参加者は2名。
それぞれに読んでおられたのは…
ブルハン・ソンメズ(最所篤子訳)『イスタンブル、イスタンブル』
コラム・マッキャン(栩木玲子訳)『無限角形』
どちらもそれぞれ、前回に続いて、でした。

わたしは、開催中のK-BOOKフェアがいよいよ明後日までなので、K-BOOKから、チョン・セラン(すんみ訳)の短編集『屋上で会いましょう』を。昨日、韓国から悲しいニュースが届き、ちょっと苦しくなっていたので、チョン・セラン作品に助けを求めました。今日は、収録作品のうち表題作の「屋上で会いましょう」と「ボニ」を読むことができました。1時間のこの読書に、とても救われた気持ちでいます。

一昨年10月から新しいかたちで再開したオフラインの読書会。ほぼ週1回のペースで1年ちょっと、今日で55回になりました。
来年も引き続き、この「読書空間と読書時間を共有する読書会」は続けていきたいと思っていますが、もうちょっとみなさんが参加しやすくなるように時間帯を遅くしてみるとか、変更していきたいと思っています。
気になっているけど参加できていないみなさん、「この時間帯だったら」「この曜日だったら」というリクエストがありましたら、ぜひ教えてください。
新年の予定は、また年が明けてからお知らせします。

それと、久しぶりに「同じ課題図書を読んで話をする読書会」も開きたいなと思っているのですが、どうでしょうか? 参加したい方、おられますか?
「こんな読書会だったら参加してみたい」という声も、聞かせてもらえたら嬉しいです。
読書のおもしろさを感じてもらえる会にしたいと思っています。

今年もたくさんの本と出会い、読むことができました。
来年もたくさん読めますように。そして誰かと本の話ができますように。

読むロバの会の日

でした。
参加者は2名。

それぞれに読んでおられたのは……
ブルハン・ソンメズ(最所篤子訳)『イスタンブル、イスタンブル』
コラム・マッキャン(栩木玲子訳)『無限角形』

『イスタンブル、イスタンブル』は、地下牢に閉じ込められた4人が順繰りに拷問に連れ出されながら、お互いに物語をし合いながら過ごしているお話のようです。作者ソンメズは英国に亡命したクルド系トルコ人で、本作はトルコ語で書かれて英語に訳され、さらに日本語に訳された重訳だと思う、とのこと。

『無限角形』は、ゴム弾に命を奪われた娘をもつパレスチナ人の父親と、テロで命を奪われた娘をもつイスラエル人の父親を軸とした物語のようです。作者マッキャンはアイルランド人。重たい話だけど、各章が短く読み進めやすい、とのこと。

わたしは、李箱(斎藤真理子訳)『翼 李箱作品集』を。李箱の作品を読むのは初めてです。韓国で最も権威のある文学賞として「李箱文学賞」があることは知っているので、若くして亡くなった李箱の生前に一冊も本が出版されていないことを知り、とても驚きました。この本には「この特異な作家の才能をまんべんなく味わえるよう、詩、小説、随筆、紀行、童話、書簡など多様なスタイルの文章」(訳者まえがきより)が収められています。今日は小説「翼」の途中までしか読めなかったのですが、大正から昭和初期の日本文学の香りがしました。

さて、次の読むロバの会は、12月28日(木)15時から16時ごろまでやります。
今年最後の読書会です。
年の瀬でみなさんお忙しいことと思いますが、1時間が無理なら10分でも、コーヒーでも飲みながら本を開いてみませんか?
もう忘れられているかもしれませんが(苦笑)、30日までK-BOOKフェアも継続中ですので、ぜひ!(ご購入特典のプレゼント応募も年末までできます!)
ご予約不要、ご参加をお待ちしています!

多謝!二階堂和美LIVE

二階堂和美「ちいさな年末歌謡ショー」
満員御礼!!!ありがとうございました!!

「満を持して」実現した、密かに「念願」だったニカさんライブでした。

わたしたちが初めて生でニカさんのステージを見たのは、10年くらい前でしょうか、周防大島で寄り道バザールが主催されたキセルとのツーマンライブ・イベントに出店させてもらったときでした。
寄り道バザールの中村明珍さんがヒマールのことをニカさんとガンジーさんに紹介してくれて、おふたりが店へ遊びに来てくださるようになりました。
その後、ヒマールでギターパンダ(山川のりをさん)のライブをやるときには「ふたりギターパンダ」「瀬戸内ギターパンダ」としてベーシストであるガンジーさんが必ず参加してくださるようになったり、じつはけっこうご近所なので、僧侶でもあるガンジーさんがおまいりの帰りに店へ寄ってくださってコーヒーを飲みながら沖縄の話を聞いたり本の話をしたり、ガンジーさんが住職を継承される会をお手伝いさせてもらったり、家族ぐるみでごはんを食べたりして過ごしていました。
そのあいだに、生でニカさんのステージを見る機会も増えていって、「なんてすごい歌手なんだ!なんてすごいソングライターなんだ!」と思う気持ちが見るたびに更新されていき、それゆえに「店で演奏してもらいたい」ということをどんどん言い出せなくなってきていました。

去年の3月にガンジーさんの訃報が届いたときは、信じられなくて、ほんとうにショックでした。かなしくてさみしくて、それ以上に、ニカさんのことが心配で気になって。
お寺のこともおうちのことも全部がいっぺんにその肩にのっかってきて、泣きながらでも止まることを許されずに走り続けているみたいなニカさんを見ていて、倒れちゃうんじゃないか、無理しないでほしい、と心配しながら、いっぽうでは、歌うことは続けてほしい!と願っている……ファンとは勝手なものですね。

そんな勝手なファンたちの荒療治(!?)のおかげで、今回のライブができたのかもしれないなーと、各地のみなさんに感謝いたします!

ニカさんと一緒にタイトルを考えた「ちいさな年末歌謡ショー」、いやー!めちゃくちゃたのしかった!!!!!(ニカさんはたいへんだったと思いますが・苦笑)
黒瀬みどりさんのピアノ(変幻自在!素晴らしいピアニストです!!)とニカさんの歌声だけで、こんなにちいさな会場で、しっかり「歌謡ショー」でしたよね? ご覧くださったみなさん、いかがでしたか?

荒療治の一貫で、ステージでまたニカさんをいっぱい泣かせてしまうことになって申し訳なかったけど、でもね、あんまりひとりで泣いてほしくはないからさ、会場のみなさんと一緒に思い出して一緒に泣こう! これからも。いつまでも。(と直接ご本人に言いにくくて、ここに書いてしまいます)
今回も、歌うニカさんのそばにはずっとガンジーさんのコントラバスがあって、1曲だけ、ニカさんが演奏しながら歌ってくれました。
ガンジーさんのコントラバスの音が、またヒマールに響いて嬉しかった。
終演後、「3人(ニカさんとみどりさんとガンジーさん)がいるみたいだった」と話してくれた方もいました。

写真はすべて、ナガツカアキラさんです。いつもありがとう!
フライヤーのイラストを描いてくれたきみ子さん、ありがとう!

二階堂和美「ちいさな年末歌謡ショー」、実現できて、ヒマールのこの1年をこんなに素晴らしいライブで締め括ることができて、ほんとうに嬉しい!
ご来場くださったみなさん、ありがとうございました! 今回は早々に満席になってしまってご覧いただけなかった方もあり、申し訳ありませんでした。次回がきっとあることを信じて! たのしみに待っていてくださいね。
ニカさん、みどりさん、素晴らしい演奏を届けてくださってほんとうにありがとうございました!またぜひぜひ、お願いします!!

2023年は、わたしが骨折してのリクオさんライブに始まり、夫がギックリ腰になってのニカさんライブで終えることになりました(笑)。打ち上げの準備や片付けを手伝ってくれたブロッコリグリルとEF、ありがとう! 来年は怪我せず、元気でいます。
2024年も、すでにたくさんのライブを予定しています! みなさん、どうぞ今後のヒマールのイベントをチェックして、ぜひライブにいらしてください。いいですよ〜、ライブは!!

(年末の営業は30日まで続きます!)