よくない見本

文具コーナーに置いている「スクラップ・フォト・ブック」という商品。

こんなふうに使えるんですよ〜、という見本を、がんばって作成。

これを見た製作部長が一言、
「こういうの、もうちょっと得意かと思ってた」

……うぐ〜、悔しい!……が、ごもっとも(泣)。

ああ、こんなときに、あの人かあの人がいてくれたら、きっと素敵な見本をつくってくれるはず、お願いしたいっ!
と、すぐに頭に浮かんだ方がお二人……。

よい見本の製作者が現れるまで、よくない見本のまま、いきます。
見本がよくなくても、商品の性能に変わりはありません、念のため。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。