7月の読むロバの会(オンライン読書会)開催中!

こちらは「読むロバの会(オンライン読書会)」の会場です。
日々のブログの更新は、ひとつ下の投稿から始まります。

読んで書く、文章に親しみ愉しむ読書会です。
本を読んで感じたこと、考えたこと、それを言葉に、ましてや文章にするのはなかなか難しいかもしれませんが、どうぞ気軽に書いてみてください。

7月の「読むロバの会(オンライン読書会)」
テーマは……
「夏」

7月末までの1ヶ月間、上記のテーマで選んだ本について、このブログのコメント欄に書いていってください。

過去に読んだ本から選び、オススメ紹介文を書いてもよし。
テーマをもとに自分自身の今月の一冊を選んで、読んだ感想などを綴ってもよし。
匿名でもOK。
何度書いてもOK。
誰かのコメントに返信してもOK。
書き方は自由です。
ヒマール店頭でも、今月のテーマで本をセレクトして並べますので、よかったらチェックしにいらしてください。

ご参加をお待ちしています!

2021年6月の読むロバの会「テーマ:ともだち」はこちら
2021年5月の読むロバの会「テーマ:仕事」はこちら
2021年4月の読むロバの会「テーマ;自然/nature」はこちら
2021年3月の読むロバの会「とにかくうちに帰ります」はこちら
2021年2月の読むロバの会「広場」はこちら
2021年1月の読むロバの会 「わたしたちが光の速さで進めないなら」はこちら
2020年12月の読むロバの会 「今年おすすめの一冊!」はこちら
2020年11月の読むロバの会 課題図書「地下鉄道」はこちら

「読むロバの会」がオンライン開催になったいきさつはこちら

開催決定!リクオ&ピアノ 2021

1年半ぶりのリクオさんライヴ。
音楽サイコー!な夜を、どうぞごいっしょに!!

リクオ&ピアノ2021 @himaar
2021年8月7日(土)18:00開場/18:30開演

完全予約制・全席指定
ご予約は当日正午まで。先着順で限定人数に達し次第しめきります。
¥4,000(税込)
オリジナルマスクカバー、ドリンク、「おもちゃ楽器」レンタル付き

【だいじなお願い】
★お互いが安心してたのしめるよう、以下のご協力をお願いします!
・入場時の検温、手指の消毒。
・店内では常にマスク着用(オリジナルマスクカバーでお揃いにしましょう)。
・おしゃべりは近づきすぎず、声は小さめに。
・体調がおかしいな、と思ったら迷わずキャンセル。
★ディスタンスを考えて座席を指定しますので、席は動かさないでください。
★ドリンクは換気休憩中にお配りします。
★盛り上がって大声を出したくなったら、かわりに「おもちゃ楽器」を鳴らしましょう。
★岩国周辺の感染状況によっては急遽中止することもあります。ご了承ください。
★ライヴ当日以降2周間以内に新型コロナウィルス陽性と診断された場合は、必ず店へご連絡ください。

【ご予約方法】
1.店頭
2.メール info@himaar.com <返信が受け取れるよう設定をお願いします>
3.himaarのSNSへのDM・メッセージ
★ご予約時には必ず「お名前」「ご住所」「緊急時の連絡先(携帯電話番号がベスト)」をお知らせください。受付番号(座席番号)をお伝えして予約完了となります。2日たっても返信がない場合は電話(0827-29-0851)でご確認ください。

ご予約お待ちしております!!

photo by Akira Nagatsuka

本づくり 2021年6月その1

久しぶりの本づくりブログです。

まずは、松井ゆみ子さんの本。

ついに!!!!!ゲラまで進みましたー!じゃーん!!!

初めてデザイナー(夫)に組んでもらってゲラ(実際に本として印刷する状態)になったわけですが、これまでにもお伝えしていますように、アイルランド在住のゆみ子さんとは「紙」でやりとりをすることが難しいので、かわりにインターネットを駆使して(笑)文字原稿のやりとりをかなりしっかり繰り返しやってきました。なので、初めてのゲラ、ということでいえば「初校」なのですけれど、内容的には次の「再校」くらいまで進んでいます。

ゲラの雰囲気からお気づきでしょうか?
カメラマンであり料理家でありエッセイストでもある松井ゆみ子さん、これまでは、カラー写真を多数収録したフォト&エッセイや、料理の本を出されていますが、今回はズバリ!エッセイ。松井ゆみ子初の本格エッセイ本、となります!

とはいえ、松井ゆみ子さんといえば、やっぱりおいしいレシピ、ゆみ子さんのお料理レシピ・ファンのみなさんのご期待にもお応えして「アイルランドのおやつレシピ」も付録に!

この付録のレシピを試作するのも編集のだいじな仕事。試作したら、食べるのも、もちろん仕事ですー(笑)。写真は「ジンジャーブレッド」。とっても簡単で、しかもおいしくできました!おたのしみに!!

ゲラをPDFにしたものをネットで送ることはできるのですが、実はゆみ子さんのご自宅や身近には、現在それをプリントアウトするためのプリンターがないのです。
でも、刊行前に、著者であるゆみ子さんにも一度は組んだもの(ゲラ)を紙で見ていただきたい。再開した航空便で、昨日発送したところです!飛行機が減便している関係で以前よりもかなり日数がかかるようですが、小包でなく封筒状のものは比較的早く届くという噂も……。早く届いてほしいと願いつつ、いつ届くかなーと、ちょっとワクワクしていたりもします。
ゆみ子さんのお手元にゲラが届くまでのあいだには、各章の扉、そして表紙のデザインをつめていきます。もちろん、カメラマン・松井ゆみ子さん撮影の写真を使って。

続いて、山口洋さんの本。

書き下ろしの原稿が続々と編集チームに届いています。書き下ろし全体のボリュームでいうと、いまちょうど半分くらい、といったところです。
が、ファンの方はすでにご存知かと思いますが、山口さんは網膜剥離の手術のため、現在入院されています。いまはなによりも、快復をお祈りするばかりです。

山口さんの本はヒマールを含め5人のチームでつくっていますが、よい本がつくれるのはチーム全員が元気でいてこそ。元気であれば、本はあとからついてできあがるものだと思っています。
ゆっくり時間をかけて、よい本をお届けしたいと思っていますので、どうか待っていてくださいね。

そして、おそらくヒマールからの4冊目になりそうな本、編集にとりかかりました。もう少ししたら、どういう本かお伝えできると思います。

蒸し暑い季節になりました。
みなさんもどうかお元気で、少しゆっくりのんびりできますように。

6月

6月です。

ヒマールの店は2012年6月15日にオープンしたので、まもなく丸9年、そして10年目に突入します。
店を始めるとき、なんとか10年は続けたい、と思って始めました。
店に通ってくださるお客さんに恵まれ、素晴らしい作品や演奏を店に届けてくれるみなさんのご協力があり、ヒマールを気にかけてくれている友人や家族の応援で、ここまで続けてくることができました。ほんとうにありがたくて、感謝してもしきれないほどです。
世の中がこんな状況になるとはまったく想像していませんでしたが、こんな状況でも、10周年に向けて、これからの1年も引き続き、みなさんにちょっとした愉しみを届けていけるようにがんばります。
これからも、どうかますます!よろしくお願いします!!

さて、6月は待ちに待った巡回展「幻影」があります。
これにともない、店休日がふだんとはちょっと異なります。
「幻影」会期中は月曜のみ休みで2週間たっぷりご覧いただけるようにするかわりに、会期前は休み多め、前日は設営のため休みとなります。
残念ながら「幻影」のおふたり、オカベマキコさんと結城琴乃さんの在店はなくなってしまいましたが、「幻影」の世界を今回も堪能していただけるように、岡山のオカベさん、高知の結城さん、山口のヒマールと、離れていても力を合わせて準備を進めてまいります。
どうぞたのしみに待っていてくださいね!

<6月の店休日>
5日(土)/6日(日)/7日(月)
12日(土)/13日(日)/14日(月)
17日(木)
21日(月)
28日(月)

6月の読むロバの会(オンライン読書会)開催中!

こちらは「読むロバの会(オンライン読書会)」の会場です。
日々のブログの更新は、ひとつ下の投稿から始まります。

読んで書く、文章に親しみ愉しむ読書会です。
本を読んで感じたこと、考えたこと、それを言葉に、ましてや文章にするのはなかなか難しいかもしれませんが、どうぞ気軽に書いてみてください。

6月の「読むロバの会(オンライン読書会)」
テーマは……
「ともだち」

6月末までの1ヶ月間、上記のテーマで選んだ本について、このブログのコメント欄に書いていってください。

過去に読んだ本から選び、オススメ紹介文を書いてもよし。
テーマをもとに自分自身の今月の一冊を選んで、読んだ感想などを綴ってもよし。
匿名でもOK。
何度書いてもOK。
誰かのコメントに返信してもOK。
書き方は自由です。
ヒマール店頭でも、今月のテーマで本をセレクトして並べますので、よかったらチェックしにいらしてください。

ご参加をお待ちしています!

2021年5月の読むロバの会「テーマ:仕事」はこちら
2021年4月の読むロバの会「テーマ;自然/nature」はこちら
2021年3月の読むロバの会「とにかくうちに帰ります」はこちら
2021年2月の読むロバの会「広場」はこちら
2021年1月の読むロバの会 「わたしたちが光の速さで進めないなら」はこちら
2020年12月の読むロバの会 「今年おすすめの一冊!」はこちら
2020年11月の読むロバの会 課題図書「地下鉄道」はこちら

「読むロバの会」がオンライン開催になったいきさつはこちら

開催決定!巡回展「幻影」

2013年にはじまった、オカベさんと結城さんの巡回展「幻影」。
ヒマールに現れるのは、およそ2年半ぶり、3度目です。
あるとき現れ、そして消えゆく、儚くも永遠の幻影の世界。
今回もどうぞお見逃しになりませんように。

オカベマキコ(硝子/岡山)× 結城琴乃(針金/高知)
巡回展 「幻影」
2021年6月18日(金)〜7月2日(金)12:00-18:00
※月曜休み

*感染状況によって会期の変更や入場制限を行なうことがあります。作家の在店も未定です。最新の情報はhimaarのSNS(instagram、twitter、FB)でご確認ください。
*「幻影」作品の展示です。展示内容について作家への直接のお問い合わせはご遠慮ください。しゃぼんランプの展示はありません。

5月の読むロバの会(オンライン読書会)開催中!

こちらは「読むロバの会(オンライン読書会)」の会場です。
日々のブログの更新は、ひとつ下の投稿から始まります。

読んで書く、文章に親しみ愉しむ読書会です。
本を読んで感じたこと、考えたこと、それを言葉に、ましてや文章にするのはなかなか難しいかもしれませんが、どうぞ気軽に書いてみてください。

5月の「読むロバの会(オンライン読書会)」
テーマは……
「仕事」

5月末までの1ヶ月間、上記のテーマで選んだ本について、このブログのコメント欄に書いていってください。

過去に読んだ本から選び、オススメ紹介文を書いてもよし。
テーマをもとに自分自身の今月の一冊を選んで、読んだ感想などを綴ってもよし。
匿名でもOK。
何度書いてもOK。
誰かのコメントに返信してもOK。
書き方は自由です。
ヒマール店頭でも、今月のテーマで本をセレクトして並べますので、よかったらチェックしにいらしてください。

ご参加をお待ちしています!

2021年4月の読むロバの会「テーマ;自然/nature」はこちら
2021年3月の読むロバの会「とにかくうちに帰ります」はこちら
2021年2月の読むロバの会「広場」はこちら
2021年1月の読むロバの会 「わたしたちが光の速さで進めないなら」はこちら
2020年12月の読むロバの会 「今年おすすめの一冊!」はこちら
2020年11月の読むロバの会 課題図書「地下鉄道」はこちら

「読むロバの会」がオンライン開催になったいきさつはこちら

多謝!The Old & Modernsライヴ

昨夜のThe Old & Modernsライヴにご参加くださったみなさん、いろいろある中、来てくださって、ほんとうにほんとうにありがとうございました!

ヒマールでは1年以上ぶりのライヴ。
以前には必要のなかった「お願い」をしなければならない状況で、じゅうぶんに気をつけながらもそれで緊張させてしまうことがなるべくないように、参加者全員が不安なくリラックスしてたのしめるように、考えて準備してきました。

やっぱり、ライヴはたのしい!
ライヴって素晴らしい!!
その日だけの演奏を思う存分みせてくれるミュージシャン。
とてもとてもたのしそうなお客さんの顔。
それが存在する店であるということは、なんて幸せなんだろう!

歌い出した瞬間にまわりの空気を変えてしまうヒライさんの歌う力は、相変わらずすごい。
以前より足元(エフェクター類)が増えたギターは、めちゃくちゃロック!
森ちゃんのまっすぐな歌声は、聴く人にまっすぐ届いて胸を打つ。
グルーヴするウッドベースもかっこいいけど、静かに響くときがとても好き。
なにより、ふたりのハーモニーが素晴らしくて、数々の新曲も素晴らしくて、前回まではわりと「ヒライさんの曲」「森ちゃんの曲」という感じだったけど、今回は、「モダンズの曲」だー、と思う曲がたくさんあった。すごくよかった!

みなさん、ありがとうございました!
モダンズのヒライマサヤさん、森孝允さん、素晴らしい演奏を届けにきてくれて、ほんとうにありがとうございました!

写真はいつものように、長束晃さんの撮影です。ありがとう!

「何をのんでたんですか?」と後で訊いたら、「なんか、お客さんから返ってきたもの」とヒライさん。
「拍手じゃ足りない気持ちのとき、盛り上がって大きな声を出したくなったときは、かわりに鳴らしてみましょう」と、小さな「鳴り物」(カスタネット、タンバリン、「ぴゅう」となくアヒルのニギニギ、とか)を2種類ずつ、みなさんの席にセットしてみたのですが、思った以上に積極的に活用してくださり、それがモダンズの演奏にも合っていて、ひと安心! ライヴ後半には、それぞれが自分に割り当てられた「鳴り物」を鳴らすコツを習得してきたようすも見受けられ、ちょっとしたセッションのように感じられるときもあって、すごい盛り上がりをみせました!
オリジナルマスクカバーも、シルクスクリーン印刷で手刷りで作りました!

実は、モダンズのおふたりが到着されて、ヒマールふたりを含む4人で、リハの前に最初にやったことは「抗原検査」でした(いま感染しているかどうかを唾液で検査するキットを利用)。
10日間のツアーの初日だったモダンズ。検査結果次第ではすべてのツアーができなくなってしまうかもしれないのに、よくぞ、ヒマールの希望を聞き入れてくださったと思います。

なにが正解かなんて全然わからないけど、なにかをやるにしろやらないにしろ、考えたり話し合ったりしていくしかないです。

検査をしたおかげで安心して、4人で小さな打ち上げもできてよかったー!
モダンズのツアー、今夜は岡山、そして、津山、米子、隠岐、広島、下関、田川と続きます。「追っかけ」できる配信チケット、絶賛販売中!
ヒマールでのライヴもアーカイブで見られますので、ぜひー!




リニューアル!4月の読むロバの会(オンライン読書会)開催中

こちらは「読むロバの会(オンライン読書会)」の会場です。
日々のブログの更新は、ひとつ下の投稿から始まります。

読書会をこういうかたち(オンライン)で開催するようになって、まもなく半年。
「集まっておしゃべりするほうがたのしい」
「書く、というのはなかなか難しい」
そういうご意見、とてもよくわかります。
が、まだしばらくは、オンラインで続けてみたいと思います。
やむを得ずオンラインに移行した読書会ですが、これをよい機会ととらえ、本を読むことと、読んで考えたこと・感じたことを自分の言葉で文章に書いてみるということとを、つなげてみたい、と思います。

4月から新年度、ということで、ちょっとだけリニューアルしてみることにしました。
これまでは1冊の課題図書を決めてみなで同じ本を読んでいましたが、今回からは1つのテーマを決めますので、そのテーマの中で本を紹介しあったり、各自で本を選んで読んだ報告をしたり、してみてください。
書きやすくなるか、参加しやすくなるかはわかりませんが、試してみる、ということでー。

4月の「読むロバの会(オンライン読書会)」
テーマは……
「自然/nature」

4月末までの1ヶ月間、上記のテーマで選んだ本について、このブログのコメント欄に書いていってください。

過去に読んだ本から選んで、オススメ紹介文を書いてもよし。
テーマをもとに自分自身の今月の一冊を選んで、読んだ感想などを綴ってもよし。
匿名でもOK。
何度書いてもOK。
誰かのコメントに返信してもOK。
書き方は自由です。
ヒマール店頭でも、今月のテーマで本をセレクトして並べますので、よかったらチェックしにいらしてください。

ご参加をお待ちしています!

2021年3月の読むロバの会「とにかくうちに帰ります」はこちら
2021年2月の読むロバの会「広場」はこちら
2021年1月の読むロバの会 「わたしたちが光の速さで進めないなら」はこちら
2020年12月の読むロバの会 「今年おすすめの一冊!」はこちら
2020年11月の読むロバの会 課題図書「地下鉄道」はこちら

「読むロバの会」がオンライン開催になったいきさつはこちら

本づくり 2021年3月その1

おっと!本づくりblogを書かないまま、3月が終わろうとしている!?こりゃいかーん!!
というわけで、久しぶりの経過報告です。

ヒートウェイヴ・山口洋さんの本。

去る3月22日、本にする連載がアップされているwebメディア「WHAT’s IN? tokyo(旧エンタメステーション)」が、3月末日で終了することが発表されました。とても残念です。
現段階では、終了後についての発表は特にありませんが、終了することで、本に「保存版」としての役目を期待される方は少なからずいらっしゃるだろうと思います。

じつは、連載を本にまとめよう、ということになったとき、山口さんと編集チーム(村崎さんと圓城寺さん)とデザイナー&版元(ヒマール)とで話し合って決めたのは、「web連載の保存版にはしない」「音楽が好きな人に広く読まれる、本として魅力のある一冊にしたい」ということでした。
その考えは、今も変わっていません。
一冊の本としておもしろく、読みごたえがあり、読みやすく、手にしたくなる、持っていたくなるものを。そう考えて、連載87回分の膨大な原稿から本として残すべきものを選び、編集して整え、デザインで魅力をプラスしようと、ずっと作業を続けてきています。

webメディアにはwebメディアのよさがあり、本には本のよさがあります。私たちは本をつくっているので、そのよさを生かしてつくり、届けたい、と思っています。

2月の本づくりblogでは初校ゲラまで進んだことをお伝えしましたが、そこからさらに収録する原稿を絞り込み、そのぶん写真ページを少し増やすことにして、いま再校ゲラを整えている最中です。
ずいぶん締まってきたというか、ぼんやりしていたこの本の佇まいが、くっきりと輪郭が立ち上がってきて、おー!これはいい本になるね!!というのが見えてきました。
「原稿」が「本」として見えてくる、本づくりの醍醐味がいちばん味わえる段階かも!作業は多くてたいへん、だけど、たのしい!!

ということで、引き続き、刊行までたのしみにお待ちいただけましたら幸いです!
また書きます!

膨大なフォトライブラリーから写真を選んでおります!