読書タイム

みなさんはどんなときに本を読んでいますか?

わたしは、むかーし電車通勤をしていた頃には電車の中で。
寝る前に布団の中で読んでいた時期もありましたが、ここ数年は読書にメガネが欠かせず、寝転がって読みにくくなったのでしていません。
じゃあいつ読んでいるかというと、集中して読むのは夜、風呂上がりから寝る前の時間。
あとは、わりとちょこちょこ読みをするようになりました。朝起きて5分、ごはんを食べて5分、店から帰って家のことをやる前に5分、みたいな感じで。

1冊だけに夢中になって読むこともあるけど、数冊を並行して読んでいることが多いです。
たとえばいまは、「アンの愛情」(モンゴメリ著/松本侑子訳)、「オーバーストーリー」(リチャード・パワーズ著/木原善彦訳)、「仕事の喜びと哀しみ」(チャン・リュジン著/牧野美加訳)の3冊を読んでいます。
ぜんぶ海外文学なのは偶々。「アンシリーズ」はちょこちょこ読みに最適で、ちょっとずつ読んでいますが、母から催促されているので先に渡そうか、と思っているところ。「オーバーストーリー」は去年の春〜夏に半分あたりまで読んでなんとなくストップしていたのを再開したところ。「仕事の喜びと哀しみ」は昨年末に出たばかりの新刊で、短編集なので少しずつ読みやすいのですが、おもしろいので続けて読んでしまいそう!

「1月の読むロバの会(オンライン読書会)」を開催中ですが、そろそろ2月の課題図書も考えないとなあという時期になりました。なににしよう。
1月の課題図書からのSFつながり? あるいは、韓国文学つながり? それとも、まったく別のジャンル?
どんな本が読みたいですか?
リクエストがあったら、知らせてください。

2 thoughts on “読書タイム

  1. 匿名

    U.Kです。こんばんわ。
    私も並行読みをします。
    だいたい2〜4冊

    それに雑誌を月に何冊か。

    でも新しい本が2冊、いつも読む定番が2冊、という感じの内訳になります。

    だいたい毎日、寝る前に選んで床へ持って入ります。
    あとは家事や仕事の隙間に読んでいることが多いです。

    定番のスタメンたちはボロボロやバラバラになっていたりします。
    カバーももちろん何処かへ消え失せてありません。

    なので、非常にプライベートなスタメン本たちは、人頼まれて貸し出す時などに
    かなり恥ずかしいです。

    返信
    1. (じ) 投稿作成者

      U.Kさんも並行読みですか。
      再読、何年かたってまた読んでみる本はあるけど、ボロボロになるまで再読している本、わたしにはないかも。
      そんな本に出会えるのは素晴らしいことだね!
      読者としてはそんな本に出会いたい。
      作るほうとしては誰かのスタメン本に入る本をつくれたらいいな。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

JPEG・JPG・GIF・PNG形式のみ