今日のヒマール

革小物制作と店の日々。

靴工房nico.

コメントなし

私の靴教室通い、残念ですが引っ越しを前に、昨日で終了しました。

約1年と7ヶ月(月4回・1回3時間)の間に、自分の靴を4足、製作部長の靴を1足、プレゼントの靴を2足、作りました。

1足目。

2足目。

3足目。

製作部長の靴。

プレゼントの靴(2020製陶所さんちの、のえちゃんに)。

そして、自分の4足目。

昨日できあがったばかりのプレゼントの靴は、まだ相手に渡していないので非公開。

靴教室へ通い始めたときは、まさか1足目からちゃんと履ける靴が作れるなんて、実は思っていなかったのです。
でも、1足目も、ほかの靴もすべて、ふだん普通に履いています。
“履ける”どころか、買った靴よりも履き心地はいいです。
自分の足を細かく測り、自分の足のかたちに合わせて作っているのですから、フィットするうえに、長く履いていてどこかが当たって痛くなるというようなことがありません。
今まで、その痛くなる部分のためにひとまわり大きな靴を買っていたんだなあ、と、ぶかぶかの買った靴を履くたびに思います。

私は製作部長と違って、あまり手先が器用なほうではありません。
お買い上げいただいたときにお入れしている保存袋をお持ちの方はご存知だと思いますが、ミシンがけは苦手だし、仕事もおおざっぱです。
そんな私でも履き心地のいい靴が作れて、靴作り楽しいと思えたのは、指導してくださった先生となごやかな教室の雰囲気があったおかげです。

靴工房nico.さん。
美人さんでセンスがよくておしゃべりも楽しい女性の先生がお二人。
生徒さんも女性ばかりで、女性限定というわけではないそうですが……ならではの雰囲気だなー、とは思います。
みなさん、製作に集中しているときの顔は真剣ですが、お茶やお菓子をいただきながらおしゃべりするのも楽しみにいらっしゃっている感じ。
とってもいい雰囲気。
先生が作られる靴やほかの生徒さんが製作中の靴を見ると、とても刺激になり、作りたい靴がどんどん浮かんできます。
もっといろいろ作りたかったー……。

靴工房nico.さんは、阿佐ヶ谷にあります。
靴作りに興味のある方は、まずは見学だけでもぜひ!
楽しいですよー、靴作りも、nico.も!

 

投稿者: (じ)

3月 15日, 2012 at 5:42 pm

カテゴリー: 靴作り

コメントを投稿する