5月の読むロバの会(オンライン読書会)開催中!

こちらは「読むロバの会(オンライン読書会)」の会場です。
日々のブログの更新は、ひとつ下の投稿から始まります。

読んで書く、文章に親しみ愉しむ読書会です。
本を読んで感じたこと、考えたこと、それを言葉に、ましてや文章にするのはなかなか難しいかもしれませんが、どうぞ気軽に書いてみてください。

5月の「読むロバの会(オンライン読書会)」
テーマは……
「仕事」

5月末までの1ヶ月間、上記のテーマで選んだ本について、このブログのコメント欄に書いていってください。

過去に読んだ本から選び、オススメ紹介文を書いてもよし。
テーマをもとに自分自身の今月の一冊を選んで、読んだ感想などを綴ってもよし。
匿名でもOK。
何度書いてもOK。
誰かのコメントに返信してもOK。
書き方は自由です。
ヒマール店頭でも、今月のテーマで本をセレクトして並べますので、よかったらチェックしにいらしてください。

ご参加をお待ちしています!

2021年4月の読むロバの会「テーマ;自然/nature」はこちら
2021年3月の読むロバの会「とにかくうちに帰ります」はこちら
2021年2月の読むロバの会「広場」はこちら
2021年1月の読むロバの会 「わたしたちが光の速さで進めないなら」はこちら
2020年12月の読むロバの会 「今年おすすめの一冊!」はこちら
2020年11月の読むロバの会 課題図書「地下鉄道」はこちら

「読むロバの会」がオンライン開催になったいきさつはこちら

5 thoughts on “5月の読むロバの会(オンライン読書会)開催中!

  1. ちせ

    ジョージ・ギッシング『貧者の看護婦』大久保譲訳(平凡社ライブラリー、2020年)

    1895年の作品。
    田舎の診療所で看護婦として働いた女性が、体を壊しただけでなく、
    「魂を堕落」させてしまったと告白する話。
    過酷な労働環境におかれ、職員同士はいがみ合い、患者に対しても
    冷淡にふるまう。そのことでますます心を損なっていく。
    100年以上前の社会を描いたものではあるけれど、いま現在でも
    充分にあり得る話だと思う。
    仕事で病む、って全く、仕事って一体なんなんだ?

    この作品は、平凡社ライブラリーの『医療短編小説集』という
    アンソロジーに収められています。
    平凡社ライブラリーは他では見られない個性的な選集をいくつも
    出していて、先日『疫病短編小説集』というタイムリーな一冊も
    出版されたようです。

    返信
    1. ヒマールじゅんこ 投稿作成者

      そんな「短編小説集」があったとは!
      仕入れられそうなので、近々注文してみます。

      返信
  2. ヒマールじゅんこ 投稿作成者

    「しょうもないのうりょく(1)」高野雀(竹書房)

    ちせさんが貸してくれたコミックスです。おもしろかった!

    誰もがちょっと特別な才能「異能」を持っている世界。
    書類を崩さずに詰める異能、
    話している嘘の割合がわかる異能、
    行った先の降水確率を倍に上げる異能などなど。
    異能の種類と強さを知るための「異能検定」があり、
    就職も異能が重視され、
    その異能を生かして配属先も決める会社が一般的。

    そんな世界で、物語の舞台となる小さな会社では
    異能をさほど重視しておらず、
    紙を水平に貼れる異能、
    果物の食べごろがわかる異能、
    さっきまでいた場所がわかる異能、
    といった、すごいと言えばすごいのだが
    どちらかと言うと「しょうもない」異能の人たちが集まっている。
    そんな小さな会社ではあるのだけれども、社長の弟の企みで
    コンサル会社から「他人の異能がわかる」異能の人物が送り込まれてきて……

    ……と文章で説明すると、なんだかものすごい物語のようですが、
    あっという間にたのしく読めてしまう、
    とてもおもしろい、オフィスを舞台にした漫画なのです。
    会社勤めの経験がある人には「あるある」感もあるはずでー。
    「この異能を、学歴に置き換えてみると」とか
    「社員を管理する会社と自由にさせる会社とどっちが」とか
    深読みしようとすればできなくもないのでしょうけれど、
    これは、そういうことは考えずに
    おもしろーと思って読むほうがよいと思います。おもしろいです!

    2巻はいつ出るのかなー。たのしみ!

    返信
    1. ちせ

      『しょうもないのうりょく』第2巻は6月28日発売です!
      おたのしみに!
      自分の異能を知りたがらない、というスタンスが好きです。
      ぜひそうありたいものだ。

      返信
  3. ちせ

    パノス・カルネジス『医者の倫理』岩本正恵訳(白水社、2006年)

    『石の葬式』という、ギリシャのとある村を舞台にした連作短編集に
    収められた作品。

    『貧者の看護婦』からの連想でこの作品を思い出したのだけど、
    ここに出てくる医者はニセ医者なんだった。
    40年以上も医者の仕事をしてきているニセ医者。

    2年前に虫垂炎の手術を施した若い娘が医者のもとを訪れ、
    高圧的な義理の父親から、医者か肉屋のどちらかと結婚するように
    言われたが、肉屋は嫌だから助けてほしいと彼に告げる。
    そこで彼のとった行動は……という話。

    さほど深刻な感じはなく、どこか緩んだ空気のなかで何事かが
    始まり終わる、というのが、この連作短篇に通じた作風。
    『医者の倫理』というタイトルはもちろんほとんど冗談のような
    もので、そもそも医者でもないのに医者をやっていることが倫理的に
    まずかろうし、「医者の倫理」に背く行為を実際にしていると自分で
    述べている。
    けれども最後に娘の頼みに応えるような行動を取るところにくると、
    どこの誰の倫理に照らし合わせればいいのか分からなくなる。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

JPEG・JPG・GIF・PNG形式のみ