住まいの解剖図鑑

台風が近づいていますね。
山口は昨日も今日も雨でしたが、明日(日曜)も一日雨の予報。
出かけようと思っていた予定をどうしようかと、悩んでいる土曜の夜です。

さて、久しぶりにおすすめの本をご紹介。

「住まいの解剖図鑑 〜心地よい住宅を設計する仕組み」(増田奏著・エクスナレッジ刊)

製作部長が「寄藤文平さんの装丁っぽくて、おもしろそうな本だなー」と本屋で手にとったら、思ったとおり寄藤文平さんが装丁をされていて、やっぱりおもしろかった、という本です。

これから家を買う、あるいはリフォームするご予定のある方は明日にでも!急いで手に入れてください。
そんな予定はないけど、いつか家を買いたいなー、もしかしたら買うこともあるかもー、そのうちリフォームすることもあるかなー、という方も、読んでおいて損はないです。
将来を遠くまで見通してみてもそんなことはなさそう、という方も、今お住まいのおうちを客観的に見てみるとおもしろいと思います(もしかするとショックを受ける可能性も!?)。

今までまったく意識していなかった家の間取りやつくり、ドアなどのサイズ、家の中での行動など、なるほどー、そういうわけかー、と気づかされることがたくさんあって、おもしろいです。

住宅設計を学んでいる学生さんへの本でもあるようで、学生さんへの言葉の中にとっても共感できるところがありました。

よく「まず、コンセプトを決めなさい」と言うけど、私は違うと思う。
方針など決めるから余計に進まなくなるのだ。
心配しなくてもいい。コンセプトはどうせ最後に決まるのだ。

そうそう、そうなんですよねー!と苦笑しながらうなずいたのでした。

2 thoughts on “住まいの解剖図鑑

  1. わい

    へえーヾ(=^▽^=)ノ

    なんか面白そう(´ψψ`)

    なにげに家の間取りとか構造?とか見るの好きなので、
    ちょっくらアマゾンで注文しちゃおうと思います(≧▼≦)

    それと、この間のコメントに対するコメント、ありがとうですm(__)m

    かたじけない…(_´Д`)ノ~~

    大丈夫だとの事で、よ、よかったー(//∀//)

    ブランドイメージ、やっぱりあると思うから(≧▼≦)、

    かわいく、洗練されたロバちゃんにキズが付いたらどうしよう( ̄□ ̄;)!!

    と、アワアワしてました。

    営業妨害になってなくて一安心だー(;^_^A

    これからは、過去の出来事を書くときには気を付けます。

    なんて書くと、余計に何かあるように思えちゃうか?

    あああっ…((((;゜Д゜)))

  2. 宣伝部長 投稿作成者

    あ、わいさんちのご実家は、確かちょっと前に
    新築されたばかりなんでしたね!
    この本、読み物としても十分おもしろいと思うので、
    読みながら、ほほう、ここはこういう理由でこうなったのかー
    などなど、おうちのつくりと見比べながら楽しんでくださいませ!

    わいさんの暴露(!?)コメント、
    楽しんでくださっている方々が多いようで……。
    また、おもしろいエピソードを思い出したら
    どうぞ披露してやってください。
    覚悟して待ってます(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。