今日のヒマール

革小物制作と店の日々。

山口洋スペシャル2days

コメントなし

8月の終わりに、夏の最後に、山口洋さん(HEATWAVE)を迎えて、スペシャルな2日間でした!

30日、金曜の夜は初の試み「山口洋とギターを弾いてみよう」。
限定8名のとっても贅沢な時間。
参加費は無料(任意でMY LIFE IS MY MESSAGE.へのご支援をお願いしました)、つまりはギター教室とかワークショップとか、そういうんじゃなく。
ギターを弾くたのしさ、音楽のたのしさを一緒に感じて、ギターで表現すること、音楽で何かを伝えるということについて考えてみた、そんな会でした。

市内・県内から、おとなり広島から、西は佐賀・北九州、東は奈良・名古屋からも!中学生からおおよそ山口さん世代まで、マイギターを抱えてご参加くださったみなさん、ありがとうございました。
岐阜からは急遽、VINCENTの小川さんも来てくださいました!

動画を少しだけhimaarのinstagramにあげてますので、検索してみてくださいね。

「自分に向けて自分が気持ちよくなるために弾くんじゃなくて、家族でも恋人でも友だちでも、誰かに向けて誰かを喜ばせるために弾いてみよう。」
緊張していた参加者のみなさんの顔が、集まった人たちと一緒に合わせて弾き、「俺に向けて、俺に届くように弾いてみて」と言う山口さんに向けて演奏しようとするうちに自然と、たのしくてたまらなくて喜びが溢れてしまったような笑顔になるときがあって、見ていてじーんとしました。
たった一度の短い時間で、急に上達するとか急に心持ちが変わるとか、そんなことはないわけで、でもきっと、確実に、参加した人たちの心には何かが残って何かが変わったはず、そう感じました。
そんな会をやっていただけたことを山口さんに感謝して、店も私たちふたりも、次に向けて進んでいこうと思います。

そして2日目、31日は待ちに待ったライヴ!
ほぼ1年ぶり!
とーーーーーっても素晴らしかったです!!!!!

ライヴ時の撮影はすべて長束晃(PEG.)
無断転載はお断りします

私はいつも受付担当で、遅れて来場される方もおられるのでライヴ半ばくらいまでは持ち場で待機しつつ集計したり、ときどきお客さんのようすをみてエアコンの温度を調節したり、気があっちやこっちへ行っていて、客としてライヴに行くときのようにたのしむことは、当たり前ですができません。
PA担当の夫も同じくで、お互いにようやくちょっとほっとするのがアンコールあたり。
で、私は今回、アンコールの演奏を聴いているとき、ふと、この状況(山口さんが自分たちの店で演奏してくれていて、たくさんの人が地元からもすごく遠方からも観に来てくださっている!ということ)をあらためて認識して、うおっ!となって、うわあ〜となってしまい、たいへんヤバかったです。ということを、なんのことやらわからないと思いますが、ここに記録しておきます(苦笑)。

今回も、それぞれにたいへんな状況の中、友だちのカメラマン・長束晃くんが撮影の協力をしてくれ、妹が手伝いに来てくれました。
いつも本当に本当にありがとう。心から。

そして山口洋さん、今回も、いつも、ありがとうございます!
精進することでしかお返しできないので、もっともっと頑張ります。

やるぞー!おー!

投稿者: (じ)

9月 2日, 2019 at 5:13 pm

コメントを投稿する