季刊地域

農文協の本や雑誌にはよいものがたくさんあります。

住む。」や「うかたま」を読んでいる方も多いかと思いますが……
これもいいです、「季刊地域」。

地エネ=地元のエネルギー、地域のエネルギー、地に足のついたエネルギー。
使いたいです。
というか、やりたくなります、自家発電。
いろんなことが、前向きな気持ちになりました。

祭りの特集もおもしろかったし。

「セシウム汚染ワラを牛に与えて」という山形県の菊地さんの文章は、すべての人が当事者として読むべき記事だと思います。

ところで。
「むらの宝で仕事おこし」という連載で、山口市徳地串地区のことが取り上げられていて、興味深く読んでいたら、イラストが山福朱実さんでした!
ナカキョウ工房さんつながりだー!!と、無理矢理つなげて(つながってない!?)喜んでおります。

 

2 thoughts on “季刊地域

  1. naka_kyo

    わ!つながってる!!
    うかたまも載せてもらったことありますし、わたくし。笑

    昨日『死者の日展』は終了しまして、
    搬出で早川純子さんという作家さんとお話しししたのですが。
    宣伝部長と一文字ちがいだ!と密かににやっとし、
    いただいたDMはびっくり、nakabanさんとのふたり展のものでした。
    というわけで、同時にこちらはヒマールつながりだ!と思ってました。
    コレ,ホントのハナシ。

    返信
  2. 宣伝部長 投稿作成者

    わ!ホントだ、早川純子さん、一文字ちがい!!
    しかも、そこにnakabanさん登場!!!
    ……こういう偶然とか、つながりとかってあるんだよねー!
    そしてそれでおしまいではなくて、そこからなにかがあるのだと、
    それゆえなのだと信じています、私。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。