今日のヒマール

革小物制作と店の日々。

Archive for 2月 27th, 2012

第2回ヒマデミー賞2011

コメントなし

今年もこの季節がやってきました!

2011年に観た映画(DVDで観賞した2010年以前公開作品も含む)を思い出して、himaar二人が審査員の「第2回ヒマデミー賞2011」、発表します。

【ヒマデミー・ドキュメンタリー賞】
「未来の食卓」
テーマとなっている「食」そのもののことのほかに、第一次産業に支えられている地方の暮らし、地方自治のことなど、さまざまなことを考えさせられました。
※3月8日に観た「ミツバチの羽音と地球の回転」、5月に観た「100,000年後の安全」以外から選考。

【ヒマデミー・美術賞】
「ラブリーボーン」
私たちの大好きな「ロード・オブ・ザ・リング」ピーター・ジャクソン監督の作品。
とても悲しい話ですが、映像がとても美しく心に残りました。

【ヒマデミー・脚本賞】
「わたしを離さないで」
随分前に原作を読んでいて、正直、映画化には期待していませんでした。
辛い話なので、すすんで観たいとも思わなかったし……。
ですが、観てみたら、映画としてよかった、と思います。

【ヒマデミー・お疲れさま賞】
「ハリー・ポッターと死の秘宝Part2」
原作を読むほうがおもしろいのはわかってる(もちろん全部読みました)。
でも、なぜか毎回、封切りを待って映画館に足を運んでしまう……。
それも、この作品で終了しました。
お疲れさま、映画関係者のみなさん。
お疲れさま、私たち。

【ヒマデミー・助演男優賞】
「アイアンマン2」のミッキー・ローク
侮れないんですよね、アメコミ原作映画。
去年作品賞に選んだ「ダークナイト」もよかったですが、「アイアンマン」もいいんです。
そして、なんといっても「2」のミッキー・ローク。
「レスラー」で復活依頼、本当に素晴らしい!

【ヒマデミー・助演女優賞】
「ブラックスワン」のウィノナ・ライダー
主演のナタリー・ポートマンもとてもよかった。
けど、ウィノナ・ライダー、エンディングで配役が流れるまで彼女だと気づきませんでした。

【ヒマデミー・主演男優賞】
「ヒア アフター」のマット・デイモン
ディカプリオもだけど、この人も、若いときよりここ数年のほうが好きです。
おさえた演技で、素晴らしかった。
「トゥルーグリット」のジェフ・ブリッジスと競りましたが、「トゥルーグリット」のマット・デイモンもそういえばすごくよかったじゃん、ということで、合わせ技一本!

【ヒマデミー・主演女優賞】
「息もできない」のキム・コッピ
作品もいい、監督・主演・脚本等々のヤン・イクチュンももちろんいい。
代表して、キム・コッピに。

【ヒマデミー・作品賞】
「ぼくのエリ 」
つい先日、ハリウッド・リメイク版の「モールス」を観たところ、なんだ!?これ!?リメイクする意味あるのか!?……と、あらためて「ぼくのエリ」がよかった、と感じだばかりなので。

受賞されたみなさん、おめでとうございました!
では、また来年!

〈おまけ〉
発表が遅れましたが「ヒマー賞」(本家はエミー賞)のテレビドラマ最優秀作品賞は、「スーパー・ナチュラル シーズン6」です。
主演男優賞は、ジャレッド・パダレッキ。
助演男優賞は、ミーシャ・コリンズ。
以上です。

投稿者: (じ)

2月 27日, 2012 at 10:26 pm

カテゴリー: 本と映画と音楽

改訂版:西荻お楽しみマップ

コメントなし

以前に作成した、himaarのおすすめをご紹介する「西荻お楽しみマップ」

新たなお店がオープンしたり、残念ながら閉店してしまったところもあったり……
なので、更新いたしました!

3月9日より始まる私たちの初めての展示会とあわせて、西荻散歩にお出かけいただけたら嬉しいです。

「雑誌でみかけたこの店はどこにある?」といったご質問や、「こういうジャンルの店も載せて!」といったリクエストがございましたら、じゃんじゃんお寄せください。
私たちにわかる範囲で、お応えしていきます。

投稿者: (じ)

2月 27日, 2012 at 8:38 pm

カテゴリー: お出かけ,革小物himaar