今日のヒマール

革小物制作と店の日々。

アタック失敗…の巻

コメント 5 件

台風一過、さっぱりと洗車して、上関町へ。
目的地は、中国電力の上関原子力発電所計画の建設予定地、田ノ浦。
映画「祝(ほうり)の島」「ミツバチの羽音と地球の回転」の舞台・祝島(いわいしま)から、約4kmの対岸にあたるところです。

祝島へはフェリーに乗らないと渡れませんが、田ノ浦のある長島へは、橋がかかっているので車で直接渡れます。

長島は本当に本州に近い島なのですね。
とても短い橋です。

素晴らしい景色に心を奪われて運転が危うくなることのないよう、注意が必要(いい写真が撮れてなくて、すみません……)。
そうでなくても、対向車が来ないことを願わずにはいられない、洗いたての車が擦り傷だらけになってしまうほどのくねくね細道が続きます。

途中、上関原発について、反対派と推進派、両方の看板を目にしました。
「上関原発、絶対反対!」
「活力ある町を原電とともに」(←原発、とは言わないのですね。)

車を走らせながら、なので、すべての看板を撮影することはできませんでしたが、これは撮っておこうかと。

この看板は、つい最近(東京電力福島第一原発の事故後、全国の自治体でも停止中の原発の運転再開や新設に疑問の声があがるようになって以降)立てられたものだそうです。
推進派のみなさんも、かなり動揺していらっしゃるのだと思います……。

5月24日付の中国新聞の記事によると、昨年の山口県の観光客動態調査で、上関町は前年比なんと37.8%も観光客が増加!(ちなみに、我が岩国市は6%減……)
この増加の要因は、おそらく昨年公開された上述の映画2作品をはじめ、祝島の上関原発反対運動がメディアなどで取り上げられたためであろうと思われ……。
推進派の方々にとっては、観光客は来てほしいけど……という、なかなか複雑な心境かもしれません。

さて。
こうして田ノ浦を目指した私たちですが……。
結果からご報告すると、たどりつけませんでした……。

あの……その……
一番近い集落は「四代」というところだ、ということは頭に入っていて……
海岸のすぐそばまでは車で行けないので、かなり手前に車をとめて、細道を歩いていかなくてはならない、ということもなんとなく知っていて……
なので、カーナビもあるし、それだけわかってれば行けるだろう、と。

甘かった!
つまり、迷ったのです……お恥ずかしい。
住民の方も見かけないし、携帯電話も圏外なので、便利な“ネットで検索”もできず……。

四代まではたどりつき、その先の細い山道を恐る恐る車でのぼり、行き止まりからはけもの道を歩き、蛇(!)にビビったりしつつ別の道を探したり、したのですが……夕方になり断念。

アタック失敗です。
ベースキャンプに戻り、反省会。
装備が適切でなかったのではないか? ←小型車で来るべきだった!
情報収集を怠ったのではないか? ←イエス!調べが全然足りとらーん!
計画が不十分だったのではないか? ←午後からふらっと行くようなところではなかったです……

帰宅して、“ネットで検索”でわかったこと。
四代の集落のほうに行っちゃダメだった……。

初アタックは失敗しましたが、これでいろんなことがわかったので、近いうちにリベンジします!

本当は行くことがなかったはずの、四代にも行けたしね。
記念に、四代の港を撮影。

投稿者: (じ)

5月 31日, 2011 at 12:06 am

カテゴリー: お出かけ,山口生活

5 件のコメント to 'アタック失敗…の巻'

Subscribe to comments with RSS

  1. 先日、まつばさんのブログを読みに行って、そこのコメント欄で知ったのですが、
    ヒマール夫妻が山口に行かれた理由、この間、太郎展で会った時には聞かなかったけど、
    脱原発運動のために行かれたんだなって知って、
    その行動力に、すごい!!と衝撃を覚えました。

    そしてまた、製作部長さんと宣伝部長さんをそこまで突き動かした理由は何なのだろう?と言う事も考えてみたりしました。

    原発…確かに私もなんかイヤ!

    って言うか、この世に絶対なんて事は、生き物が生まれれば必ず死んでいく、って事だけだと思うから、
    原発が安全だなんて、ちゃんちゃらおかしいし、
    実際に今、すごく悲劇が起きてるわけで、
    放射能による直接的な被害も怖いけど、避難区域の子供たちが他見に移住した先の学校でイジメにあってるって知って、
    肉体的な事も辛いけど、精神の苦しみを体験した身としては、
    絶対にそんな事、やめて欲しいって思って、
    そんな被害すらも産む原発は、すぐにはゼロには出来ないかも知れないけど、
    原発に代わるエネルギー生産方法に移行してくよう、国をあげて取り組むべき、と思うし、
    やっぱ、もう四十路まで生きた私は、この先の人生はオマケだって思ってるところもあるけど、
    何も罪もない子供や動物までもが取り返しのつかないような危険にさらされて生きなきゃならない環境を、今の私達大人の代で見定めて進めてくべきだとも思うし、
    廃棄物を自国で処理出来ずに、いまく言いくるめたっぽく、
    原発技術を提供する代わりにモンゴルに捨てる計画を、「秘密で」進めてたなんて、どういう神経してんだ!!ってすごくムカついたけど、

    じゃあ、私も声を大にして反対を唱え、運動しよう!!となるかと言うと、
    したいのは山々だけど、まだまだあまりにも原発に対して知識が無くて、
    何も知らないのに、ただただ反対を唱えるのは、何だか片手落ちで説得力が無い気がして、

    今は私は何故、脱原発なのかを勉強中。

    でも、原発がほんとは安全でクリーンなものじゃなくて、
    ややもすると国が滅びかねないくらいの危険をはらんでる事はわかってるわけだから、

    しのごの二の足踏んでないで、私も出来るところから、脱原発に向けての運動に参加しようかなぁ、って、
    製作部長さんと宣伝部長さんの帰郷の理由を知って、ちょっといろいろ考えさせられました…

    岐阜にいると直接的な被害はほぼ皆無なためか、
    原発について何かを思う人って、実は周りには全くいないのが現状。

    会社で社員みんなでテレビニュース見ながら昼ごはん食べてるけど、
    原発事故のニュースが流れても、みんなどこか、やっぱり実感を持って受け止めてない気がする。
    こんな風にコメント書いてる私も含めて…。

    怖いなぁ、危険なんやなぁ、ってのは皆言うけど、
    だからと言ってそれに意見するのは、よくわかんないし、批判してもその後どうしていいのかわからないし、
    下手に声をあげて、狂信的に思われたらイヤ、アツいのはちょっとカンベン…触らぬ神にたたりなし…って感じで、
    まあ、うちらが何か言ったところで、何も変わらんよなぁ、みたいな風で、興味を持つ前に流しちゃってる気がしてます。

    私が脱原Tを会社に着て行って、上司とかに脱原発&自然エネルギーへの移行について話をしたところ、

    「太陽光での発電なんて、とても電力をまかないきれないですよ。都内全家屋に太陽光パネルつけなきゃ意味ないし」

    と鼻であしらわれてしまい、
    それもあって、私は何も言い返せるだけの知識を持ってなかったので、

    ただの、のぼせ上がったミーハー野郎だと思われたくないってのもあって、
    なかなか周りの人に、原発の話題を出来ずにいるのだけど…

    今、病気関係で、病院の先生に招待されて、闘病記書くためにmixiやってるのですが、
    脱原発のコミュニティーがあって、とりあえずそこで、いろいろ知識を得ている最中。

    でも私もそろそろ、ゆっくんやらのなかさんちの犬のチョースケ(3才)やら、
    これから生きて行かなきゃならない人のために、
    今、自分に出来る事を、針穴くらいのちっぽけさだったとしても、
    やって行きたいなって思ったりしながらブログ読みました。

    っつか、また長っ( ̄□ ̄;)!!

    長文、すみません…(_´Д`)ノ~~

    わい

    5月 31日, 2011 at 1:07 AM

  2. わいさん、長文コメントありがとう。

    ひとつ、はっきりとお伝えしておかなくてはなりませんが、
    私たちが東京と山口の間を行ったり来たりすることにした理由は、
    脱原発運動のため、ではないです。

    まあそれも、たくさんある理由のひとつ……というか、
    もしかしたら、いろんな理由の根っこなのかもしれないけど、
    それが唯一の理由、ではないです。

    実家の近くに原発新設の計画があって、
    私たちは作ってもらいたくない、と思っています。
    でも、予定地の近くで暮らしている人々(ウチの家族も含め)は
    福島の事故が起きた今、どう思っているんだろうか?
    離れたところから、ただ反対!反対!というのもあれなんで、
    やっぱり実際に見たり聞いたり感じたりしなくちゃね、と
    そういう気持ちがあって山口にいることは確かですが、
    地元に帰って反対運動の旗をふろうとか、
    田ノ浦に泊まりこむために帰省したわけではないんですよ。

    なんというか……こう、うまく言えないけど……、
    私たちもデモに参加したり署名したりはしてますが、
    そういうのとはまた違う方法を模索しなければ、
    と考えたりもしています。

    わいさんの上司の方がおっしゃることも
    ごもっともかもしれず、
    私も、ただ「脱原発」とだけ言っていたって
    脱原発なんかできないと思います。

    私たちもまだまだわからないことだらけで、
    どうすればいいのか悩んだり、
    いろんな情報を耳にしては揺れたり、
    葛藤だらけですけど、そういう方は多いと思うので、
    その葛藤や模索の過程を綴っていくことも
    何かにつながるのではないか、と思ったりもしています。

    宣伝部長

    5月 31日, 2011 at 10:29 AM

  3. な、なんだか、す、すみません!

    岐阜で危機感がないというのは・・・
    あまり大きく報道されないせいでしょうか。
    直近の福井県の敦賀原発は最近も放射能漏れがあったばかり、
    「もんじゅ」は一触即発のヤバイ作業で・・・
    何かあったらこうなります。
    http://shachoublog.net/nyu-su/monnjyu.html

    さて、迷ってたどり着けませんでした!ってオチ!
    予想外で笑ったー。
    現地で目にしないとわからないことって、
    本当にたくさんあるんだね。
    あの立て看板は衝撃的でした。
    ウチにも写真、使わせてください。

    まつば

    5月 31日, 2011 at 8:57 PM

  4. >宣伝部長様

    わわっ!
    そうか、そうだったのですね!
    私、うっかり勘違いを起こしていたのですね(汗)

    勝手にそうだとばかり思い込んでしまって、
    ほんとにすみませんですっ(焦)

    しかしながら、ヒマールご夫妻は、やはりとても前向きに
    原発の問題に関心を持ち、動いていらっしゃる。

    何かを社会的に考えて、活動して行くという事は、
    やっぱり勇気がいる事だと思うんだよね。
    みんなだって、なにがしかの意見やらが、
    社会に対してあると思う。
    だけど、それを声を大に言ってみたり、何かしらの運動に参加したりとか、
    そこまではしたくないというか、する勇気がないというか、
    それをしてまで自分の行動のケツを持ちたくない、というか、
    そんな感じなんだと思います。

    って、これもめちゃめちゃ推測で言ってます(汗)

    でもって、我が国は、何か、ええーっ?って事があっても、
    それに対して知らんぷりしてても、
    平和に生活出来ちゃえる国なんだよね。

    もしも国策が自分の生活を脅かすまでの危険を孕んでいたら、
    たぶん国民は、もっと過激に権力に対して闘うのかも知れない。
    たとえば中東などの反政府デモのように。

    でも、わざわざ自分が声を大にしなくても、
    やばい感じで何かが進んでいたとしても、
    目に見えるところでの自分の生活に対する被害があんまり無いから、
    まあ、いいや、とか、また政治家はくだらない事やっちゃってるよ、
    みたいに、高見の見物で、ただそれだけ、って感じで
    生きて来れたから、わざわざ出る杭は打たれる的な事をしなくても良いや、と…

    たぶん、私も含めて、私の周りはそんな感じ。

    原発にしたって問題があるのはうすうすわかったけど、
    だからって、どうせっちゅうの?
    みたいな意見はよく耳にします。

    下手打って、自分が白い目で見られたり、成果が出せない事が怖いんだね、たぶん。

    私もそういう所、ある。

    悪いものに対して「悪い」と声を大にして言える勇気が無いんだよ、たぶん。

    原発には推進派の人達もいて、その人たちがどうして推進したいのか、
    私は知識が無い。
    自分たちの利益を守るために言ってるのか、本当にちゃんと作れば原発ほど効率的で素晴らしいエネルギー装置は他には無いのか、
    どういう事をもってして推進してるのか、今の私は知らない。

    だから、「もう絶対に反対!」とは声を大にして言えない、今の私がいます。

    だけど、やっぱり本当は、あれほど破壊的な装置は無いのでは、とも気づいたりしている…本能の部分で…

    どうもうさんくさい、とんでもない代物って気がしてる…

    そして現に、今、放射能被害で戦々恐々としている、日本が。

    そして脱原発について運動を始めた人達が沢山いる。

    ソフトバンクの孫さんなどは、何百億ってお金を投じて
    太陽光発電の設備を作ろうと発表した。

    山本太郎は原発に反対を唱えて、結局、仕事を干されてしまったよね。

    山本太郎が干されちゃった時点で、もうすでにそれは、
    電力会社が闇の部分をすごく持ってるって事になって、
    電力会社にとってみれば、逆効果になるような事をしちゃってるわけだけど…

    でも、世に対して、世の問題に対して声を大にして発言するってのは、勇気がある事で、
    自己保身にばかり走ってたら出来ない事だと敬服しました…

    で、何が言いたいのか話があちこちに飛んでる気がしますが(怖)、

    とにもかくにも、それが大きな理由じゃないにせよ、
    原発問題に対して行動を起こしているヒマールのお二人は、
    とても勇気があると、私自身は思うのです。

    だから触発されました。

    私にも、世に対してはいろいろ言いたい事がある。

    高校生の時、とても好きだった、美術の講師で来ていたおじいちゃん先生が、年で学校を去る事になった時、

    「政治に関心を持て!無関心だったから戦争が起きた。政治に関心を持て!」

    と、ふだんはおだやかな先生だったのに、顔を真っ赤にしてそう言って、最後の授業を終えたのを思い出しています。

    まさに、今、ほんとうにそうしなくてはならない時期を迎えたのだ、という気がしてます。

    ああーん、もっと書きたい事があるのだけど、上司に呼ばれました。

    やばいっ!

    とりあえず、ずらかります…(泣)

    ※まつばさんへ

    そのサイト、みました。

    私の地元は、思いっきり被害がひどい地域になってます。

    おどろきました。
    みんなたぶん、そこまで知らないと思います。

    まつばさんの活動についても、ヒマールのお二人に対して抱いた事と
    同じ事を思っています。

    私も、出来ることから、始めてみたいと思いました。

    わい

    6月 1日, 2011 at 9:37 AM

  5. まつばさん、わいさん、いろいろすみません…
    まつばさん、写真どうぞ使ってください。
    わいさん、上司の方に怒られないように…

    ゆっくりお返事したいのですが、
    今日はこれから東へ移動します!
    ので、これにて失礼!

    宣伝部長

    6月 1日, 2011 at 9:48 AM

コメントを投稿する