サニーと銀南街

友人kさんが「私設応援団をつくりたいくらいよかった」という映画「サニー 永遠の仲間たち」
こちらのほうでもようやく上映されたので、店休日の今日、観に行ってきました。
周南市のテアトル徳山まで。

笑って、泣いて。
ベタっちゃあベタだけど、それを素直にたのしめる、愛すべき映画でした。

劇中曲の「愛のファンタジー(映画:ラ・ブームより)」。
私もドンピシャの世代なので、久しぶりに聞いてきゅん、と。
しかし、同年代の製作部長はなんの感慨も思い出もないようで……そういや男子はあんまり観てなかったかも。

テアトル徳山のある銀南街、初めて歩きましたが、あまりにディープでクラクラしました。
アジアの市場やあやしい路地を歩くのが好きな人は、ぜひ行ってみてください。
また行きたい……。

2 thoughts on “サニーと銀南街

  1. kataoka

    見ましたか!
    僕はいろんな人に勧めてて、
    「見ないと、人生の半分しか生きてないことになるぞ」とか「青春が暗黒だった人以外は、見るのが国民の義務」とか言ってます。
    僕自身は3回見ました。ネットを見てると6回見た人とかいて、「俺も負けないぞ」とか思うんだけど、「落ち着け俺!」って言って我慢してます。多分、地元の名画座に来ると思うので、もう1回見ますよ。いや、近いだけに1回で済むかどうか、不安です。(暇なのか俺)
    去年は、少女時代のサニーで、今年は映画のサニーの年だったな(まだ終わってないよ)。

  2. 宣伝部長 投稿作成者

    幸いにも暗黒な青春ではなかったので、
    私もこの映画を楽しめて本当によかったです。
    あれこれ考えず、素直に観たほうがいいですね。
    (シンナーの子はどうしてるんだろう、とか思わずに……)
    いや〜、若いって素晴らしい、けど、おばさんも素晴らしいです!
    kataokaさん、6回観そうな気がします。
    私はDVDになったらまた観るかも。
    (少女時代って名前はダサいですよね〜)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。