今日のヒマール

革小物制作と店の日々。

物販部より紹介3:木のものいろいろ

コメントなし

himaar coffee & crafts 物販部にてお取り扱いの、作り手の方をご紹介しています。

今日は、木工の作り手さんです。

まずは、On y va!(オニヴァ!)さん。
東京の下町・葛飾区で製作されています。

今回入荷した中で私のおすすめはこちら。

艶消しブラックのアイアンの脚がかっこいいスツール。
座面はウォルナットの分厚い一枚板、オイル仕上げです。
玄関先に置いてちょっと腰かけるのにも便利ですし、座面が平らなのでお花などを飾っておく台としてもいいと思います。
家具からカトラリーまで、On y va!さんがつくられる木のものは、どれも木の手触りがとてもよく、いつまでもすべすべと触っていたくなるほど。
きっちり丁寧なつくりと仕上げで安心して使えるものばかりです(たまにユニークなアイテムもあるのですが、その紹介はまたそのうちにー・笑)。

続いて、嘉手納重広さん。
東京の荻窪(ご近所でした!)で製作されています。

私のおすすめはこちら。

栗の木でつくられた八角の容れ物。オイル仕上げ。
パカッと、半分に開くんです。奥に写っているまーるい形のものもぜんぶ、容れ物。
何に使うの?……とたずねられたら……はっきり何とも言えないんですが(苦笑)。
持っているだけで嬉しいもの、楽しくなるもの、ってありませんか?
ちなみに、この中に手紙をいれてご夫婦で交換日記のような手紙交換をされている方や、アクセサリーをいれてプレゼントにされる方もいらっしゃるようです。
ロマンチック!

そして、Pa.Co.ことマツノユウジさん。
東京の西東京市で製作されています。

私のおすすめはこちら。

木っ端を切り出しペイントしてつくられた、小さなブローチたち。
たとえ誰から気づかれることがなくても、つけている本人は楽しく元気になれるという、Pa.Co.さんの世界が好きな人には絶対はずせない人気アイテム。
私もたくさんコレクションしています。
今日はどれをつけようかなーと選んでいるときも楽しいのです。

木のもの、と言ってもいろいろ。
ぜひ見にいらしてください。

投稿者: (じ)

6月 17日, 2012 at 6:32 pm

コメントを投稿する