今日のヒマール

革小物制作と店の日々。

Archive for the ‘本と映画と音楽’ Category

4月と5月の読むロバの会

コメントなし

一昨日は4月の「読むロバの会」(読書会)でした。
参加者は6名。ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。

4月の課題図書は「猫と庄造と二人のおんな/谷崎潤一郎」。
久しぶりに全員読了しての参加だったのは、短い小説だということもあるとは思いますが、とりたてて何が起こるというわけでもない、ただ人間の心情を描いたお話なのに、読ませる力とうまさがあるからですよね、という話になりました。舞台が関東だったり英訳されたりしたら、この作品の持つ雰囲気は出ない伝わらないでしょうね、というような話も。猫好きな人たちによる猫の解説(?)もおもしろかったです。

さて次回、5月の読むロバの会は…
日時:5月24日(水)18:00〜(1時間程度)
課題図書:「バスを待って/石田千」(小学館文庫)

読むロバの会は月に一度開催している読書会です。あらかじめ各自で読んできた課題図書について、感想などあれこれおしゃべりしています。課題図書を読んだ方ならどなたでも、喫茶1ドリンクのご注文でご予約不要でご参加いただけます。どうぞお気軽に参加してみてくださいね。

投稿者: (じ)

4月 21日, 2017 at 11:33 am

11days later

コメントなし

写真で振り返る「平井正也と島津田四郎 live@himaar」。

島津田四郎さん

平井正也さん

撮影:長束晃(PEG)

投稿者: (じ)

3月 23日, 2017 at 2:06 pm

3月と4月の読むロバの会

コメントなし

昨日は3月の読むロバの会(読書会)でした。
参加者は6名。ご参加くださったみなさん、ありがとうございました!

課題図書は「さすらう者たち/イーユン・リー」。
内容(実際にあったことがベースになっている)も本の厚さ(結構な長編)もなかなかにヘヴィーな一冊だったのですが、1名を除いて読了できたのはイーユン・リーの才能で、すごい作家すごい作品だというような感想が多く聞かれました。
こうして読む機会があってよかったと思った人がほとんどのようでしたが、しばらく重たいものは読みたくないと思った人もほとんどのようでした(苦笑)。

さて次回、4月の読むロバの会は……
開催日時:4月19日(水)18:00〜(1時間程度)
課題図書:猫と庄造と二人のおんな/谷崎潤一郎(新潮文庫など)

重たくないはずです、たぶん(笑)。

読むロバの会は、月に一度開催している読書会です。
毎月の課題図書をあらかじめ各自で読んできて、その本についての感想などを気軽におしゃべりしています。
課題図書を読んだ方ならどなたでも、喫茶1ドリンクのご注文でご予約不要でご参加いただけます。
最初は見学のつもりでも、どうぞ気軽に参加してみてくださいね。

投稿者: (じ)

3月 23日, 2017 at 1:36 pm

大久保かおり×瀬戸信行DUO live@himaar

コメントなし

「しばらくぼーっとしていたい」と宣言したばかりですが、もう!? 次のライヴのお知らせです(ぼーっとしとくのも案外たいへんですからね・苦笑)。

次のライヴは……
バンドネオン弾き・大久保かおりさんとクラリネット吹き・瀬戸信行さんのデュオ!
1年半程前に大久保さんのバンドネオンの演奏を初めて聴いて、いつかライヴに来ていただけたらと思っていたのですが、瀬戸さんとの素敵な共演で実現することになりました!

バンドネオンの生音は初めて聴く人が多いかもしれませんが、きっと、初めてなのになぜか、懐かしい気持ちになるでしょう。
クラリネットは吹奏楽やクラシックなどでおなじみかもしれませんが、たぶん、こんな演奏は初めてじゃー!とぶったまげるでしょう。
ふだんはそれぞれに活動しているおふたりが、どんな演奏を届けてくれるのか、たのしみすぎてわくわくします!
ゴールデンウィーク最終日の昼下がり、どこにも行けなかった人も、お出かけの人も、いっしょに音楽で異国を旅しましょう!!

大久保かおり(バンドネオン)×瀬戸信行(クラリネット)DUO live@himaar

2017年5月7日(日)15:00開場/15:30開演
2,500円(中学生以下1,500円)+1ドリンク500円

前売券のお求めは……
・himaar店頭
・ネットストア「himaar on the web」(カード決済、コンビニ払い、銀行振込より選択可)
※店頭では発売中。ネットストアは3月25日より。

プロフィール

大久保かおり
バンドネオンでありながらタンゴにこだわらず、ジャズミュージシャンとの共演も多い。自身リーダーの「知らない時空を旅する楽隊 bando-band」や「大久保かおりユニット」の活動を進める一方、ソロやデュオなどで自分の可能性、バンドネオンの可能性に挑んでいる。イラストレーターとしても活動中。東京在住。http://www.kaoneon.com

瀬戸信行
ジャンル無用のよろずクラリネット吹き。大阪でのちんどん屋に始まり、現在は「ロイヤルハンチングス」「ファンファーレ・ロマンギャルド」などのバンドを主宰。各地でさまざまなミュージシャンと共演多数。現在の生活拠点は広島県尾道市。地元ローカル楽団の結成に立ち会いながら、彼方此方を行ったり来たり。http://www002.upp.so-net.ne.jp/freylekh/

投稿者: (じ)

3月 22日, 2017 at 10:22 am

多謝!平井正也と島津田四郎live@himaar

コメントなし

平井正也と島津田四郎 live@himaarにご来場くださったみなさま、本当にありがとうございました!
ライヴがよかったことを泣きそうになりながら伝えてくださった方、最後に思わず立ち上がって拍手をおくってくださった方、みなさんの手拍子とコールアンドレスポンスの声、たのしい時間を一緒につくってくださったことに心から感謝いたします。

平井正也さん、島津田四郎さん、素晴らしい演奏を本当にありがとうございました!
おふたりの演奏を聴きながら、このツーマンライヴを実現できてよかったと、しみじみ思いました。

フードを提供して手伝ってくれたブロッコリグリルとヴェールジョーヌ、撮影してくれたナガツカアキラさん、いつも本当にありがとう!
長崎や広島や香川から、宣伝に協力してくれ応援してくれたみなさんも、ありがとうございました!

店でのライヴは7回目になりますが、ライヴをやるのは毎回いろんな意味でたいへんで、今回も前日まで「これが終わったらもうやらない」と思いながら準備していました。
それでも私たちはライヴが好きなので、しばらくしたらまたやってしまうのでしょうが(苦笑)、いまのところは、ちょっとぼーっとしていたい気持ちです。

写真はPA担当の夫が撮影したもの。
ナガツカさんの写真と映像はまたそのうちに。

島津田四郎さん

平井正也さん

平井さんが「うたっているときに見上げたら太陽系があって、太陽系をみながらうたうのはとても気持ちがすっとしました」と言ってくださって、今回もがんばって工作した甲斐がありました(笑)。
お客さんにも出演者にも、よいライヴだったと思ってもらえたなら。
ていうか、それがすべてだな。感謝です。

投稿者: (じ)

3月 15日, 2017 at 4:32 pm

2月と3月の読むロバの会

コメントなし

昨日は、2月の読むロバの会でした。
参加者は9名。ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。

課題図書は「ガダラの豚/中島らも」。
私は20年ぶりくらいの再読でしたが、古い感じは全然しなくて、今回もおもしろく、あっという間に読みました。
文庫本では3冊にもなる長編だったのですが、ほとんどの人が「あっという間に読めた」とおっしゃっていました。
時間がなくて読めなかった人、じっくり読んでしまって読み進められなかった人もいらっしゃったので、その人たちにはネタバレありのおしゃべりになってしまいましたが、その話をきいて、果たして続きを読む気になられたかどうか……乞うご期待!?といったところでしょうか。

さて次回、3月の読むロバの会は……
日時:3月22日(水)18時〜(1時間程度)
課題図書:さすらう者たち/イーユン・リー(河出文庫)

読むロバの会は月に一度、あらかじめ各自で課題図書を読んできて、それについての感想などをおしゃべりしている会です。
課題図書を読んだ方ならどなたでも、喫茶1ドリンクのご注文で、ご予約不要でご参加いただけます。
どうぞお気軽にご参加くださいね。

投稿者: (じ)

2月 23日, 2017 at 4:44 pm

1月と2月の読むロバの会

コメントなし

昨日は今年最初の「読むロバの会(読書会)」でした。
参加者は8名。ご参加くださったみなさん、ありがとうございました!

課題図書は「方丈記/鴨長明」。
今回はどの本で読んでもオッケーということにしていたのですが、現代語訳と解説がついた出版物にも複数あり、さらには古い全集、現代語訳シリーズの全集、水木しげるさんの漫画で読む方丈記など、持ち寄られた本は見事にばらばら。それらをお互いに見せてもらうだけでもおもしろい会でした。
建築、エッセイ、歴史、気候、ライフスタイルなど、おしゃべりはさまざまな方向にひろがりましたが、個人的にはそのおしゃべりの中で出た「鴨家のおぼっちゃん」という発言がツボというか、みょうに納得でした。

さて次回、2月の読むロバの会は…
日時:2月22日(水)18時〜(1時間程度)
課題図書:ガダラの豚/中島らも(集英社文庫)

かなりの長編ですが、読んでみましょう。
私は20年ぶりくらいの再読になりますが、どうなるかなー?

読むロバの会は、月に一度、あらかじめ各自で読んできた課題図書について、気軽におしゃべりしている会です。
課題図書を読んだ方ならどなたでも、喫茶1ドリンクのご注文で、ご予約不要でご参加いただけます。
どうぞお気軽においでください。ご参加をお待ちしております。

投稿者: (じ)

1月 19日, 2017 at 12:55 pm

平井正也と島津田四郎 live@himaar

コメントなし

あなたが知っているロックンロールでは、たぶんないと思う。
あなたが知っているフォークロックでも、たぶんないと思う。
You Tubeとかでちらっと見聞きして、よくわからないなーと思ったとして、
1時間のライヴを見たらすごく好きになってしまう可能性は、かなり高いと断言します。
最近好きになったミュージシャンの中で、とくにおすすめしたいベストツーなのです。
そのベストツーを、贅沢にもツーマンでお届けします!
ほんと、見逃さないでくださいね。

平井正也と島津田四郎 live@himaar

日時:2017年3月12日(日)18:00 open/18:30 start
前売:2,500円/当日:3,000円/高校生以下:1,500円(いずれも別途+1ドリンク500円)
※チケットの販売状況によっては当日券を発売しない場合もあります。
※店内禁煙。飲食物持込不可。

前売券の発売は1月12日(木)より!
・himaar店頭/ブロッコリグリル店頭
・ネットストア「himaar on the web」カード決済・コンビニ払い・銀行振込(Pay-easy利用」より選択可

お問い合わせはhimaarまで!(0827-29-0851/営業時間10:00〜19:00 月曜定休+不定休あり)

%e5%b9%b3%e4%ba%95%e7%94%b0%e5%9b%9b%e9%83%8e_170106

平井正也(ひらい・まさや)プロフィール
1977年生まれ。
昨年結成20周年を迎えたバンド「マーガレットズロース」のヴォーカル・ギター。
2000年CDデビュー。2011年バンドメンバーを残し突如家族と共に東京から熊本へ移住。
2013年南関町で野外ロックフェス「はるかぜ2013」をプロデュース。
現在は大分県別府市に拠点を移し、最新ソロアルバム「B」
マーガレットズロース20周年記念アルバム「まったく最高の日だった」を発表。
船戸博史(ふちがみとふなと)とも平井正也バンドとして活動中。
心臓にギターをつなぎ毛穴でうたうようなライヴは、
たった一人でも大音量のバンドに匹敵するほどのテンション。
不良性のかけらもないロックンロール。

島津田四郎(しまづ・たしろう)プロフィール
1982年生まれ。
「香川在住天才シンガーソングライター。夢か?はたまた現実か?
その境界が判別不能なのは、歌よりもむしろ本人の存在自体。
人生の不可思議を教えてくれるでもなく、ふにゃふにゃとそこにいる歌と
時々突き刺さってくる言葉は、全くもってBGMには不適切!なのにポップ!
曽我部恵一氏のROSE RECORDよりアルバム3枚をリリースしています。」
TEXT BY 平井正也
3rdアルバム「裸のタシロー」には山川のりを氏(ギターパンダ)が
プレイヤー/プロデューサーとして参加しています。

投稿者: (じ)

1月 6日, 2017 at 10:00 pm

Live at himaar video archive #001

コメントなし

Live at himaar
video archive #001

ふたりギターパンダ
山川のりを(Vo./Gt.)/ガンジー西垣(Ba.)
Guitar Panda with Gandhi
Norio Yamakawa(Vo./Gt.)/Gandhi Nishigaki(Ba.)

2016/11/19 @himaar

撮影・編集:長束晃(PEG.)
Camera & edit:Akira Nagatsuka(PEG.)

投稿者: (じ)

12月 26日, 2016 at 10:49 pm

12月と1月の読むロバの会

コメントなし

御礼が遅れました。
「うつくしい食卓」石黒剛一郎・桑田智香子 二人展に御来場くださったみなさま、ありがとうございました!

あれからあっという間に数日が過ぎまして。さすが師走!です。

さて、昨日は12月の「読むロバの会(読書会)」でした。
参加者は7名。暮れの忙しい時期にお集まりくださったみなさん、ありがとうございました!

課題図書は「クリスマス・キャロル/ディケンズ」。
おなじみのストーリーではありますが、この時期に読むとやはりクリスマス気分が高まりますね。
食料品店にならぶ果物やクリスマスのごちそうの描写がとてもおいしそうに書かれていることから、今回はとりわけヨーロッパや日本のむかしの食料事情の話になったり鶏をさばく話になったり、課題図書をきっかけにして、いつものようにさまざまなおしゃべりをたのしみました。

次回、新年を迎えて1月の「読むロバの会」は…
日時:1月18日(水)18時〜(1時間程度)
課題図書:方丈記/鴨長明 ※どの本で読んでいただいてもオッケーです。

あまりお正月にふさわしい内容ではないかもしれませんが(苦笑)。
とても短い作品で、古典に親しんでみましょう。

読むロバの会は月に一度、課題図書を読んできた人が集まって、感想などを気軽におしゃべりしている会です。
喫茶1ドリンクのご注文で、参加費無料、ご予約不要で、どなたでもご参加いただけます。
どうぞお気軽においでください。

投稿者: (じ)

12月 22日, 2016 at 4:18 pm