3月の読むロバの会(オンライン読書会)開催中!

こちらは「読むロバの会(オンライン読書会)」の会場です。
日々のブログの更新は、ひとつ下の投稿から始まります。

3月の「読むロバの会(オンライン読書会)」
課題図書は……
とにかくうちに帰ります
津村記久子著
新潮文庫

6つの短編が収録されています。
全体でも短い、かなり薄い文庫本ですので、読書の時間がなかなかとれない方や、初めての方もぜひ。

3月末までの1ヶ月間、上記の課題図書を読んだ感想を、このブログのコメント欄に書いていってください。

匿名でもOK。
何度書いてもOK。
誰かのコメントに返信してもOK。
書き方は自由です。

ご参加をお待ちしています!

2021年2月の読むロバの会「広場」はこちら
2021年1月の読むロバの会 「わたしたちが光の速さで進めないなら」はこちら
2020年12月の読むロバの会 「今年おすすめの一冊!」はこちら
2020年11月の読むロバの会 課題図書「地下鉄道」はこちら

「読むロバの会」がオンライン開催になったいきさつはこちら

9 thoughts on “3月の読むロバの会(オンライン読書会)開催中!

  1. ヒマール(じ) 投稿作成者

    ひとまず、表題作「とにかくうちに帰ります」以外、前半の作品をぜんぶ読みました。
    おもしろいー。
    どれも同じ職場での話で、出てくる人たちがそれぞれ全員おかしい。
    おかしいんだけれども、ふと考えたら、これってたぶん、どこの職場でも、こんなふうに文章に書いてみたら(津村記久子さんみたいにうまくは書けたら、ですが)こういう作品になるんじゃないか、と思う。
    特別でもなんでもないふつうの人たち、と思うけれども、なんでもないふつうの人なんていないんだな、ということに、小説として客観的に見てみて、あらためて気づかされました。

    書き手を務めるのは、この職場の「鳥飼さん」で、鳥飼さん自身はたぶん「わたしはほかの人よりふつう」と思ってるんじゃないかと思うけど、全然ふつうじゃないですよ、あなた。書き手のわりにはかなり鈍感なので、「いまごろ気づいたんかい!」と読者からしょっちゅう突っ込みを入れたくなる。とにかく、突っ込みどころ満載でした、鳥飼さんは。

    「小規模なパンデミック」という話は、どうやら新型インフルエンザが流行したときの話みたいなのだけど、あまりにも現在の状況と重なるところが多くて、あれ!?これっていつ書かれた話!?と思わず奥付を確認してしまいましたー。

    返信
  2. ヒマール(じ) 投稿作成者

    読了しました。
    後半の、表題作「とにかくうちに帰ります」を一気読みして、そのまま西加奈子による解説を読んでいたところ、西さんが「この物語は、『世界は素晴らしい!』とは言っていない。でも、悪くないんじゃないか、いや、悪くないと思えるかもしれないじゃないか、そう思わせてくれる。」と書かれているところで、不意に号泣してしまいました。

    返信
    1. nana

      「うちに帰る」という言葉は、それだけやばいですよね。根っこにかかわります。(じ)さんの気持ちわかります。

      返信
  3. nana

    今月の課題図書のタイトルを見たとたん、「やばい」と思った。3カ月も入院中で、コロナで面会できない母が、毎日電話で言っている(のに近い)ことだからだ。平静に感想を書けそうな気がしない。(以下、「とにかくうちに帰ります」だけ読んで書きました)
    もっとも、この小説は「職場小説」とされるので、「うちに帰る」理由、「帰りたい」理由は、私の老母とは違うだろうけど。
    職場小説というよりは、大都会居住者(の寄る辺なさ)小説ではないのか。一種の『オデュッセイア』、家郷帰還小説。帰還の途中、いろいろな人種と出会って「冒険」し、主人公たちは経験を積むのだ。その朝、「うち」を出た時とは違う存在になっているだろう。それとも本質は変わらないのだろうか。
    最後の部分で、語り手はとつぜんオニキリに交代する。なぜなのか。それまでの語り手ハラとサカキは先に電車を見つけて帰ったからだ。ただ、それだけではない。オニキリはたぶん観察する主人公なのだ。「見知らぬ子供と並んで缶入りの緑茶を飲む。変な日だと思う。だけど悪くもない」とオニキリは考える。彼こそ、帰郷する(直前の)オデュッセウスかもしれない。

    返信
  4. ちせ

    まあまあ長いあいだ、うちに帰れていないような暮らしを
    続けているような気がする。
    こんなふうに、いろいろあったけど悪くない一日だった、
    と思えるのなら、それも悪くない。

    津村さんの小説を読むといつも、世の中にはほんとうに
    いろんなひとがいるんだよな、と思う。
    わざわざ強烈なキャラクターを立てなくても、ひとは
    それぞれみんな違っていて、どこかしら誰かの目を引く
    ところを持っているのだな。
    しかも、誰もが多面性を持っていて、いま見えている顔
    だけが正体ではなく、見えていると思っている顔も、
    見ているひとの見方しだいで評価は違ってくる。
    というようなあたりまえのことを、日頃すっかり忘れて
    いるぼんくら頭に思い出させてくれる津村さん、
    いつもありがとうございます。

    返信
    1. nana

      「見えている顔」ですか…
      そういえば、あまり人の顔色は見ても、「顔」は見ないようになって、かなり経つのかな…。ほとんど記憶もなくなった。何かをまじまじと見るって、大切ですね。
      ありがとうございます。

      返信
  5. ピンバック: リニューアル!4月の読むロバの会(オンライン読書会)開催中 | きょうのヒマール

  6. ピンバック: 5月の読むロバの会(オンライン読書会)開催中! | きょうのヒマール

  7. ピンバック: 9月の読むロバの会(オンライン読書会) | きょうのヒマール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

JPEG・JPG・GIF・PNG形式のみ