今日のヒマール

革小物制作と店の日々。

宇宙への道 第2回レポート

コメント 2 件

先週の木曜、12月の「大人のまちかど科学クラブ」が開催されました。
仮説実験授業『宇宙への道』の2回目です。

11月の1回目では、私たちの住む地球を知ることから始まり、宇宙空間に飛び出すところまで……でしたが、今回は月、そして太陽に迫りました。

前回、大きなゴムボールで表されていた地球が、今回はこんなに小さな、まち針の頭の大きさに!
地球と月

地球がこのまち針の頭くらいの大きさだとすると、月は右端に見えるオレンジ色の小さな粒くらいの大きさ(実は、ヘアブラシの先だそうですよ、これ!)。
で、地球と月がそれぞれこれくらいの大きさだとすると、地球と月の間はこの方眼紙の通り、約12cm離れていることになるんですって。

どうですか?
結構、離れていると思いません!?
私はもっと近い感じがしていました。

そして太陽は、地球がまち針の頭だとすると、大きめのビーチボールくらい(でかいっ!)
でも、地球から見ると、月と太陽は同じくらいの大きさに見えますよね。
このことを利用して、地球から太陽までの距離を推測してみましょう……ということで、地球から月を見てみる、の図(写真ではうまく撮れませんが)。

地球から月を見る

真ん中のぼやけているブルーが地球(まち針の頭)、その先で後光が射しているように見えるのが月(ヘアブラシの先)。
こんなふうに見て、月を表したヘアブラシの先と太陽を表したビーチボールが、同じ大きさに見えるまで離れたところが太陽までの距離、ということになります。
店の中では全然足りなくて……寒空の下、みんなで上着を着込み外に出て、太陽までの距離を調べました。

数字だけで知るよりも、宇宙の広さ、遠さが実感できる授業でした!

授業者の河野さんから、参加者のみなさんの感想を含むレポートをいただきましたのでご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

寒い中、4名の方が集まってくださいました。今回はhimaarの辻川さんご夫妻も予想に手を挙げたり、理由を言ってくださったりと、お店のカウンターの中から授業に参加してくださいました。うれしかったです。授業が始まる前に私が準備をしていると、「宇宙の勉強をするんですか?面白そうですね」とご家族連れのお客さんも興味をもってくださっていたようでした。

では、参加された方の感想を紹介させて頂きます。

●前月の回で、あんなに大きかった地球が、今日は「まちばりの頭」くらいの大きさにまで小さくなりました。でも、私から見ると、「とてつもなく大きな地球だった」イメージが残っているので、それよりさらに遠くの太陽の「とてつもない大きさ」が、もう想像を越えてしまいます。そんな太陽があんなに遠くにあるのに、暖かさや夏の暑さ、明るい日差しを届けているなんて……「すごい!」と、しばらく放心状態でした。

●実際に目で見て、今まで感じていた大きさよりも「はるかに大きい」ってことがわかってビックリでした。「近すぎず、遠すぎず」の距離を保って(でも、遠すぎるとは思っちゃいましたが……笑)、うまく動いているのだなと思うと、ますます不思議がふくらんで楽しくなりました!「太陽ガスタンク」は、かなりビックリしました。大人になって考えると、子どもの頃とは違った視点で楽しめるので、また、次回参加できたらよろしくお願いします♡

●今夜はついに地球から宇宙へと飛び立ちましたネ!日が暮れてからの授業は、宇宙に思いをはせるのになんてピッタリなんでしょう……。「月」の遠さに改めて驚きました……。あんなに遠かったんですね~!そして「太陽」!ヒマールさんを起点に、そのあまりの大きさと遠さを寒空の下、体感できてすごく楽しかったです♪ 今夜もありがとうございました。次回が待ち遠しいです。何度受けても楽しい!

●きっと学生時代に学んだことと思いますが、すっかり忘れているものですね。とても新鮮な気持ちでした。地球と月と太陽だけで、こんなに距離があって……太陽系全体、さらにその先の宇宙となると、いったいどうなってしまうんだろう!?と気が遠くなります。「人間なんて、ちっぽけだなぁ」と改めてしみじみしました。

★授業者・河野早苗より
二回目ということで、私もドキドキが少しはなくなり……今回も楽しく授業をさせて頂けました。「地球から月の距離は38万㎞」と数字だけを伝えられても、「ふ~ん,そう……」で終わってしまいそうですが、地球と月の模型を前に「どのくらいの距離があるでしょうか?」と予想の選択肢が挙げられると、「う~ん、このくらいかな」と頭が働きます。参加された方と同じく、私も「地球と月って、けっこう距離があるんだな」と感じました。その月が地球の周りをグルグル回っていると思うと、「月って何だか健気だな……」なんて思ったりして……(笑)。

そして、太陽のことを考えると、今時の言葉でいえば「ハンパない」大きさです。はるかかなたにある太陽を中心に、また地球も健気にグルグルと回っています。そのおかげで、朝、昼、夜があり、日本でいえば四季があり、様々な種類の生物が存在しているのです。本当に、うまくできていますよね。改めて、命あることに感謝!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次回はいよいよ『宇宙への道』最終回です。
これまで参加できなかった方も大歓迎ですので、どうぞお気軽に参加してみてください。
たくさんのご参加、お待ちしています!

大人のまちかど科学クラブ/仮説実験授業『宇宙への道』シリーズ3回目
日時:2014年1月16日(木)18:00〜(1時間半程度)
参加費:500円+喫茶で1ドリンクのご注文をお願いします。
持ち物:筆記用具

投稿者: (じ)

12月 18日, 2013 at 6:47 pm

2 件のコメント to '宇宙への道 第2回レポート'

Subscribe to comments with RSS

  1. メリークリスマス!

    コズ〇ックカレッジー!!
    ・・を思い出して、懐かしかったです。
    色んなイベント本当に楽しそうです~。

    忙しいと思いますがお体にはお気をつけて、
    頑張ってください!(^^)

    オーイシ

    12月 24日, 2013 at 10:39 PM

  2. オーイシさん、ごめん〜。
    すっかりお返事書くの、忘れてました〜。。。反省
    なんかね、私も、懐かしい〜感じがしながらやっています^^
    参加者は大人なんだけど、知らないことに対しては
    子どもも大人も、同じなんだよねー。
    参加者のみなさんの、率直な反応がいい感じです!

    宣伝部長

    1月 28日, 2014 at 12:44 PM

コメントを投稿する